ダグラス・ヘイグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダグラス・ヘイグ
Douglas Haig
Douglas Haig.jpg
渾名 Master of the Field[1]
ソンムの肉屋(the Butcher of the Somme)[2]
屠殺屋ヘイグ(Butcher' Haig)[3]
生誕 1861年6月19日
イギリスの旗 イギリス
スコットランドの旗 スコットランド エジンバラ
死没 (1928-01-29) 1928年1月29日(66歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド ロンドン
所属組織 イギリスの旗 イギリス陸軍
軍歴 1884年 - 1920年
最終階級 陸軍元帥
テンプレートを表示

初代ヘイグ伯爵英語版ダグラス・ヘイグDouglas Haig, 1st Earl of Haig, KT, GCB, OM, GCVO, KCIE 1861年6月19日 - 1928年1月29日)は、イギリスの軍人。ジョン・フレンチの後任として第一次世界大戦イギリス海外派遣軍 (BEF) を率いたことで知られる。

生涯[編集]

エジンバラでウィスキー蒸留所の息子として生まれる。オックスフォード大学ブレーズノーズカレッジ等で学んだ後、サンドハースト陸軍士官学校に入学。卒業後従軍する。マフディー戦争ボーア戦争騎兵将校として戦い、第一次世界大戦が勃発すると英国海外派遣軍に第一軍団司令官として参加した。1915年に派遣軍司令官であったフレンチが部下との関係悪化などを理由に本国軍司令官になると、ヘイグがその後任となった。ソンムの戦いパッシェンデールの戦いで莫大な損害を受け、ソンムの肉屋という不名誉なあだ名を付けられた。それでも大戦が終わるまで英国海外派遣軍を率い、1918年における連合軍最終攻勢の成功に寄与した。

その他[編集]

第一次世界大戦従軍時の日記2015年ユネスコ記憶遺産に登録された[4]

脚注[編集]

  1. ^ Davidson 2010, xx and pp. 126, 149.
  2. ^ Lions Led By Donkeys? – the Somme – Background”. The National Archives. 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ Douglas Haig”. 国立陸軍博物館. 2013年6月22日閲覧。
  4. ^ Autograph First World War Diary of Field Marshal Sir Douglas Haig, 1914-1919. Memory of the World - UNESCO