ジュベナール・ハビャリマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュベナール・ハビャリマナ
Juvénal Habyarimana
Juvénal Habyarimana (Andrews Air Force Base, Maryland, USA - 1980).jpg

Flag of Rwanda (1962–2001).svg ルワンダ
国防警察相
任期 1965年 – ?
元首 グレゴワール・カイバンダ大統領

任期 1973年7月5日1994年4月6日

出生 1937年3月8日
Flag of Belgium.svg ルアンダ=ウルンディ(現ルワンダの旗 ルワンダ)、ギセニ県ランブラ
死去 (1994-04-06) 1994年4月6日(57歳没)
Flag of Rwanda (1962–2001).svg ルワンダキガリ州キガリ
政党 開発国民革命運動 (MRND)
配偶者 アガート・ハビャリマナ

ジュベナール・ハビャリマナ(Juvénal Habyarimana, 1937年3月8日 - 1994年4月6日)は、フツ出身のルワンダ第3代大統領

1994年4月、ブルンジのフツ系の大統領、シプリアン・ンタリャミラと一緒にキガリ空港に向かっていた飛行機が何者かによって撃墜され死亡した。この事は支配的な少数派のツチと多数派のフツとの間の争いの火付け役となった。

生涯[編集]

ジュベナールはキガリの士官学校を卒業後ベルギー人将校の副官となり、ルワンダ独立後の1963年国民防衛軍の司令官となった[1]。1964年1月大尉に昇進、1965年国防警察相に任命される[1]1973年7月5日グレゴワール・カイバンダ大統領をクーデタで倒し政権掌握、フツ解放運動党を抑圧し、開発国民革命運動 (MRND) による独裁体制を築いた。1990年以降ルワンダ愛国戦線 (RPF) との内戦が開始されると、RPFが北部を占拠し、ハビャリマナはRPFがツチ系であるとして対立を深めた。1993年に和平協定が結ばれるが対立は継続した。1994年4月6日キガリへ向かったダッソー ファルコン 50キガリ国際空港上空でミサイル攻撃により撃墜され、死亡した。

脚註[編集]

  1. ^ a b 武内進一「ハビャリマナ体制について考察するための資料」『アフリカの「個人支配」再考』アジア経済研究所 2006年

関連項目[編集]