インドの仕置人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インドの仕置人
Indian
監督 シャンカール
脚本 シャンカール
スジャータ・ランガラジャン英語版(台詞)
原案 シャンカール
製作 A・M・ラトナム英語版
ジャムー・スガーンド
出演者 カマル・ハーサン英語版
スカニア英語版
マニーシャ・コイララ
ウルミラ・マトンドカール
音楽 A・R・ラフマーン
撮影 ジーヴァ英語版
編集 B・レニン英語版
V・J・ヴィジャヤン英語版
製作会社 シュリ・スリャ・ムービー
配給 シュリ・スリャ・ムービー
公開 インドの旗 1996年8月23日
上映時間 185分
製作国 インドの旗 インド
言語 タミル語
製作費 ₹80,000,000 - 150,000,000[1][2]
興行収入 ₹250,000,000[1]
次作 Indian 2
テンプレートを表示

インドの仕置人』(インドのしおきにん、原題:Indian)は、1996年に公開されたインドタミル語ヴィジランテ映画シャンカールが監督、A・M・ラトナム英語版がプロデューサーを務めている。主演のカマル・ハーサン英語版が1人2役を務め、マニーシャ・コイララウルミラ・マトンドカールスカニア英語版ガウンダマニ英語版が共演している。

インド社会の不正に怒り政治家や官僚を殺害する男と、殺害対象となった彼の息子を描いている。彼は映画の中で、「ヴァルマ・カライ英語版」という格闘技を披露しており、この演技はアサン・R・ラジェンドランが指導している[3][4]。映画は興行的な成功を収めて批評家からも好評されておりアカデミー外国語映画賞インド代表作品に選出されたが、ノミネートされるまでには至らなかった[5][6]。国内ではナショナル・フィルム・アワードで3部門を受賞し、さらにフィルムフェア賞タミル・ナードゥ州映画賞を受賞した[7]ヒンディー語吹替版は「Hindustani」のタイトルで公開され、テルグ語吹替版は「Bharatheeyudu」のタイトルで公開された。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

カマル・ハーサン
マニーシャ・コイララ

製作[編集]

シャンカール

1995年6月、A・M・ラトナム英語版は新作映画を製作するため、『Gentleman』『Kadhalan』で成功を収めたシャンカールを監督に招き、主演としてカマル・ハーサン英語版を起用した。映画は著名な独立運動家スバス・チャンドラ・ボースの人生を基にしている[8]。シャンカールはアイシュワリヤー・ラーイをヒロイン役に起用して映画を彼女のデビュー作にしようと考えたが、彼女のエージェントからは1995年10月まで出演契約は受け付けられないと返答されている[8]。その後、『ボンベイ』に出演したマニーシャ・コイララがヒロイン役に選ばれた。ハーサンの年齢に合わせてラーディカー英語版にオファーを出していたが、彼女はテレビ番組への出演の関係でオファーを受けることができなかった。また、ウルヴァシ英語版は妹の結婚式の日程の関係で出演できなくなり、代わりにスカニア英語版が起用された[8]ボリウッドの女優ウルミラ・マトンドカールは、その演技力と1995年の出演作品『Rangeela』の成功を受け、映画への出演が決まった。ナーサルは重要キャラクターに起用される予定だったが、彼は多忙のためオファーを受けることができず、代わりにネドゥムディ・ヴェヌ英語版が起用された。ハーサンとスカニアのメイクを担当するため、ハリウッドのメイクアップアーティストのマイケル・ウェストモアが起用された[9]

製作に入るに当たり、シャンカールは新技術と新しく購入したカメラについて学ぶためラスベガス・バレーを訪れている。また、彼は撮影監督ジーヴァ英語版と音楽監督A・R・ラフマーンを連れてオーストラリアを訪れてロケーション・ハンティング及び作曲を行った[8]。映画の撮影中は厳格な機密保持の方針が出され、特にジャッキー・シュロフが撮影場所を訪れて追い返されてからは一層徹底された。歌パートはプラサード・スタジオ英語版でハーサン、マトンドカール及びボンベイの70人のモデルを集めて撮影された[10]。これに対し、映画ダンサー組合はタミル・ダンサーを出演させるべきだったと抗議し、シャンカールは混乱を避けるため組合に損害金を支払っている。ハサーンとコイララの歌パートは、シドニー・オペラハウス近郊とキャンベラで15日間かけて撮影された[11]。フラッシュバック・ソングはシェンジでハーサンとスカニア、ダンサー400人とエキストラ1000人を集めて撮影され、別の歌シーンはジョードプルで撮影された[8][9]。グラフィック・デザイナーのヴェンキーは、ボースとセナパティが登場するシーンが最も製作の中で困難なシーンだったと語っている。彼によるとアーカイブから提供されたボースが登場するフィルムの汚れを除去した後、ハーサンの登場シーンを合成して2人が行進するシーンを製作したという[12]

D・ダナンジャヤン英語版は製作費について8000万ルピー[1]Rediff.comは1億5000万ルピーと主張している[2]ヴァイバヴィ・メルチャントが振付を担当した「Akadanu Naanga」のシーンだけで1500万ルピーの予算が投じられた[13]

評価[編集]

批評[編集]

