ジャパニーズ ロック ファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャパニーズ ロック ファイター
アンダーグラフシングル
初出アルバム『この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている
B面
リリース
ジャンル ロック
レーベル FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
作詞・作曲 真戸原直人
プロデュース アンダーグラフ+宅見将典
チャート最高順位
アンダーグラフ シングル 年表
セカンドファンタジー
(2007年)
ジャパニーズ ロック ファイター
(2008年)
心の瞳
(2009年)
テンプレートを表示

ジャパニーズ ロック ファイター』は、2008年9月17日に発売された日本のロックバンドアンダーグラフの8枚目のシングル

概要[編集]

前作「セカンドファンタジー」より約10ヶ月、アルバム『呼吸する時間』より約8ヶ月ぶりのシングル。

また、ツアー連動CDとなっており、ケースは2CD対応ケースで購入時には1枚のみが入っているが、ブックレットには「Sekai-no-Kibou」「ティアラ(live version)」の歌詞が記載されている。封入されている引換券を全国ツアー「live tour '08 Vol.2 ~六十四泊六十五日 乃 楽園~」で「Sekai-no-Kibou」「ティアラ(live version)」の2曲が収録されたCDと交換することができる。

発売から一年間の売り上げから発生するアーティスト印税の全てが、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付される。

PVでは西城秀樹が出演している。

2009年6月9日、YouTubeのトップページにロックの日に関する動画としてピックアップされ、再生数がそれまでの6万回から一気に7万回まで上昇している。

収録曲[編集]

  1. ジャパニーズ ロック ファイター
    日本テレビ系「笑殿」エンディングテーマ
    アーケードゲーム『GuitarFreaksV7』、『DrumManiaV7』提供曲[1]
  • ライブ会場プレゼントCD
  1. Sekai-no-Kibou
  2. ティアラ(live version)

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同ゲームの一種である『XG』の収録曲でもあるが、V7稼動後にプレイできる曲であった。