マイク・ザンビディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイク・ザンビディス
基本情報
本名 ミカリス・ザンビディス
Μιχάλης Ζαμπίδης
通称 鉄の拳
アイアンマイク(Iron Mike)
ザンボ(Zambo)
階級 ミドル級K-1
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
誕生日 (1980-06-15) 1980年6月15日(38歳)
出身地 アテネ
身長 167cm
体重 70kg
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

マイク・ザンビディスMike Zambidis1980年6月15日 - )は、ギリシャ男性キックボクサーアテネ出身。アイアン・ジム所属。元SUPERKOMBATミドル級王者。“鉄の拳”の異名を持つ。

人物[編集]

小柄な体にスキンヘッド、試合時は常に紺のショートパンツを着用する。ローキックをどれだけ浴びても全く退かない勇敢なファイトスタイルを持つ。右ローのフェイントからのスイッチブロー・左ボディからの右ローキックや跳び蹴り・膝蹴り等を多用する。

パンチのほとんどがフック系のため、顔面を挟みこむようなブロックに対して攻めあぐねる傾向がある。

体格・ファイトスタイル故にアルバート・クラウス山本"KID"徳郁などパンチを武器とし真っ向から打ち合うファイターとは噛み合うが、小比類巻貴之魔裟斗佐藤嘉洋のようにリーチ差を生かすアウトボクサーに対しての戦績は芳しくない。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

6歳まで体操をしていたザンビディスは、その後松濤館流空手を2年間経験し茶帯を獲得。

11歳の時に空手道場でキックボクシングの練習を開始。練習を始めて2か月程度で試合に参加し、キックボクシングのギリシャ・ジュニア王者のタイトルを獲得した。

15歳になる頃には既にキックボクサーとして大人とも対戦し、16歳でアマチュア戦歴は60戦48KOに達していた。

16歳から3年間アマチュアボクシングも経験。国内王者となり、ジュニアナショナルチーム入りを果たした。アテネオリンピックの際にはギリシャ代表候補にもなったが、K-1を優先させるために辞退した。

同時期、ギリシャで開催された「Best of the Best」75kgトーナメントに負傷して試合に参加できなくなった選手の代わりに参加。体重62kgではあったものの3試合を勝ち抜き優勝し、この時を境にプロキックボクサーとなることを決意。

プロキックボクサー時代[編集]

2000年11月19日、オーストラリアで開催された「K-1 Oceania Star Wars 2000」のスーパーファイトに出場。スタン・ザ・マンが創設した世界オリンピックキックボクシング協会(WOKA)の世界スーパーウェルター級王者決定戦でバリス・ネジフと対戦。12RにレフェリーストップによるTKO勝ちで王座を獲得した。

2001年4月3日、オーストラリアビクトリア州メルボルンクラウンで行われたWAKOの防衛戦で、クロングサック・レックタイ)を執拗なボディ攻撃で、8RにレフェリーストップによるTKO勝ちで同王座の防衛に成功する。11月11日、「K-1 WORLD MAX OCEANIA 2001」に出場。1回戦でマイク・コープに1RでTKO負け(カットによるレフェリーストップ)を喫した。

2002年11月26日、「K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002」に出場。1回戦でビリー・マムーに2RKO勝ち、続く準決勝ではジェンク・ベヒックに3RKO勝ち、決勝ではジョン・ウェイン・パーを3R判定勝ちで下し優勝。

2003年2月18日、オーストラリア・メルボルンで開催された「NO RESPECT」でISKA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ(2分12R)をニクラス・ヴィンベリ(スウェーデン)と行う。3Rに2度のスタンディングダウンを奪うと、直後に右フックでKO勝ちし、王座防衛を果たした。同年3月1日に来日。「K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント〜」のスーパーファイトで、初代優勝者アルバート・クラウスと対戦し、2R右フックでKO勝ち。初代王者から奪った衝撃的なKO劇で名を高めた。

2003年5月17日、イタリアミラノで開催された「KING OF THE RING」のスーパーウェルター級トーナメントに出場し、3試合勝利し優勝。7月5日に「K-1 WORLD MAX 2003 〜世界一決定トーナメント〜」の1回戦で魔裟斗と対戦し終始優勢に試合を進めるも、ダウンを奪われ判定負け。

2004年4月7日、「K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜」の1回戦でHAYATOと対戦。3Rに右フックでダウンを奪い判定勝ち。7月7日、「K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント〜」の準々決勝で小比類巻貴之と対戦、判定負け。8月にナソス・アルギロプロス(元ギリシャムエタイスーパーミドル級王者)を新しいトレーナーとした。

