シドニオ・パイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はカルドーゾ・ダ・シルヴァ第二姓(父方の)はパイスです。
シドニオ・パイス
Sidónio Pais
President Paes of Portugal.jpg

任期 1918年4月28日 – 1918年12月14日

任期 1917年12月11日 – 1918年12月14日
元首 ベルナルディノ・マシャド大統領

出生 1872年5月1日
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国カミーニャ
死去 (1918-12-14) 1918年12月14日(46歳没)
ポルトガルの旗 ポルトガルリスボン
政党 シドニオ派
配偶者 マリア・ドス・プラゼレス・マルティンス・ベッサ

シドニオ・ベルナルディーノ・カルドーゾ・ダ・シルヴァ・パイス(ポルトガル語: Sidónio Bernardino Cardoso da Silva Pais1872年5月1日 - 1918年12月14日) はポルトガル軍人政治家首相大統領を務めた。独裁権力を握り「国王大統領」(Presidente-Rei)と呼ばれた。

マカオにはパイスの名を冠した「シドニオ・パイス通り」が存在する。

生涯[編集]

はじめ陸軍軍人で、士官学校数学を教え、後にコインブラ大学でも教鞭を取った。1911年に議員となり、短期間だが財務大臣を務めた。ポルトガルが連合国側に付いた第一次世界大戦中の1912年から1916年の間には大使としてベルリンに駐在した。

1917年12月5日アフォンソ・コスタ民主党政権に対して反乱を起こし、権威主義独裁制を敷いた。1918年4月28日に対立候補なしで大統領に選ばれた。

その短い大統領時代にはカトリック教会との関係改善、参政権の拡大、リスの戦いにおける大敗北などの事件が起こった。

1918年12月14日、北部の王党派反乱指導者との協議のためリスボンのロシオ駅からポルトへ向かう列車に乗ろうとした途中で急進的共和主義者の銃撃を受けて暗殺された。

シドニオ・パイス通りの街路票(マカオ)