ジョン・ハドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ハドリー

ジョン・ハドリー(John Hadley、1682年4月16日 - 1744年2月14日)は、イギリス天文学者数学者。1717年に王立協会の会員になり[1]、1721年に最初にニュートン式の反射望遠鏡を実用化した。1731年に八分儀を発明した。

ハートフォードシャーen:East Barnetに生まれた。兄弟に気象学者ジョージ・ハドリーen:George Hadley)などがいる。1717年に王立協会フェローに選出されたが、化学者で同名の甥ジョン・ハドリー(化学者)(en:John Hadley (chemist) 1731年 - 1764年)も1758年に選出されている。

ニュートンによって構造が提案された反射望遠鏡を実用化するために、球面の研磨法や評価法を改善して、1721年に当時の望遠鏡より鮮明な像が得られ、操作性にすぐれた反射望遠鏡を完成した。これは後のジェームズ・ショートによってより大型の反射望遠鏡が製作される基礎となった。また1730年頃、航海のために緯度を計測する八分儀を発明した。これはアメリカのトーマス・ゴッドフリー(en:Thomas Godfrey (inventor))によって独立に発明された六分儀に先んじたものである。

月の地名、ハドリー山、ハドリー谷、ハドリー溝(Hadley Rille)にハドリーの名が命名されている。ハドリー溝の近くがアポロ15号の着陸地点に選ばれた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hadley; John (1682 - 1744)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年1月14日閲覧。