2004年11月28日、オーストラリア、メルボルンで開催された76kg級のワンデイトーナメント「A-1 World Combat Cup」に出場。1回戦でピート・スプラットに2RKO勝ち、準決勝でグルカン・オスカンに判定勝ち、決勝戦でプリンス・ハミッドに判定勝ちを収め、優勝を果たした。

2005年3月12日、シドニーで開催された「GREECE&SERBIA FIGHTS THE WORLD」のキング・オブ・ザ・リング世界ミドル級タイトルマッチで、ゴラン・ボロビッチ(クロアチア)を5Rに右フックでKOし、新王者となった。4月30日、フランスリヨンで開催された「A-1 World Combat Cup」に出場予定であったが、出場をキャンセルした。翌月の5月4日に「K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜」のスーパーファイトに出場。山本"KID"徳郁と対戦、右フックで失神KO勝ち。

2005年7月20日、「K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜」の準々決勝で魔裟斗と2年ぶりに再戦。3Rにダウンを奪われ、判定負け。同年11月7日、オーストラリアのメルボルンで開催された「NO RESPECT 3」にて、WKBF世界スーパーウェルター級王座に挑戦。カラ"ザ・スーパートルク"ムラットトルコ)に5R3-0の判定勝ちで同王座を獲得。

2006年4月5日、「K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜」の1回戦で佐藤嘉洋と対戦、判定負け。同年6月28日、K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜の1回戦でドラゴに延長判定勝ち。

2007年10月3日、「K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜」の準々決勝でアルトゥール・キシェンコに延長判定負け。終始キシェンコのリーチとブロックワークに苦戦していた。12月9日、地元ギリシャでベルナルド・マーバン・デラホーラにKO勝ち。

2008年3月3日、オーストラリア・メルボルンのボーダフォンアリーナで行われた、「NO RESPECT 4」のA1世界ミドル級タイトルマッチでダニエル・ドーソンと対戦。判定勝ちした。

2008年4月9日、K-1 WORLD MAX 2008のトーナメント1回戦で前年度王者のアンディ・サワーと対戦。延長Rまで縺れ込むも、最後は左ハイキックでKO負け。

2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008のトーナメント敗者復活戦でアルバート・クラウスと対戦し、3R終了時、左目カットによるTKO負け。

2009年5月8日、オーストラリア・メルボルンで開催された「It's Pay Back Time」でジョン・ウェイン・パーと再戦し、5R判定負け。

2009年11月20日、War of the Worldsにてジャバル・アスケロフと対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

2010年10月3日、K-1 WORLD MAX 2010 FINAL16シャヒッドと対戦し、延長Rに右フックでダウンを奪い3-0の判定勝ちを収めた[1]

2010年11月8日、K-1 WORLD MAX 2010 FINALの準々決勝で長島☆自演乙☆雄一郎にKO勝ちするも、続く準決勝でジョルジオ・ペトロシアンに0-3の判定負けを喫した。

