ジョージ・リード (アメリカの政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・リード

ジョージ・リード(George Read、1733年9月18日-1798年9月21日)は、アメリカ合衆国デラウェア州ニューキャッスル郡ニューキャッスル市出身の弁護士および政治家である。アメリカ独立宣言の署名者であり、大陸会議1787年のフィラデルフィアにおけるアメリカ合衆国憲法制定会議ではデラウェア邦代表、デラウェア州知事を務めた。また、連邦党員であり、デラウェア邦選出のアメリカ合衆国上院議員およびデラウェア邦最高裁長官も務めた。

初期の経歴と家族[編集]

リードはメリーランド州ノースイーストに近いセシル郡1733年9月18日に生まれた。ジョン・リードとメアリー・ハウェル・リード夫妻の息子であった。父のジョンはアイルランドダブリンで富裕なイギリス人だったが、若いときにメリーランド州に移住し、セシル郡チャールズタウンの創設者の一人となった。ジョージ・リードが子供のときに、家族がデラウェア州ニューキャッスル郡に転居し、クリスティアナ村の近くに定着した。成長すると、ペンシルベニア州ニューロンドンにあったフランシス・アリソン牧師の専門学校でトマス・マッキーンと知り合い、続いてジョン・モランドと共にフィラデルフィアで法律を学んだ。1753年にペンシルベニア州法廷弁護士として認められ、1年後に故郷に帰ってニューキャッスルで実習を始めた。

1763年、ガートルード・ロス・ティルと結婚した。ガートルードはニューキャッスルにあるイマヌエル教会の聖公会教区牧師ジョージ・ロス牧師の娘であり、やはり後のアメリカ独立宣言の署名者であるジョージ・ロスの姉妹で未亡人でもあった。二人の間には5人の子供、ジョン、ジョージ・ジュニア、ウィリアム、およびメアリーが生まれ、メアリーは後にデラウェア植民地知事になったガニング・ベドフォード・シニアと結婚した。リード家はニューキャッスルのストランドに住んだ。その家は現在デラウェア歴史協会が所有するリード・ハウス&ガーデンの庭にあった。家族全員がイマヌエル聖公会の会員であった。

1763年、植民地総督のジョン・ペンがリードをデラウェア3郡の検事総長に任命し、リードはこの職を1774年の大陸会議のために離れるまで続けた。またデラウェア植民地議会の議員を1764年/65年の会期から1775年/76年の会期まで通算12期務めた。

アメリカ独立戦争[編集]

大陸会議にアメリカ独立宣言の草稿を提出する様子[1]

18世紀のデラウェアの政治は「コート党」と「カウンティ党」という緩やかな党派に分かれていた。多数派のコート党(王党派)は一般に米国聖公会員であり、ケント郡サセックス郡で強く、植民地の領主政府と協力してイギリスの政府との和解に賛成していた。リードはその妻のために何人かの奴隷を所有していた。奴隷は家族と同じ家に住み、リードは最小の賃金を払っていた。少数派のカウンティ党(独立派)は大半がアルスター・スコッツであり、ニューキャッスル郡に多く、直ぐにでもイギリスからの独立を主張する者達であった。リードはコート党政治家の典型例であり、他の人と同じようにその指導者でもあった。よってシーザー・ロドニーやその友人で隣人であるトマス・マッキーンとは反対の立場に立った。

それ故にデラウェアの多くの人々と同様にリードはイギリスとの食い違いを正して和解する側に与していた。印紙法などイギリスの議会が採る手段に反対し、イギリスからの輸入品不買と威厳ある抗議を支持したが、即座に独立を求めるという選択肢には躊躇っていた。それにも拘わらず、1764年からデラウェア通信委員会を指導し、1774年から1777年の第一次および第二次大陸会議には、より急進的なトマス・マッキーンやシーザー・ロドニーと共に代議員に選ばれた。リードは会議を欠席がちであったが、1776年7月2日、会議がアメリカの独立を決議したとき、リードは反対票を投じて多くの者を驚かせた。このことでデラウェアの代議員は独立に賛成するためには行き詰まってしまい、シーザー・ロドニーがフィラデルフィアから夜通し馬で駆け付ける必要が生じた。しかし、独立宣言が採択された後では、リードはそれに署名し、その良心に逆らう側に与することになった。

