シャペル=ロワイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chapelle-Royale
Chapelle-Royale Notre-Dame 578.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Blason Centre-Val de Loire.svg
(département) ウール=エ=ロワール県Blason département fr Eure-et-Loir.svg
(arrondissement) ノジャン=ル=ロトルー郡
小郡 (canton) ブル小郡
INSEEコード 28079
郵便番号 28290
市長任期 トマ・ブロンスキ(EM
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Perche-Gouët
人口動態
人口 310人
2014年
人口密度 31人/km2
地理
座標 北緯48度08分42秒 東経1度03分05秒 / 北緯48.145度 東経1.0514度 / 48.145; 1.0514座標: 北緯48度08分42秒 東経1度03分05秒 / 北緯48.145度 東経1.0514度 / 48.145; 1.0514
標高 平均:m
最低:158m
最高:192 m
面積 9.89km2
Chapelle-Royaleの位置(フランス内)
Chapelle-Royale
Chapelle-Royale
公式サイト http://www.chapelle-royale.fr
テンプレートを表示

シャペル=ロワイヤルChapelle-Royale)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏ウール=エ=ロワール県コミューン

歴史[編集]

フランス革命時代、町は一時的にシャペル=シュル=イエール(Chapelle-sur-Yerre)と改名させられた[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2014年
460 450 430 378 368 339 360 310

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

シャペル・ロワイヤルはラテン語のCapella Regalisからきており、メロヴィング朝時代に起源がさかのぼれる教会がある。言い伝えによれば、教会は、クロヴィス2世の妃バティルダに資金援助を受けていた、シャルトルのサン・ペール大修道院の管理下にあった。11世紀からある教会と建物は、原型がロマネスク様式の影響を受けており、15世紀後半に改造された際に内陣と聖所が作られた。

脚注[編集]