夏影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夏影
アンダーグラフシングル
初出アルバム『UNDER GRAPH
B面 2111~過去と未来で笑う子供達へ~,やっぱり地球は青かった,心の瞳(Acoustic Version)
リリース
ジャンル ロック
レーベル FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
作詞・作曲 真戸原直人+本間昭光(#1),真戸原直人(#2,#3,#4)
プロデュース アンダーグラフ+本間昭光(#1),アンダーグラフ+DJ SUZUKI(アルファ)+吉田とおる(#2),アンダーグラフ(#3,4)
チャート最高順位
アンダーグラフ シングル 年表
心の瞳
(2009年)
夏影
(2010年)
テンプレートを表示

夏影』(なつかげ)は、2010年8月11日に発売された日本のロックバンドアンダーグラフの10枚目のシングル

概要[編集]

前作「心の瞳」より約1年と4ヶ月ぶり、アルバム『この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている』より約1年と3ヶ月ぶりのリリースとなるアンダーグラフの10枚目のシングル。

表題曲は本間昭光との共作。

カップリングに配信限定となっていたSoulJaとのコラボ曲「2111~過去と未来で笑う子供達へ~」、坂本美雨とのコラボ曲「やっぱり地球は青かった」、前作「心の瞳」のアコースティックバージョンが収録されている。

発売から一年間の売り上げから発生する、アンダーグラフに分配されるアーティスト印税の全てが、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付される。

収録曲[編集]

  1. 夏影
    ビデオクリップの撮影は一部を除いて全て枚方で行われ、かつて真戸原と阿佐が通っていた小学校でも撮影が行われた。また、U.K.が小学校教員役で出演している。
  2. 2111~過去と未来で笑う子供達へ~
    SoulJaとのコラボレーション楽曲。「アルファ」からDJ SUZUKIが楽曲制作に携わっている。2010年6月16日発売のSoulJaの3rd Album「Letters」初回盤12曲目に限定ボーナストラックとしてCD初収録。のちにシングル「夏影」の2曲目にもCD収録。
    ベストアルバム「UNDER GRAPH」にも収録された。
    「2111」の読み方は“ニーイチイチイチ”
  3. やっぱり地球は青かった
    坂本美雨とのコラボレーション楽曲。シングル「夏影」の3曲目にCD初収録。 
    アルバム未収録楽曲。
  4. 心の瞳(Acoustic Version)

収録アルバム[編集]