デラウェア邦政府[編集]

独立宣言を予測した下流3郡のデラウェア植民地議会は1776年6月15日にイギリス政府からの訣別を宣言していた。独立宣言が実際に採択されると、新しいデラウェア邦のための憲法を起草する憲法制定会議代議員の選挙を行った。リードもその代議員に選ばれ議長となり、トマス・マッキーンが起草し1776年デラウェア邦憲法となる決議案の成立に導いた。

リードはデラウェア邦議会の最初の議会委員会委員に選出され、1776年/77年と1777年/78年の2会期で議長に選ばれた。ジョン・マッキンリー知事がイギリス軍の捕虜になったとき、リードはフィラデルフィアでの大陸会議に出ており、家に帰る途中であやうく捕まりそうになった後で、1777年10月20日デラウェア邦知事となり、1778年3月31日まで務めた。これらの期間、イギリス軍がフィラデルフィアを占領し、デラウェア川一帯を支配していた。リードは兵士を追加募集してフィラデルフィアやデラウェア川上の船からの攻撃から邦を守ろうとしたがほとんど空しく終わった。1777年/78年のデラウェア邦議会は安全のためにドーバーに移して行わざるを得なくなり、またサセックス郡では投票時の混乱のために選挙結果が否定されその議員が出席することはなかった。

リードの後はシーザー・ロドニーが知事に選ばれて交替し、リードは1778年/79年の会期は邦上院議員を務めた。健康を害して1期休んだ後で、1780年/81年と1781年/82年の会期は邦下院議員に選ばれた。1782年/83年の会期は議会委員会委員に復帰し、1787年/88年会期まで2期務めた。1782年、海洋法裁判の控訴裁判所判事に指名された。

デラウェア邦議会
(知事の時の会期)
会期 上院多数派 議長 下院多数派 議長
1777年/78年 デラウェア邦議会第2期 党派なし ジョージ・リード 党派なし サミュエル・ウエスト

アメリカ合衆国憲法制定会議[編集]

リードは1786年に再び国政に参加した。アナポリスで開催された会議にデラウェア邦代表として出席した。この会議に代表を送った邦が少なかったので、翌年フィラデルフィアで開催するより広範な会議を招集する報告書を作っただけだった。

1787年フィラデルフィア憲法制定会議でリードはデラウェア邦の代議員となった。ライトとモリスの著作『憲法の兵士・政治家』には次の下りがある。

リードは即座に「連合規約を修正することは単に新しい衣服に古い布をあてるようなものだ」と言って、新しい憲法の下に新しい国の政府を作ることを主張した。彼は強い中央政府のために戦う指導者であり、同時に各邦を廃止して強力な一つの全国政府の下に国の団結を提唱していた。「誰も各邦を恐れず人民が我々と共にあるようにしよう」と宣言して、この急進的な提案で会議に衝撃を与えた。誰も彼の動議を支持しなかったので、大きくて人口の多い隣邦が「小さな邦を併合や分割あるいは貧窮化によっておそらく飲み込んでしまう」ことを怖れるその大国の侵犯に対して小さな邦の権利を守ることに落ち着いた。もしニュージャージー邦(小さな邦)計画に表される平等な発言権という原則が採用されなければ、また連合規約の修正という方法が維持されなければ、デラウェア邦は「合衆国で取るに足りないものになってしまう」と警告した。議会が州法に投票する権利を持つことに賛成し、上院議員は9年間または善行が続く限り任期があり、大統領が幅広い任命権を持つことで、連邦議会が大衆の気まぐれに影響されないようにしようとした。小さな州の権利が新しい憲法で具体的に保障されない限り、会議からデラウェア邦の代表を引き上げると明け透けに脅しもした。

これらの権利が確保されると、リードはデラウェア邦での憲法批准を先導し、その努力の甲斐もあってデラウェア邦は最初に憲法を批准した邦となった。

アメリカ合衆国上院議員[編集]

