ウフテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Grosses Wappen Uchte.png Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度30分
東経08度35分
標高: 海抜 37 m
面積: 90.69 km²
人口:

4,882人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 54 人/km²
郵便番号: 31600
市外局番: 05763
ナンバープレート: NI
自治体コード: 03 2 56 033
行政庁舎の住所: Balkenkamp 1
31600 Uchte
ウェブサイト: www.uchte.de
首長: ウルリヒ・フィンツェ (Ulrich Finze)
郡内の位置
Uchte in NI.svg

ウフテ (Uchte) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡に属すフレッケン(フレッケンとは、古くから市場開催権など一定の自治権を認められた町村。以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

ウフテはデュンマー自然公園とシュタインフーダー・メーア自然公園の間のグローセス・モーア沿いに位置する。ズーリンゲンミンデンとのほぼ中間にあたり、ノルトライン=ヴェストファーレン州との州境領域に近い。この町はディーペナウ、ウフテ、ラッデストルフヴァルムゼンで構成するザムトゲマインデ・ウフテの行政本部所在地である。ダルラーテン、ヘーフェン、ホイジングハウゼン、ローホーフ、ヴォルトリングハウゼンといった集落がこの町に属す。

歴史[編集]

ホーヤ伯1259年ミンデン司教領との国境の城としてウフテを建設した。1582年のホーヤ伯断絶後、この管理区域はヘッセン=カッセル方伯領となった。1814年ウィーン会議でウフテ管区はハノーファー王国に編入された。

近年、ウフテ湿地での泥炭採掘の際に発見された2650年前の屍体「ウフテ湿地の少女」で知られている。

行政[編集]

議会[編集]

ウフテの町議会は18議席からなる。

首長[編集]

2006年からウルリヒ・フィンツェ (SPD) が町長を務めている。

姉妹自治体[編集]

経済と社会資本[編集]

旧ラーデン駅。現在は保存鉄道が発着するだけである。

交通[編集]

この町は連邦道B61号線(ブレーメンからルール地方)およびB441号線(ウフテからハノーファー)沿いに位置している。

夏期には、旧ラーデン - ニーンブルク線のラーデンまでの区間を保存列車が運行されている。

参考文献[編集]

  • Torfgeschichten aus dem Uchter Moor. Verse zum Lesen und Vorlesen von Hedi Knoop 1990, ISBN 3-9800798-1-3

引用[編集]

外部リンク[編集]