ジョン・レイ (探検家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・レイ、1848年頃

ジョン・レイ(John Rae1813年9月30日1893年7月22日)は、スコットランドの探検家で、主にカナダ北部を調査した。

レイは、オークニー諸島メインランド島のオーフィル教区、ホール・オブ・クレストレインに生まれた。エディンバラで医学を勉強後、ハドソン湾会社に医師として就職する。カナダオンタリオ州ムースファクトリーで外科医として勤務し、10年間勤めた。1846年に初の探検に参加し、1848年にサー・ジョン・リチャードソン北西航路の開拓に参加する。1853年、探検中にキングウィリアム島の調査中、イヌイットと接触する。彼らから、北西航路の探検の途中に行方不明となったジョン・フランクリンの一行(フランクリン遠征)の情報を聞き出し、実際に彼らのものと思われる遺品や遺骨を収集した、レイは医師の目からそれらを分析し、フランクリン隊がカニバリズムに頼るまで追い込まれていたことを発見した。その公表によりフランクリンを英雄視していた当時のイギリスでは敬遠されることとなった。その後もレイの極地探検は続き、1854年には北西航路の西側の出口であるドルフィンアンドユニオン海峡へ繋がる水路を発見しているが、フランクリン隊についての発表への不評もあり、また当時の造船・航海技術ではこの北西航路を使うことは現実的でなかったため、比較的無名のまま、生涯をすごすこととなる。

1860年、ヨーロッパからアメリカへの電信線の敷設のため、アイスランドグリーンランドを訪れた。1864年、カナダ西部で電信線敷設のための調査を行った。没後、カークウォールセント・マグヌス大聖堂の敷地内の墓地に埋葬され、聖堂内には記念碑が置かれている。

ヌナブト準州のキングウィリアム島とブーシア半島の間のレイ海峡、それにレイ地峡は、彼の名前からつけられている。現在では、ノースウェスト準州ベーチョコと呼ばれている区域は、以前はレイ=エゾ(Rae-Edzo)と呼ばれていた。現在でも、同区域内の空港に名前が残っている。