アメリカ合衆国憲法の採択に続いて、デラウェア州議会はアメリカ合衆国上院の2議席の1つにリードを選出した。その任期は1789年3月4日に始まり、1791年にも再選され、1793年9月18日で辞任した。ジョージ・ワシントン大統領の最初の任期中、アメリカ合衆国議会第1会期と第2会期では多数派の連邦党に与した。上院議員として、州債務の肩代わり、国立銀行の設立、および消費税の賦課を支持した。デラウェア州最高裁長官への指名を受け入れた時に上院議員を辞め、最高裁長官は死ぬまで続けた。

リードの上院辞任は合衆国議会第3会期の最初のセッション前だったが、ヘンリー・ラティマーが選ばれて後任となったのはその会期の終わる4週間前の1795年2月7日だった。この結果デラウェア州の合衆国上院における2議席のうち1つは1793年9月18日から1795年2月7日まで空席だった。

死および遺産[編集]

リードはニューキャッスルで1798年9月21日に死に、イマヌエル聖公会教会墓地に埋葬された。

ウィリアム・T・リードはその著書『人生と文書』の中でジョージ・リードのことを「背が高く、ほっそりとしていて優雅な体型であり、人に喜びを与える顔つきと輝きのある茶色の目をしていた。彼の行動には威厳があり、厳格さに縁取られていたが、礼儀正しく時には魅了した。法律の豊富な知識、健全な判断および公平な判断からばかりではなく、彼の個性の厳格な高潔さや純粋さからも全体的な自信を作っていた。」と表現した。しかし、フィラデルフィア憲法制定会議に出席した仲間は、「彼の法律に拘わる能力は大変大きいと言われているが、彼の弁舌の力は最後の段階まで疲れさせうんざりさせるものだった。彼の声は弱く発音が悪かったので、ほとんど誰も聞き続けることができなかった。」と言った。ジョン・マンローのような歴史家は一般に、リードはデラウェアの政界で傑出した存在であり、新しい邦に一貫した頼れる指導力を直接あるいは間接に発揮したと認めた[2]

ニューキャッスルのストランドには彼の息子ジョージ・リード2世が建てた家がある。現在はデラウェア歴史協会が所有しており、改修して一般公開している。ニューキャッスルにはリードの名前を付けた学校があり、デラウェア大学にはリードの名前を付けた寮がある。

年譜[編集]

選挙は10月1日に行われた。デラウェア議会議員は10月20日以降のウィークデイに就任した。下院議員の任期は1年間であった。1776年以後、上院が創設され任期は3年だった。議会が選ぶ大陸会議代表の任期は1年、知事の任期は3年だった。やはり議会が選ぶアメリカ合衆国上院議員は3月4日に就任し6年間の任期があった。しかし、リードの最初の任期はローテーションのために2年間だった。

Public Offices
役職 種類 場所 選出 就任 離任 備考
検事総長 司法官 ニューキャッスル 1763年10月20日 1764年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1764年 1764年10月20日 1765年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1765年 1765年10月21日 1766年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1766年 1766年10月20日 1767年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1767年 1767年10月20日 1768年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1768年 1768年10月20日 1769年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1769年 1769年10月20日 1770年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1770年 1770年10月20日 1771年10月21日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1771年 1771年10月21日 1772年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1772年 1772年10月20日 1773年10月20日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1773年 1773年10月20日 1774年10月20日
大陸会議代表 議員 フィラデルフィア 1774年8月20日 1774年9月5日 1774年10月26日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1774年 1774年10月20日 1775年10月20日
大陸会議代表 議員 フィラデルフィア 1775年3月16日 1775年5月10日 1775年10月21日
デラウェア植民地議会 議員 ニューキャッスル 1775年 1775年10月20日 1776年6月15日
大陸会議代表 議員 フィラデルフィア 1775年10月21日 1775年10月21日 1776年11月7日
代議員 デラウェア邦憲法制定会議 ニューキャッスル 1776年8月27日 1776年9月21日 デラウェア邦憲法制定会議
デラウェア邦上院 議員 ドーバー 1776年 1776年10月28日 1779年10月20日 議長
大陸会議代表 議員 フィラデルフィア 1776年11月7日 1776年11月7日 1777年12月17日 [3]
デラウェア邦知事 行政官 ドーバー 1777年10月20日 1778年3月31日 代行
デラウェア邦議会 議員 ドーバー 1780年 1780年10月20日 1781年10月20日
デラウェア邦議会 議員 ドーバー 1781年 1781年10月20日 1782年10月20日
デラウェア邦上院 議員 ドーバー 1782年 1782年10月20日 1785年10月20日
デラウェア邦上院 議員 ドーバー 1785年 1785年10月20日 1788年10月20日
代議員 アメリカ合衆国憲法制定会議 フィラデルフィア 1787年5月14日 1787年9月17日 アメリカ合衆国憲法制定会議
アメリカ合衆国上院 議員 ニューヨーク 1789年3月4日 1791年3月3日
アメリカ合衆国上院 議員 フィラデルフィア 1791年3月4日 1793年9月18日 辞任
デラウェア邦最高裁 司法官 ドーバー 1793年9月30日 1798年9月21日 デラウェア邦最高裁


