ザムトゲマインデ・アイストルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紋章 地図
(郡の位置)
No coats of arms.svg Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度46分
東経09度13分
面積: 57.72 km²
ナンバープレート: NI
市町村数: 4 町村
郡内の位置
Samtgemeinde Eystrup in NI.svg

ザムトゲマインデ・アイストルプ (Samtgemeinde Eystrup) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡北西部にかつて存在したザムトゲマインデ(集合自治体)である。

地理[編集]

ザムトゲマインデ・アイストルプはヴェーザー川沿いの砂地と湿地の地形からなる。

自治体の構成[編集]

行政[編集]

ザムトゲマインデ・グラーフシャフト・ホーヤとの合併[編集]

2008年2月末、地方紙にザムトゲマインデ・アイストルプと、隣接するザムトゲマインデ・グラーフシャフト・ホーヤとの合併計画が発表された。2011年1月1日に合併は発効し、新しいザムトゲマインデはザムトゲマインデ・グラーフシャフト・ホーヤの名前を引き継いだ[1][2]

文化と見所[編集]

  • アイストルプの教会は12世紀にその基礎部分が造られた。
  • ハッセルには1000年以上の歴史を有する自衛教会がある。修復されたこの教会は注目すべき天井画を有している。
  • ハッセルにはこの他に、旧石器時代の重要な遺跡がある。ガルゲンベルクと呼ばれるこの遺跡からは、この時代の筒が発見されている。ここは石器時代から19世紀まで形状として使われていた。
  • 古典的なニーダーザクセン様式の農家が多く残されており、重要なものも数多い。
  • ギャラリー「オランダ風車」
  • 鉄道博物館

自然[編集]

  • アルフザー・アーエ自然保護地区はハッセルとホーヤとの間の水辺の森 (22 ha) で、3月末から4月初めにキケマン属が白や紫の花を咲かせる。

経済と社会資本[編集]

この地域は農業が大変に盛んである。ザムトゲマインデ・アイストルプではアスパラガス栽培が大変に重要である。

第二次産業の分野ではジャム工場、マスタード工場、玩具工場がアイストルプで操業している。

アイストルプはさらに近隣地域の中心地でもある。公共の社会資本は主にこの町にある。ザムトゲマインデの役場、基礎課程学校、幼稚園、老人ホームがこの町にある。さらにスーパーマーケット、医院、薬局、郵便局や銀行といったサービス業もこの町にある。市民大学の分校もこの町で講義を行っている。

交通[編集]

連邦道B215号線がザムトゲマインデ・アイストルプ内を走っている。アイストルプにはブレーメン - ハノーファー線と、ローテンブルク (ヴュンメ)からヴェストファーレンミンデンに至るヴェーザー=アラー鉄道の駅がある。

引用[編集]

外部リンク[編集]