ジェームズ・ショート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Brass telescope made by Short, now in the collection of Thinktank, Birmingham Science Museum.

ジェームズ・ショートJames Short1710年6月21日ユリウス暦6月10日) - 1768年6月15日)は、イギリスの天体望遠鏡製作者、天文学者、数学者である。

エディンバラに生まれた。エディンバラ大学の数学教授コリン・マクローリンに才能を認められ、1732年頃から、望遠鏡製作のために大学のマクローリンの部屋を使うことが許された。最初の望遠鏡の反射鏡はガラスで製作されたが、後に反射鏡を金属で作るようになり、よい曲面精度が得られるようになった。望遠鏡製作を職業とし、生涯に1,370台の望遠鏡を作り資産を残した。グレゴリー式望遠鏡を製作し、現在でも優れた研磨技術と精度を保っている望遠鏡がある。観測者としては1740年に幻の金星の衛星ネイトを発見したと報告したことや、1761年天文単位の測定を行ったことが知られている。1737年に王立協会の会員に選ばれた[1]1768年にロンドンで没した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Short; James (1710 - 1768)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年1月14日閲覧。