ジョン・ウェイン・パー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ウェイン・パー
(John Wayne Parr)
John Wayne Parr 2.jpg
基本情報
本名 ウェイン・グレゴリー・パー
(Wayne Gregory Parr)
通称 JWP
階級 ミドル級WMC
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1976-05-25) 1976年5月25日(40歳)
出身地 クイーンズランド州ゴールド・コースト
身長 177cm
体重 72kg
スタイル ムエタイ
プロキックボクシング戦績
総試合数 99
勝ち 72
KO勝ち 35
敗け 27
テンプレートを表示

ジョン・ウェイン・パーJohn Wayne Parr1976年5月25日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州出身の男性キックボクサー。本名はウェイン・グレゴリー・パー(Wayne Gregory Parr)。JWPと表記されることもある。ブンチュウジム所属。

ムエタイボクシングの技術を両立して使い分けるオールラウンドなスタイルを持つ。キックボクシングからボクシングに転向し、WBC世界ライトヘビー級王座に挑戦した経験のあるポール・"ハリケーン"・ブリッグズは親友でもある。妻はアメリカ人現役キックボクシング世界王者アンジェラ・パー

来歴[編集]

タイでの下積み時代[編集]

11歳のときにテコンドーを習い始めたのが、初めての格闘技経験だった。13歳から近所にあったムエタイジムでムエタイを始めた。17歳の時から試合に出場するようになる。19歳の時にタイ料理のレストランでリチャード・ベル(オーストラリアキック界の大物)にタイでの修行を申し出る。その後、4年間タイのリングに上がることになった。その際、タイの大物プロモーター、ソンチャイから西部劇に登場する俳優、ジョン・ウェインと掛けてジョン・ウェイン・パーというリングネームをつけてもらった。ジョン・ウェインの名にちなみ彼はガンホルダーをつけてリングに上がり、ワイクルーの最後の動作を銃を撃つしぐさに変えるといったパフォーマンスを行い一躍タイで人気になる。 ラモン・デッカーと3回戦って3回完封した名選手であり名伯楽のセンティアンノーイ・ソー・ルンロートに師事している。

24歳からは3年間プロボクシングの舞台にも上がった。

K-1参戦[編集]

2000年10月13日、K-1クイーンズランド大会で行われたISKAムエタイ世界ミドル級タイトルマッチでK-1初参戦を果たした。スコッティ・バナンをボディへの膝蹴りで2RTKOで勝利し、世界王座を獲得。そしてK-1での初勝利となった。

2001年12月5日、タイで行われた『タイ国王生誕記念トーナメント』の準々決勝でスリヤー・ソー・プルンチットに3回判定勝利。

2002年11月26日、「K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002」に参戦。1回戦でアレックス・トゥイをKOで下すと、続く準決勝でシェイン・チャップマン(ニュージーランド)を3RKOで下し決勝進出を決めた。しかし、決勝戦でマイク・ザンビディス(ギリシャ)に3R判定負けし準優勝に終わった。

2004年3月4日、タイで開かれた「S1 WORLD CHAMPIONSHIP」に出場。1回戦でモハメッド・マゴメドフ(ロシア)を3R3-0の判定で下すと、続く準決勝でジャン・スカボロスキー(フランス)を右フックで下し、3RKO勝ちで決勝戦の舞台にあがった。決勝戦では、ヌントラガーン・ポームアンウボン(タイ)を5R判定3-0で下し優勝した。

2004年4月7日、「K-1 WORLD MAX 2004 開幕戦」にオセアニア地区代表として出場。1回戦でドゥエイン・ラドウィック(アメリカ)と対戦。2Rにダウンを奪い3-0の大差判定勝ちを収め、決勝トーナメント進出を決めた。7月7日には、「K-1 WORLD MAX 2004 決勝戦」に出場。しかし、準々決勝でブアカーオ・ポー.プラムック(タイ)に判定負けした。

2005年8月22日、新日本キックボクシング協会主催興行「TITANS 2nd」で武田幸三(日本)とWKBA世界スーパーウェルター級王者決定戦で争い、3R右フックでKO勝ちし王座を獲得した。

2005年12月10日、オーストラリア「XPLOSION SUPER FIGHT 12」でWBCムエタイ初代世界スーパーウェルター級王者決定戦に出場するも、ヨードセングライ・フェアテックスタイ)に判定で敗れ、初代王座には就くことは出来なかった。

2006年3月12日、イギリスロンドンでWBCムエタイが認定する世界ミドル級王座の初代王者決定戦に出場するも、スティーブン・ウェークリングイギリス / S1王者)に判定負けし、またも王座獲得には致らなかった。

2007年12月1日、オーストラリアの「EVOLUTION 12」のWMC世界ミドル級王者決定戦(72.5kg契約)に出場。コスモ・アレキサンドラ(ブラジル)に5R判定3-0で勝利し新王者になる。もともとはヨードセングライ・フェアテックスと世界戦を行う予定だったが、事前に変更された。

2008年1月20日、後楽園ホールで開催される新日本キックボクシング協会主催興行「BRAVE HEARTS 7」にて、武田幸三を相手にWKBA世界スーパーウェルター級王座の初防衛戦が行われ、4R左フックでKO勝ち。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
100試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
72 35 37 5 0
28 2


