サン・ジョルジョ (揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ジョルジョ
San Giorgio L9892.jpg
改修後の「L9892 サン・ジョルジョ」(2003年)
基本情報
建造所 フィンカンティエリ
リヴァ・トリゴソ造船所
運用者  イタリア海軍
艦種 ドック型揚陸艦
級名 サン・ジョルジョ級強襲揚陸艦
モットー Arremba San Zorzo
艦歴
発注 1983年
起工 1985年5月27日
進水 1987年2月21日
就役 1988年2月13日
要目
基準排水量 6,687t
満載排水量 7,665t
全長 133.3m
最大幅 20.5m
飛行甲板 100m×20.5m
吃水 5.3m
主機 GMT A-420.12ディーゼルエンジン×2基
出力 16,800HP
推進器 スクリュープロペラ×2軸
速力 最大 20ノット
航続距離 巡航20ノットで4,500海里
乗員 163名(個艦要員)、350人(揚陸要員)
搭載能力 1,000トン
戦車×30両もしくは兵員輸送車両×36両
LCVP×2隻
LCM×3隻
兵装62口径76mm単装砲×1基(改装後撤去)
90口径25mm単装機関砲×2基
搭載機 ・中型ヘリコプター×2機
・大型ヘリコプター×2機(改装前は3機)
レーダー ・SPN-748 航海用
・SPS-702 対空捜索用
テンプレートを表示

サン・ジョルジョイタリア語San Giorgio, L 9892)は、イタリア海軍サン・ジョルジョ級強襲揚陸艦1番艦。艦名は聖ゲオルギウスイタリア語読みに由来し、この名を受け継いだイタリア軍艦としては3代目にあたる。

艦歴[編集]

「サン・ジョルジョ」は、フィンカンティエリリヴァ・トリゴソ造船所で建造され1985年5月27日に起工、1987年2月21日に進水、1988年2月13日に就役し第3海軍管区に配備される。

3番艦「L9894 サン・ジュスト」が就役する1994年までは士官学校の練習艦任務を務め、1999年に水陸両用戦部隊司令部に配備される。

1992年12月から「L9893 サン・マルコ」およびサン・マルコ連隊と共にソマリアへの人道支援(アイビス1号任務)のために派遣される。1993年、第24海軍グループを「C550 ヴィットリオ・ヴェネト」、「A5329 ヴェスヴィオ」、「F571 グレカーレ」で、第25海軍グループを「C551 ジュゼッペ・ガリバルディ」「A5327 スロトンボリ」「F573 シロッコ」で編成し(アイビス2号任務)ソマリアに派遣される。1995年1月11日から3月23日にかけて第26海軍グループを「C551 ジュゼッペ・ガリバルディ」、「A5327 スロトンボリ」、「F572 リベッチオ」で編成し(アイビス3号任務)ソマリアから国連平和維持軍の撤退を支援する。

1999年から2000年にかけて近代化改修工事が実施され、これにより艦首の62口径76mm砲を撤去し甲板を延長、左舷中央部付近にあった上陸用舟艇2隻分のクレーンを撤去して、舟艇用格納庫を張り出すように拡大し、合わせて甲板も拡大する。これにより甲板前部と後部に大型ヘリコプターが1機ずつ、艦中央部に中型ヘリコプターが2機、合計4機分の発着艦スペースが確保される。

2006年夏にレバノンベイルートから避難する民間人をキプロス島ラルナカまで輸送する任務に(ミモザ06作戦)「L9893 サン・マルコ」、「L9894 サン・ジュスト」、「551 ジュゼッペ・ガリバルディ」、「D560 ルイージ・ドゥランド・デ・ラ・ペンネ」、「F574 アリセオ」と共に従事する。避難民救援のため外務省の依頼に基き、レバノンに展開するイタリア赤十字社世界食糧計画を支援すべくサン・マルコ連隊およびラグーン連隊ティルスに上陸させ避難民に食料、医薬品が提供される。

2009年時点の母港はブリンディジ海軍基地。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]