2015年5月1日、自身のFacebookで今季限りで現役引退を表明。同時に6月に引退試合を行なうことを発表。

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
77 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
64 46 17 0 0 0
13 3 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アリ・グンヤー 5R終了 判定 Iron Challenge 2011年3月12日
× ジョルジオ・ペトロシアン 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL
【準決勝】
2010年11月8日
長島☆自演乙☆雄一郎 3R 0:53 KO(2ノックダウン) K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL
【準々決勝】
2010年11月8日
シャヒッド 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2010年10月3日
ウォーレン・スティーブルマンズ 3R終了 判定3-0 Kickboxing Superstar XIX 2010年3月20日
ジャバル・アスケロフ 5R終了 判定2-0 War of the Worlds 2009年11月20日
× 日菜太 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL 2009年10月26日
× ジョン・ウェイン・パー 5R終了 判定0-3 Payback Time 2009年5月8日
ラッサン・ムハーブ 3R終了 判定 Athletic Club "Minoas" 2009年1月31日
× アルバート・クラウス 3R終了時 TKO(左まぶたカット) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8
【敗者復活戦】
2008年7月7日
セーネル・マースリック 3R 2:00 TKO(レフェリーストップ) Iron Challenge 2008年6月23日
× アンディ・サワー 延長R 2:05 KO(左ハイキック) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2008年4月9日
ダニエル・ドーソン 5R終了 判定2-1 NO RESPECT 4
【A1世界ミドル級タイトルマッチ】
2008年3月3日
ベルナルド・マーバン・デラホーラ 3R 1:05 KO(右フック)KO UrbanFighter 2007年12月9日
× アルトゥール・キシェンコ 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【準々決勝】
2007年10月3日
ドラゴ 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2007年6月28日
武田幸三 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界最終選抜〜 2007年4月4日
TATSUJI 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜 2006年9月4日
× 佐藤嘉洋 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2006年4月5日
マイケル・ハンスグット 3R終了 判定 Great Kickboxing Spectacle in Athens 2006年3月12日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2006 〜日本代表決定トーナメント〜 2006年2月4日
カラ"ザ・スーパートルク"ムラット 5R終了 判定3-0 NO RESPECT 3
【WKBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ】
2005年11月7日
鈴木悟 2R 1:17 KO(右ローキック) K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者対抗戦〜 2005年10月12日
× 魔裟斗 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【準々決勝】
2005年7月20日
カラ"ザ・スーパートルク"ムラット 5R終了 判定3-0 Professional Title Gala 2005年6月5日
山本"KID"徳郁 3R 0:39 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【スーパーファイト】
2005年5月4日
ゴーアン・ボーアーウィック 5R KO(右フック) Greece and Serbia Fight the World 2005年3月12日
"ヘッドハンター"スタンリー・ナンデックス 1R KO Kicker vs Boxer 2005年2月20日
プリンス・ハミッド 3R終了 判定 A-1 World Combat Cup Tournament
【決勝】
2004年11月28日
グルカン・オズカン 3R終了 判定 A-1 World Combat Cup Tournament
【準決勝】
2004年11月28日
ピート・スプラット 2R KO A-1 World Combat Cup Tournament
【1回戦】
2004年11月28日
小次郎 1R 2:21 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2004 〜世界王者対抗戦〜 2004年10月13日
× 小比類巻貴之 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント〜
【準々決勝】
2004年7月7日
HAYATO 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2004年4月7日
グルカン・オズカン 12R KO(右フック) No Respect 2 2003年11月30日
× 魔裟斗 3R終了 判定1-2 K-1 WORLD MAX 2003 〜世界一決定トーナメント〜
【1回戦】
2003年7月5日
ワンロップ・ソー・サーッタパン 5R終了 判定 Kickboxing Superstar XII 2003年5月17日
アルバート・クラウス 2R 0:16 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント〜 2003年3月1日
ニックラス・ウィンバーグ 3R KO K-1 No Respect 2003 2003年2月18日
ジャンク・ベヒック 6R KO W.O.K.A. Super Welterweight World Title Fight 2002年12月8日
ジョン・ウェイン・パー 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【決勝】
2002年11月26日
ジェンク・ベヒック 3R TKO(レフェリーストップ) K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【準決勝】
2002年11月26日
ビリー・マムー 2R TKO(タオル投入) K-1 WORLD MAX OCEANIA 2002
【1回戦】
2002年11月26日
ハッサン・カスリオイ 6R KO Kickboxing Mania 2002年5月19日
ペトル・ポラック 1R KO(左フック) "Kings Of The Ring" Italy Thai Boxing Tournament, Final 2002年
マテイオー・サイアッカ 2R KO(右フック) "Kings Of The Ring" Italy Thai Boxing Tournament, Semi Finals 2002年
ベーケリ・タウンケラ 1R TKO(レフェリーストップ) "Kings Of The Ring" Italy Thai Boxing Tournament, Quarter Finals 2002年
× アレーン・ジャンキフォー 3R TKO(レフェリーストップ:カット) Le Grand Tournoi 2002年3月2日
× マイク・コープ 1R TKO(レフェリーストップ) K-1 Oceania MAX 2001 Quarter Finals
【1回戦】
2001年11月11日
シャノン"F-16"フォレスター 3R KO W.O.K.A. Super Welterweight World Title Fight 2001年9月8日
ポール・シャーイン 1R KO W.O.K.A. Super Welterweight World Title Fight 2001年9月1日
クローンサック・レック 8R 1:46 TKO(レフェリーストップ) W.O.K.A. Super Welterweight World Title Fight 2001年4月3日
バリス・ネジフ 12R 1:46 KO(パンチ) K-1 Oceania Star Wars 2000
【WOKA世界スーパーウェルター級王者決定戦】
2000年11月19日

獲得タイトル[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]