スリヤー・ソー・プルンチット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スリヤー・ソー・プルンチット
基本情報
本名 Suriya Prasathinpimai
階級 ミドル級ライトミドル級
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1980-04-02) 1980年4月2日(37歳)
出身地 ナコーンラーチャシーマー県
スタイル オーソドックス
テンプレートを表示
獲得メダル
タイ王国の旗 タイ
男子 ボクシング
オリンピック
2004 アテネ ミドル級
アジア競技大会
2002 釜山 ライトミドル級
アジア選手権
2007 ウランバートル ミドル級

スリヤー・ソー・プルンチット(Suriya Sor Ploenchit、1980年4月2日 - )は、タイの元男子アマチュアボクサー、元ムエタイ選手。ナコーンラーチャシーマー県出身。アテネオリンピックのミドル級銅メダリスト。

来歴[編集]

ムエタイ[編集]

2000年12月2日、タイで行われた『タイ国王生誕記念大会』で魔裟斗と対戦し、5回判定勝ち。

2001年5月20日、日本で土井広之と対戦し、5回判定勝ち。

2001年12月5日、タイで行われた『タイ国王生誕記念トーナメント』の準々決勝でジョン・ウェイン・パーに3回判定負け。

2004年3月4日、タイのラジャダムナン・スタジアムで行われた『S-1 世界選手権トーナメント』の準々決勝でジャン・スカボロスキー3回判定負け。

アマチュアボクシング[編集]

2002年4月、キングス・カップにライトミドル級(71kg)で出場し、決勝でゲンナジー・ゴロフキンに勝利し優勝した[1]

2002年10月、韓国の釜山で開催されたアジア競技大会にライトミドル級(71kg)で出場し、決勝でゲンナジー・ゴロフキンに敗退[2]

2003年7月、タイバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場し、2回戦で敗退 [3]

2004年5月、パキスタンのカラチで行われたアテネオリンピック予選にミドル級(75kg)で出場し、準決勝で佐藤幸治に勝利するが決勝で敗退[4]

2004年8月、ギリシャアテネで開催されたアテネオリンピックにミドル級(75kg)で出場し、準決勝でこの大会で金メダルを獲得するGaydarbek Gaydarbekovに敗退 [5]

2005年、キングス・カップに出場し、決勝で村田諒太に勝利し優勝。

2007年10月、アメリカのシカゴで開催された2007年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場し、3回戦で敗退[6]

2011年9月、アゼルバイジャン共和国バクーで開催された2011年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場し、1回戦で敗退[7]

脚注[編集]

  1. ^ 25.King's Cup - Bangkok, Thailand - April 4-10 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  2. ^ 14.Asian Games - Pusan, South Korea - October 1-14th 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  3. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ Green Hill Tournament (olympic qualifier) Karachi, Pakistan May 6-12, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  5. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  6. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。
  7. ^ 16.AIBA World Championships - Baku, Azerbaijan - September 26 - October 8 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2016年3月24日閲覧。