ザミア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザミア科
Encephalartos lebomboensis - Lebombo cycad - desc-fruiting stalk.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
: ソテツ門 Cycadophyta
: ソテツ綱 Cycadopsida
: ソテツ目 Cycadales
: ザミア科 Zamiaceae
学名
Zamiaceae Horan., 1834[1]
タイプ属
Zamia L.
シノニム
  • Boweniaceae D.W. Stev., 1981
  • Dioaceae Doweld, 2001
  • Encephalartaceae Schimp. & Schenk, 1880
  • Microcycadaceae Tarbaeva, 1991
  • Stangeriaceae Schimp. & Schenk, 1880[2]
和名
ザミア科

本文参照

ザミア科(学名 : Zamia)は、ソテツ目に属する裸子植物である。科の名前は、当科のタイプ属であるザニア属(Zamia)であり、ザニア属は、マツの球果を表すラテン語である「a zaniae」に由来する。

概要[編集]

ザミア科は、一般に肉質の幹を持ち、その形は、大きな円柱形の柱木状から地下茎状までさまざまある。葉は、羽状複葉である。若葉は、まっすぐあるいは内曲しており、小葉は平らで展開中は重なり合っている。 雌雄異株で、雄花のみ咲く株と雌花のみ咲く株がある。花は球形で、それぞれの幹の先端または側面につける。雄花は、多くの胞子葉からなる。雌花は、典型的な閉鎖型の構造であり、裂目ができる期間だけ受粉が可能となる。雌花の球花と胞子葉の大きさや形、雌花の裂目は、属や種を識別する手がかりとなる。種子は赤やオレンジまたは黄色の種皮で覆われている[3]

[編集]

※「岩波出版 生物学辞典」第5版より[4]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ザミア科 tropicos
  2. ^ シノニム
  3. ^ テレンス・ウオルノース 「ザミア科」『植物の世界 - 種子植物 -』11、朝日新聞〈朝日百科〉。ISBN 978-4023800106
  4. ^ 『生物学辞典』 岩波出版、2013年2月26日、第5。ISBN 978-4000803144

外部リンク[編集]