ジャック滋野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャック 滋野(Jacques Shigeno、1922年9月11日[1] - 1989年6月20日[2])は日本ジャズピアニスト。本名、滋野 清鴻(しげの きよとり)。「和製カーメン・キャバレロ」の異名で呼ばれた[2]

経歴[編集]

日本航空史上最初のエース・パイロットとして知られる、滋野清武男爵の長男として兵庫県神戸市に生まれる。母はフランス人東京市麹町区(現・東京都千代田区)に育ち、近所の三木鶏郎から音楽の手ほどきを受けた[3]

横浜高等工業学校(現・横浜国立大学航空工学科卒。パイロット志望だったが敗戦で断念し、ジャズピアニストとなる。米軍キャンプなどで演奏した他、芦野宏田中朗などシャンソン歌手やジャズ歌手の伴奏を務め、4枚のアルバムを発表した[2]

近所の野良猫に餌をやろうとしたとき、過ってビルの階段から転落し死亡した。

弟のロジェ滋野(本名・滋野清旭=きよひ)はドラム奏者で洋画家。

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、704頁。
  2. ^ a b c 明治~平成, 新撰 芸能人物事典. “滋野 清鴻(シゲノ キヨトリ)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 『三木鶏郎回想録1 青春と戦争と恋と』p.190-193

参考文献[編集]