デラウェア邦議会
会期 議会 多数派 知事 委員会 選挙区
1776年/77年 第1期 デラウェア邦上院 党派なし ジョン・マッキンリー 議長 ニューキャッスル郡
1777年/78年 第2期 デラウェア邦上院 党派なし シーザー・ロドニー 議長 ニューキャッスル郡
1778年/79年 第3期 デラウェア邦上院 党派なし シーザー・ロドニー ニューキャッスル郡
1780年/81年 第5期 デラウェア邦下院 党派なし シーザー・ロドニー ニューキャッスル郡
1781年/82年 第6期 デラウェア邦下院 党派なし ジョン・ディキンソン ニューキャッスル郡
1782年/83年 第7期 デラウェア邦上院 党派なし ニコラス・ヴァン・ダイク ニューキャッスル郡
1783年/84年 第8期 デラウェア邦上院 党派なし ニコラス・ヴァン・ダイク ニューキャッスル郡
1784年/85年 第9期 デラウェア邦上院 党派なし ニコラス・ヴァン・ダイク ニューキャッスル郡
1785年/86年 第10期 デラウェア邦上院 党派なし ニコラス・ヴァン・ダイク ニューキャッスル郡
1786年/87年 第11期 デラウェア邦上院 党派なし トマス・コリンズ ニューキャッスル郡
1787年/88年 第12期 デラウェア邦上院 党派なし トマス・コリンズ ニューキャッスル郡


アメリカ合衆国議会
会期 多数派 大統領 委員会 クラス
1789年-1991年 第1期 アメリカ合衆国上院 連邦党 ジョージ・ワシントン 1
1791年-1793年 第2期 アメリカ合衆国上院 連邦党 ジョージ・ワシントン 1
1793年-1975年 第3期 アメリカ合衆国上院 連邦党 ジョージ・ワシントン 1

脚注[編集]

  1. ^ http://www.americanrevolution.org/deckey.html
  2. ^ Munroe, John A. (1993). History of Delaware. 
  3. ^ 大陸会議はボルティモア1776年12月20日から1777年3月4日ランカスター1777年9月27日およびヨーク1777年9月30日から任期一杯まで開催された。リードはランカスターおよびヨークでの会期には出席しなかった。

参考文献[編集]

  • Conrad, Henry C. (1908). History of the State of Delaware, 3 vols.. Lancaster, Pennsylvania: Wickersham Company. 
  • Hoffecker, Carol E. (2004). Democracy in Delaware. Wilmington, Delaware: Cedar Tree Books. ISBN 1-892142-23-6. 
  • Martin, Roger A. (1984). History of Delaware Through its Governors. Wilmington, Delaware: McClafferty Press. 
  • Martin, Roger A. (1995). Memoirs of the Senate. Newark, Delaware: Roger A. Martin. 
  • Munroe, John A. (1954). Federalist Delaware 1775-1815. New Brunswick, New Jersey: Rutgers University. 
  • Munroe, John A. (2004). Philadelawareans. Newark, Delaware: University of Delaware Press. ISBN 0-87413-872-8. 
  • Racino, John W. (1980). Biographical Directory of American and Revolutionary Governors 1607-1789. Westport, CT: Meckler Books. ISBN 0-930466-00-4. 
  • Scharf, John Thomas (1888). History of Delaware 1609-1888. 2 vols. Philadelphia: L. J. Richards & Co. ISBN 0-87413-493-5. 

外部リンク[編集]