ジョン・ラッセル (第6代ベッドフォード公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第6代ベッドフォード公爵
ジョン・ラッセル
John Russell, 6th Duke of Bedford
John, 6th Duke of Bedford (1766-1839).jpg
6代ベッドフォード公
(サー・ジョージ・ハイター英語版画、1835年)
生年月日 1766年7月6日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ベッドフォードシャー州、ウォバーン・アビー
没年月日 1839年10月20日 (満73歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスパースシャー州、Doune of Rothiemurchus
所属政党 ホイッグ党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
法学博士LL.D.
王立芸術協会フェロー (FSA)
配偶者 (1) ジョージアナ・ビング
(2) レディ・ジョージアナ・ゴードン
親族 第4代ベッドフォード公爵 (父)
初代ラッセル伯爵 (子)

内閣 グレンヴィル男爵内閣
在任期間 1806年3月12日 - 1807年4月11日
国王 ジョージ3世
テンプレートを表示

第6代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセル: John Russell, 6th Duke of Bedford1766年7月6日 - 1839年10月20日)は、イギリスの貴族。ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、法学博士LL.D.)、ロンドン考古協会フェロー(FSA)。

ホイッグ党に所属し、初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィル政権英語版においてアイルランド総督(Lord Lieutenant of Irelandを務めた。

1767年から1802年までは儀礼称号を付けて「ジョン・ラッセル卿」と称した。

経歴[編集]

1766年7月6日イングランドベッドフォードシャーウォバーン英語版にあるベッドフォード公爵家の邸宅ウォバーン・アビーで生まれ、8月2日にロンドン聖ジャイルズ・イン・ザ・フィールズ教会英語版で洗礼を受けた[1]。父親は第4代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルの嫡子タヴィストック侯爵フランシス・ラッセル英語版、母親は第2代アルベマール伯爵英語版ウィレム・ヴァン・ケッペル英語版の娘であるレディ・エリザベス。三人兄弟の次男であり、兄に第5代ベッドフォード公爵となるフランシス英語版が、弟に庶民院議員を務めたウィリアム英語版がいる。

1788年から1790年まで、及び一期挟んで1790年から襲爵する1802年までデヴォンタヴィストック選挙区選出のホイッグ党所属庶民院議員[2][3]。1802年に未婚のまま死去した兄の後を継いで第6代ベッドフォード公爵となり、貴族院に移る。

1806年2月12日、アイルランド総督に任じられ、同時に枢密顧問官に列せられた[4]。総督には1807年まで在職し、その間は聖パトリック騎士団のグランド・マスターでもあった[5]

ベッドフォードは1830年10月25日にガーター勲章を授与された[6]

1839年10月20日スコットランドパースシャー英語版州の Doune of Rothiemurchus[訳語疑問点] で死去し、イングランドのバッキンガムシャーチェニーズ英語版に葬られた。爵位は長男のタヴィストック侯爵フランシス・ラッセル英語版が相続した。

家族[編集]

最初の妻は第4代トリントン子爵ジョージ・ビング英語版の次女であるオナラブル・ジョージアナ・エリザベス・ビングで、1786年3月21日にブリュッセルで結婚した[1][5][7]。彼女との間に三男をもうけた。

1801年にジョージアナ・エリザベスと死別すると、1803年6月23日に第4代ゴードン公爵アレグザンダー・ゴードン英語版の五女であるレディ・ジョージアナ・ゴードンと再婚した[1][5][7]。式はロンドンホワイトホールのファイフ・ハウスにあった聖マーティン=イン=ザ=フィールズ教会英語版で行われた。後妻との間には七男三女をもうけた。

ベッドフォード公爵夫人ジョージアナ・ラッセル(旧姓ゴードン)
J.Russellは、植物の学名命名者を示す場合にジョン・ラッセル (第6代ベッドフォード公爵)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1912). “BEDFORD” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 2 (2 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. p. 85. http://www.archive.org/stream/completepeerageo02coka#page/84/mode/2up 2013年7月18日閲覧。. 
  2. ^ Cannon, J. A. (1964). “RUSSELL, Lord John (1766-1839).”. In Namier, L.; Brooke, J.. The History of Parliament: the House of Commons 1754-1790. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1754-1790/member/russell-lord-john-1766-1839 2013年7月14日閲覧。. 
  3. ^ Symonds, P. A.; Fisher, David R. (1986). “RUSSELL, Lord John I (1766-1839), of Woburn Abbey, Beds.”. In Thorne, R. G.. The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/russell-john-i-1766-1839 2013年7月14日閲覧。. 
  4. ^ The London Gazette: no. 15889. p. 189. 1806年2月11日2013年7月15日閲覧。
  5. ^ a b c PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “BEDFORD.” (英語). The Official Baronage of England: Showing the Succession, Dignities, and Offices of Every Peer from 1066 to 1885. 1. London: Longmans. p. 163. http://www.archive.org/stream/officialbaronag00doylgoog#page/n180/mode/2up 2013年7月18日閲覧。. 
  6. ^ The London Gazette: no. 18750. pp. 2478–2479. 1830年11月26日2013年7月15日閲覧。
  7. ^ a b PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “BEDFORD.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. pp. 86-87. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/86/mode/2up 2013年7月18日閲覧。. 

外部リンク[編集]

先代:
初代ポウィス伯爵
アイルランド総督
1806年 - 1807年
次代:
第4代リッチモンド公爵
先代:
フランシス・ラッセル
ベッドフォード公爵
第6代: 1802年 - 1839年
次代:
フランシス・ラッセル