映画は批評家から好評され、南インドではヒット作となった[14]インディア・トゥデイはシャンカールの脚本を称賛し、「愛国的、反体制的、その他の商業的な映画成分がミックスされたシャンカールの新作は、南インドにおいて拍手を以て迎えられました」「映画の真の勝者は、俳優の顔を変える効果的なメイクアップ技術です」と批評している[15]。他の批評家からは「『インドの仕置人』は、シャンカールのメッセージの有効性と映画のエンターテインメント性という点で、彼の努力の価値が現れている」「映画がカマルの高齢の独立戦士としての偉大な演技と印象的な特殊効果、贅沢な歌のシーンだけではなく、力強いメッセージを特徴としている」と批評している[16]

受賞[編集]

映画賞 部門 対象 結果
第44回ナショナル・フィルム・アワード英語版 最優秀主演男優賞英語版 カマル・ハーサン 受賞
最優秀美術監督賞英語版 ソータ・サラニ
最優秀特殊効果賞英語版 S・T・ヴェンキー
フィルムフェア賞 南インド映画部門 最優秀タミル語主演男優賞英語版 カマル・ハーサン
最優秀タミル語作品賞英語版 A・M・ラトナム
タミル・ナードゥ州映画賞 最優秀作品賞英語版
最優秀主演男優賞英語版 カマル・ハーサン

続編構想[編集]

2011年、ラトナムは腐敗撲滅運動を行う社会活動家アンナ・ハザレの活躍を見て、『インドの仕置人』の続編製作を企画した[17]。2017年9月、ディル・ラジュ英語版が新たにプロデューサーとして参加して続編を製作することが発表され、シャンカールとハーサンが引き続き参加することも発表された[18]。製作はハーサン主演作『Vishwaroopam II』『Sabaash Naidu』の製作が終了してから開始される[19]。翌10月、ラジュはライカ・プロダクション英語版製作の企画に参加するためプロデューサーを降板した[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c Dhananjayan, G. (2014). Pride of Tamil Cinema: 1931 to 2013 : Tamil Films that have earned National and International Recognition. Blue Ocean Publishers. p. 353. https://books.google.com/books?id=e07vBwAAQBAJ&pg=PA353 
  2. ^ a b Saraswathi, S (2014年11月7日). “Birthday Special: Kamal Haasan's 60 years of excellence”. Rediff.com. 2017年5月6日閲覧。
  3. ^ Varmakkalai Choreography details”. The Hindu (2003年4月28日). 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ Hindustani Movie”. iMDB. 2018年6月30日閲覧。
  5. ^ Margaret Herrick Library, Academy of Motion Picture Arts and Sciences
  6. ^ 39 Countries Hoping for Oscar Nominations”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (1996年11月13日). 1999年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月5日閲覧。
  7. ^ Archived copy”. 2011年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月20日閲覧。
  8. ^ a b c d e Google Groups”. Groups.google.com. 2015年6月10日閲覧。
  9. ^ a b Tamil Movie News-Pudhu Edition(Cont.) - soc.culture.tamil | Google Groups”. Groups.google.com (1996年3月29日). 2013年1月16日閲覧。
  10. ^ Tamil Movie News-Pudhu Edition — soc.culture.tamil | Google Groups”. Groups.google.com (1996年2月3日). 2013年1月16日閲覧。
  11. ^ Rediff On The Net, Movies:An interview with Shankar”. Rediff (1997年4月4日). 2015年6月10日閲覧。
  12. ^ Rediff On The Net, Movies: An interview with special effects whiz Venky”. Rediff (1997年11月4日). 2015年6月10日閲覧。
  13. ^ Chopra, Anupama (1997年3月15日). “Film scripts demand extravagant song sequences to make box office jingle”. India Today. https://www.indiatoday.in/magazine/society-the-arts/films/story/19970315-film-scripts-demand-extravagant-song-sequences-to-make-box-office-jingle-831176-1997-03-15 2013年4月25日閲覧。 
  14. ^ Kamal — Shankar (Indian) | The Best One-time Partnerships”. Behindwoods. 2015年6月10日閲覧。
  15. ^ Movie review: Indian (Hindustani), starring Kamalahasan, Manisha Koirala : FILMS”. India Today (1996年8月15日). 2015年6月10日閲覧。
  16. ^ INDIAN”. Bbthots.com. 2015年6月10日閲覧。
  17. ^ Shankar to work on Indian sequel?”. Behindwoods (2011年9月3日). 2011年9月3日閲覧。
  18. ^ “Kamal Haasan, Shankar to reunite for ‘Indian 2’”. The Hindu. (2017年9月30日). http://www.thehindu.com/entertainment/movies/kamal-haasan-shankar-to-reunite-for-indian-2/article19777753.ece 
  19. ^ “Kamal Haasan to wrap up Vishwaroopam 2 and Sabash Naidu before Indian 2”. India Today. (2017年10月3日). http://indiatoday.intoday.in/story/kamal-haasan-wrap-up-vishwaroopam-2-sabash-naidu-indian-2/1/1060381.html 2017年10月3日閲覧。 
  20. ^ BREAKING: REASON FOR INDIAN 2'S PRODUCER CHANGE, REVEALED!”. behindwoods.com (2017年10月21日). 2018年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]