サン=ジョルジュ=デ=ギャルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Georges-des-Gardes
Blason ville fr Saint-Georges-des-Gardes 49.svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason duche fr Anjou (moderne).svg
(arrondissement) ショレ郡
小郡 (canton) シュミエ=ムレ小郡
INSEEコード 49281
郵便番号 49120
市長任期 エルヴェ・マルタン[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. de la région de Chemillé
人口動態
人口 1 611人
2012年
人口密度 50人/km2
住民の呼称 Saint-Georgien, Saint-Georgienne
地理
座標 北緯47度09分03秒 西経0度45分29秒 / 北緯47.1508333333度 西経0.758055555556度 / 47.1508333333; -0.758055555556座標: 北緯47度09分03秒 西経0度45分29秒 / 北緯47.1508333333度 西経0.758055555556度 / 47.1508333333; -0.758055555556
標高 平均:171m
最低:77m
最高:211 m
面積 32.49km2
Saint-Georges-des-Gardesの位置(フランス内)
Saint-Georges-des-Gardes
Saint-Georges-des-Gardes
テンプレートを表示

サン=ジョルジュ=デ=ギャルドSaint-Georges-des-Gardes)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県のかつて存在したコミューン

地理[編集]

モージュ地方にあるアンジューのコミューンで、シュミエの南にある。県道160号線が北のシュミエから南のトレマンティーヌやショレへと通っている。

地質学的には、コミューンの形状は北に向かって伸びる平野から構成される。コミューンの南側はピュイ・ド・ラ・ギャルド丘陵の南側斜面となっている。

由来[編集]

シュミエの特許状台帳には、我々が教区の名前の進化を推測できる、異なるバージョンの地名が記されている。1107年にSanctus Georgius de Podio Garde、1120年にSanctus Georgius de Podio quod dicitur de Garda、1231年にSanctus Georgius ad montem de la Guarde、1476年にSaint Georges du Puy de la Gardeとなった[2]

1793年と1801年にはSaint Georges du Puy de la Gardeであった。そして1973年にレ・ギャルド(Les Gardes)と合併し、Saint-Georges-des-Gardesとなった[3] · [4]

レ・ギャルドは1851年よりコミューンとなっていた[5]

歴史[編集]

1851年、サン=ジョルジュ=デュ=ピュイ=ド=ラ=ギャルド(Saint-Georges-du-Puy-de-la-Garde)からレ・ギャルドが分離し、単独でコミューンとなった[5]。1973年にレ・ギャルドはサン=ジョルジュと合併し、サン=ジョルジュ=デュ=ギャルドとなった[3] · [4]

2014年、自治体間連合レジオン・ド・シュミエに加盟するコミューン全てが合併する案が浮上した。2015年7月2日、自治体間連合に加盟する全てのコミューン議会でコミューン・ヌーヴェル(frサルコジ政権時代に成立したフランス国家領土改革法によって、合併して誕生したコミューンの名称)創設の合否を採決、2015年12月15日に新たにシュミエ=アン=アンジューが誕生することになった[6]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
799 827 1228 1284 1497 1448 1583 1611

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[7]、2004年以降INSEE[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ Ouest-France, Hervé Martin, élu maire pour un deuxième mandat, article du 2 avril 2014.
  2. ^ Célestin Port (édition revue et corrigée par Jacques Levron et Pierre d'Herbécourt), Dictionnaire historique, géographique et biographique de Maine-et-Loire et de l'ancienne province d'Anjou, Angers, H. Siraudeau et Cie,‎ 1965, 2e éd, Page 375.
  3. ^ a b EHESS, Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui, Fiche de Saint-Georges-des-Gardes (49 2 11 281), consultée le 24 mars 2013 - Nom de la municipalité en 1793 (an II), selon le recensement réalisé sur l’ensemble du territoire français de l’époque, et en 1801, selon les « Arrêtés de réduction des justices de paix » (actes publiés au Bulletin des lois) constituant la première nomenclature officielle des circonscriptions administratives de la France contemporaine.
  4. ^ a b Insee, Code Officiel Géographique, Modifications des communes de Maine-et-Loire, consultées le 24 juin 2012.
  5. ^ a b EHESS, Base Cassini, Fiche de Les Gardes (49 281), consultée le 24 mars 2013.
  6. ^ Ouest-France, « Feu vert pour trois communes nouvelles », sur ouest-france.fr,‎ .
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=31967
  8. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  9. ^ http://www.insee.fr