シーフードヌードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーフードヌードル

シーフードヌードルとは、日清食品1984年昭和59年)7月23日に発売しているカップラーメン[1][2]。日清食品の公式ホームページでは『カップヌードル シーフードヌードル』と表記されている。

概要[編集]

魚介の旨みと白濁スープで独特の味を出している。具材は、イカカニ風味カマボコ、たまご、キャベツの他、2009年7月上旬出荷分より具材にイタヤガイ貝柱が追加されたが、2015年7月出荷分より再びイタヤガイの具材が廃止された。

2004年放送のフジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』のトリビアの種のコーナーで、中華人民共和国の高級宮廷料理人(中国が国賓を招いた際に起用される料理人、中国全土で数人しかいない高級厨師、特級レストラン総料理長の3人)が一番美味しいと思うカップラーメンは何かという企画で、620種類あるカップラーメンの内で2004年上半期の売れ筋20商品の中から、本商品が1位に選定された[3]

インターネットを始め、長年に渡って各所で囁かれてきた「シーフードヌードルを牛乳(ホットミルク)で作ると美味いらしい」という噂がきっかけで、本商品を派生した「ミルクシーフードヌードル」が発売された。

2018年には魚肉をベースとしえびの風味をきかせた「えび謎肉」が入った「シーフードヌードル 珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味」が発売された。

2020年10月19日に5年ぶりのリニューアルを実施。スープに合わせて新たに魚介の旨味にこだわった特製カマボコ具材「ほぼイカ」を採用。従来のイカ具材と併せ、ダブルの味わいとなった。CMには歌手の早見優を起用。早見の代表曲である「夏色のナンシーの歌詞の一部を“イカ”に変えて自ら歌唱している[4]

標準栄養成分[編集]

※2020年10月リニューアル

  • エネルギー 340kcal
    • めん・かやく 307kcal
    • スープ 33kcal
  • たん白質 8.9g
  • 脂質 13.6g
  • 炭水化物 45.5g
  • ナトリウム 1.8g
  • ビタミンB1 1.01mg
  • ビタミンB2 0.31mg
  • カルシウム 96mg

(レギュラーサイズ1食75g当たり)

注釈[編集]

  1. ^ あのシーフードヌードルが焼そばになった。
  2. ^ 「カップヌードル フレンチシーフードヌードル ビッグ」(9月21日発売)
  3. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 11』講談社、2005年。
  4. ^ カップヌードル「ほぼイカ登場 篇」”. 日清食品グループ. 2020年11月4日閲覧。