ジョン・ハミルトン=ゴードン (初代アバディーン=テメイア侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
初代アバディーン=テメイア侯爵
ジョン・ハミルトン=ゴードン
John Hamilton-Gordon
1st Marquess of Aberdeen and Temair
Portrait of John Hamilton-Gordon, 1st Marquess of Aberdeen and Temair.jpg
初代アバディーン=テメイア侯のポートレート
生年月日 1847年8月3日
没年月日 (1934-03-07) 1934年3月7日(86歳没)
出身校 オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジ英語版
称号 初代アバディーン=テメイアー侯爵、第7代アバディーン伯爵、シッスル勲章勲爵士(KT)、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)、ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス(GCVO)、枢密顧問官(PC)
親族 第4代アバディーン伯爵(祖父)

在任期間 1893年9月18日 - 1898年11月12日[1]
女王 ヴィクトリア

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1870年1月27日 - 1934年3月7日[2]
テンプレートを表示

初代アバディーン=テメイア侯爵、ジョン・ハミルトン=ゴードン: John Hamilton-Gordon, 1st Marquess of Aberdeen and Temair, KT, GCMG, GCVO, PC1847年8月3日1934年3月7日)は、イギリスの政治家、貴族。

1893年から1898年にかけてカナダ総督を務めた。

経歴[編集]

1847年8月3日、第5代アバディーン伯爵ジョージ・ハミルトン=ゴードン英語版の三男として生まれる。兄に第6代アバディーン伯爵ジョージ・ハミルトン=ゴードン英語版がいる[3]

1870年1月27日に兄から第7代アバディーン伯爵以下5つの爵位を継承し[4]貴族院議員に列する。

オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジ英語版へ進学。1871年にバチェラー・オブ・アーツ(BA)、1875年にマスター・オブ・アーツ英語版(MA)の学位を取得[4]

1880年アバディーンシャー総督英語版に就任[4]。1881年から1885年にかけてスコットランド教会総会への勅使英語版を務めた[4]。1886年2月から8月にかけてはアイルランド総督を務めた[4]

1893年9月からカナダ総督に就任[1][5]。カナダ全国を広く旅行し、先住民ともよく会見した[5]。総督官邸リドー・ホール英語版での演劇公演をしばしば観劇した[5]1893年にはリドー・ホールにチャペルを建設した(1912年に撤去)[5]ヴィクトリア女王のダイヤモンドジュビリーの際にはカナダで様々な催し物を実施した[5]。カナダ海軍の艦隊の視察もよく行った[5]。海外自治領との貿易・連携の強化にも尽力した[5]1898年11月に第4代ミントー伯爵ギルバート・エリオット=マーレイ=キニンマウンドに後を託して退任した[1]

1905年から1915年にかけてアイルランド総督に再任した[5]

1916年1月4日に「カウンティ・オブ・アバディーン、カウンティ・オブ・メース、カウンティ・オブ・アーガイルにおけるアバディーン=テメイア侯爵(Marquess of Aberdeen and Temair, in the County of Aberdeen, in the County of Meath and in the County of Argyll)」と「カウンティ・オブ・アバディーンのハッドー伯爵(Earl of Haddo, in the County of Aberdeen)」に叙せられた[4]

1934年3月7日に死去した[4]

栄典[編集]

爵位・準男爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

初代トウィードマス男爵ダドリー・マージョリーバンクス英語版の娘イザベルと結婚し、彼女との間に以下の5子を儲ける。

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 秦(2001) p.567
  2. ^ UK Parliament. “Mr John Hamilton-Gordon” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年4月23日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “George John James Hamilton-Gordon, 5th Earl of Aberdeen” (英語). thepeerage.com. 2015年4月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “John Campbell Hamilton-Gordon, 1st Marquess of Aberdeen and Temair” (英語). thepeerage.com. 2015年4月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h カナダ総督府. “The Governor General > Former Governors General > British > The Earl of Aberdeen 1893-1898” (英語). 2015年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
第4代カーナーヴォン伯爵
アイルランド総督
1886年
次代:
第6代ロンドンデリー侯爵英語版
先代:
初代プレストンのスタンリー男爵
カナダ総督
1893年1898年
次代:
第4代ミントー伯爵
先代:
第2代ダブリー伯爵英語版
アイルランド総督
1905年1915年
次代:
第2代ウィンボーン男爵英語版
名誉職
先代:
第8代キントーア伯爵英語版
アバディーンシャー総督英語版
1880年1934年
次代:
第2代アバディーン=テメイア侯爵英語版
学職
先代:
第5代ローズベリー伯爵
セント・アンドリューズ大学学長英語版
1913年1916年
次代:
サー・ダグラス・ヘイグ
イギリスの爵位
新設 初代アバディーン=テメイア侯爵
1916年1934年
次代:
ジョージ・ゴードン英語版
スコットランドの爵位
先代:
ジョージ・ハミルトン=ゴードン英語版
第7代アバディーン伯爵
1870年1934年
次代:
ジョージ・ゴードン英語版