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 5R終了 判定0-3 Champions of Champions 2 2009年6月26日
マイク・ザンビディス 5R終了 判定3-0 It's Pay Back Time 2009年5月8日
× マドスア 5R終了 判定0-3 Evolution 16 2009年4月4日
ショーン・ライト 2R 3:00 TKO Evolution 15 The Contender Qualifier 2008年12月6日
× ヨードセングライ・フェアテックス 5R終了 判定0-3 The Contender Asia Finale 2008年4月23日
ジャバル・アスケロフ 5R終了 判定3-0 The Contender Asia Episode 14 2008年4月16日
Zidov "Akuma" Dominik 3R 1:44 KO The Contender Asia Episode 11 2008年3月26日
Rafik Bakkouri 5R終了 判定3-0 The Contender Asia Episode 3 2008年1月30日
武田幸三 4R 1:20 KO(左フック) 新日本キックボクシング協会「BRAVE HEARTS 7」
【WKBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ】
2008年1月20日
キム・ジュン 3R終了 判定3-0 K-1 FIGHTING NETWORK KHAN 2007 〜世界対抗戦〜 2007年7月21日
× オームシン・シットクヴォンイム 3R終了 判定0-2 新日本キックボクシング協会「TITANS 3rd」 2006年4月28日
× スティーブ・ウェークリング 5R終了 判定1-2 WBC Muay Thai Championships
【WBCムエタイ初代世界ミドル級王者決定戦】
2006年3月12日
× ヨードセングライ・フェアテックス 5R終了 判定0-3 XPLOSION SUPER FIGHT 12
【WBCムエタイ初代世界スーパーウェルター級王者決定戦】
2005年12月10日
輝浪 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者対抗戦〜 2005年10月12日
武田幸三 3R 2:24 KO(右フック) 新日本キックボクシング協会「TITANS 2nd」 2005年8月22日
× アルバート・クラウス 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【準々決勝】
2005年7月20日
シェイン・チャップマン 3R 2:08 KO(左ボディブロー) K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2005年5月4日
× サッグモンコン・シッチューチョーク 3R+延長2R終了 判定1-2 XPLOSION SUPER FIGHT 2004 〜K-1 CHALLENGE〜 2004年12月18日
オームシン・シットクヴォンイム 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「TITANS 1st」 2004年11月6日
× アースラン・マゴメドフ 延長R終了 判定0-2 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界王者対抗戦〜 2004年10月13日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 延長R終了 判定1-2 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント〜 2004年7月7日
グレゴリー・スワーツ 4R KO SuperLeague Switzerland 2004 2004年5月22日
ドゥエイン・ラドウィック 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜 2004年4月7日
ファディ・メルザ 5R終了 判定3-0 SuperLeague Italy 2004 2004年3月20日
ヌントラガーン・ポームアンウボン 5R終了 判定3-0 S1世界選手権【決勝戦】 2004年3月4日
ジャン・スカボロスキー 3R 0:40 KO S1世界選手権【準決勝】 2004年3月4日
モハメッド・マゴメドフ 3R終了 判定3-0 S1世界選手権【予選】 2004年3月4日
× カマル・エル・アムラーニ 5R終了 判定0-3 SuperLeague Netherlands 2003 2003年12月6日
後藤龍治 5R+延長2R 2:44 KO SHOOT BOXING "S" of the World Vol.4 2003年7月4日
土井広之 4R 2:23 KO(膝蹴り) XPLOSION 3 - KINGS OF CHAMPIONS
【シュートボクシングルール】
2003年4月27日
後藤龍治 5R終了 判定3-0 XPLOSION Boonchu S-cup 2002年12月15日
× マイク・ザンビディス 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【決勝】
2002年11月26日
シェイン・チャップマン 3R 0:42 KO(右ストレート) K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【準決勝】
2002年11月26日
アレックス・トゥイ 3R 1:30 KO(タオル投入) K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【1回戦】
2002年11月26日
ミゲル・マルチネス 5R終了 判定3-0 タイ国国王誕生記念大会【決勝】 2001年12月5日
スリヤー・ソー・プルンチット 判定 タイ国国王誕生記念大会【1回戦】 2001年12月5日
オーローノー・ポー.ムアンウボン 5R終了 判定3-0 タイ国王生誕記念大会
【IMWミドル級王座決定戦】
2000年12月5日
スコッティ・バナン 2R 2:09 TKO(右膝蹴り) K-1クイーンズランド大会
【ISKAムエタイ世界ミドル級タイトルマッチ】
2000年10月13日

ボクシング[編集]

プロボクシング 戦績
13 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
10 0 0
3

獲得タイトル[編集]

  • プロボクシング
    • オーストラリアミドル級王座(0度防衛)
    • OBAライトミドル級王座(0度防衛)
  • プロキックボクシング

受賞歴[編集]

  • 2004年度ファイター・オブ・ザ・イヤー(アイアンライフ・マガジン)
  • 2004年度ファイター・オブ・ザ・イヤー(インターナショナル・キックボクサー・マガジン)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前優勝者
スリヤー・ソー・プルンチット
第2回S1世界選手権優勝(72kg級)優勝
2004年3月4日
次優勝者
クンスック・ペットスパーパン
前王者
N/A
WKBA世界スーパーウェルター級王者

2005年8月22日 - 現在

次王者
N/A
前王者
ブアカーオ・ポー.プラムック
WMC世界ミドル級王者

2007年12月1日 - 現在

次王者
N/A