シャルル=ウジェーヌ・ドロネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル=ウジェーヌ・ドロネー
Charles-Eugène Delaunay
Charles Eugene Delaunay.jpeg
生誕 1816年4月9日
フランスの旗 フランス,Lusigny-sur-Barse
死没 1872年8月5日
フランスの旗 フランス,パリ
研究分野 天文学
研究機関 パリ天文台
主な業績 月の運動の研究
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル (1870)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

シャルル=ウジェーヌ・ドロネー(Charles-Eugène Delaunay、 1816年4月9日 - 1872年8月5日)はフランス天文学者数学者である。

フランス、オーブ県のリュジニー・シュル・バルス(Lusigny-sur-Barse)で生まれた[1]。1836年にエコール・ポリテクニークを首席で卒業。このとき、ラプラス夫人の寄付によって新設されたラプラス賞を受賞し、その賞品としてラプラス全集を授与された[2]。このことが彼に天体力学への関心を持つに至らせた[2][3]。ドロネーは、三体問題の特別なケースとしての力学を研究し[3]、1860年と1867年に、このテーマに関する900ページを超える書籍『太陰運動論 (La Théorie du mouvement de la lune)』2巻を出版した[2][3]。この著作は、系のカオスを示唆しており、摂動理論におけるいわゆる「小さな分母」問題を明示していた。彼の考案した月の位置を求めるための無限級数式は収束が遅く実用的ではなかったが、関数解析や計算機代数の進歩に貢献した。1870年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1870年にユルバン・ルヴェリエの後任としてパリ天文台の台長に就任[2]普仏戦争パリ・コミューンからパリ天文台を守った[2]。1872年、シェルブール近くでヨットレース中に溺死した[2][3]

著書[編集]

  • Cours élémentaire de mécanique (1850年)
  • Traité de mécanique rationnelle (1856年)
  • La Théorie du mouvement de la lune, 2 vols (1860-7)

参考文献[編集]

  1. ^ Hockey, Thomas (2009). The Biographical Encyclopedia of Astronomers. Springer Publishing. ISBN 978-0-387-31022-0. http://www.springerreference.com/docs/html/chapterdbid/58351.html 2012年8月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 原恵『天文学人名辞典』中山茂 編、恒星社厚生閣〈現代天文学講座 別巻〉、1983年3月1日、112-113頁。ISBN 978-4769900733
  3. ^ a b c d John J. O'Connor (2005年12月). “Charles Eugène Delaunay”. School of Mathematics and Statistics University of St Andrews. 2021年1月27日閲覧。