サンティレール=ペルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Hilaire-Peyroux
Blason ville fr Saint-Hilaire-Peyroux (Corrèze).svg
Saint-Hilaire-Peyroux Village 01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) チュール郡
小郡 (canton) チュール=カンパーニュ=ノール小郡
INSEEコード 19211
郵便番号 19560
市長任期 ジャン=クロード・ペラマール
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Tulle et Cœur de Corrèze
人口動態
人口 920人
2011年
人口密度 49人/km2
住民の呼称 Peyroussiens / Peyroussiennes
地理
座標 北緯45度12分54秒 東経1度38分58秒 / 北緯45.215度 東経1.6494度 / 45.215; 1.6494座標: 北緯45度12分54秒 東経1度38分58秒 / 北緯45.215度 東経1.6494度 / 45.215; 1.6494
標高 平均:m
最低:120m
最高:447m
面積 18.89km2
Saint-Hilaire-Peyrouxの位置(フランス内)
Saint-Hilaire-Peyroux
Saint-Hilaire-Peyroux
公式サイト http://www.mairie-saint-hilaire-peyroux.fr/
テンプレートを表示

サンティレール=ペルーSaint-Hilaire-Peyrouxオック語:Sent Alari Peiros)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

サンティレールはチュールからブリーヴ=ラ=ガイヤルドへ向かう道路の途中にあり、中央高地の中にある。標高はおよそ300mである。

南側の境界をコレーズ川が流れ、北東には標高470mのピュイ・ド・デルスがそびえる。西側は低コレーズの、東側はオーヴェルニュの山並みといった驚くべき眺めが広がる。

コミューンには、北西の大河ジロンド川の支流、東のフランセ川、北のクーズ川、南のコレーズ川といった多くの河川が流れている。

町はコミューンの中心そのものである。町から4kmのところに、オバジーヌ-サンティレール=ペルー駅がある。

由来[編集]

1179年から1180年頃、De Sancto Hylarioとして名が現れる。その後1315年頃はSancti Ylariiだった。15世紀には村に3つの名があった。Sanctus Yllarius Del Peyro、Prope Obazinam、さらにPrope Derssasである。サンティレールとは、ポワティエ司教だったポワティエのヒラリウスを指している。15世紀にはDel Peyroと呼ばれたPeyrouxとは、石を意味するpeirosからきており、コミューンの中の集落の名である。のちに、数多く存在するサンティレールという地名と差別化するためにペルーが加えられた。

歴史[編集]

サンティレール=ペルーはポワティエのヒラリウスに敬意を示した地名で、ペルーとは古い教区で市場で有名であった村の名である。ペルーとはオック語で石を意味する言葉から派生している。

村にはかつて多くの宗教建築があったが、そのほとんどが破壊されてしまった。ピック礼拝堂のみならず、エスタン礼拝堂、デルス礼拝堂がかつてあった。デルスの礼拝堂は過去にさらに重要で、モノグラフの中で我々は礼拝堂が修道院の格に達していたことを知っている。

コミューンのロゴにはモモが描かれている。これは、サンティレール種のモモ栽培で広く知られていたからである。

フランス革命時代、国民公会デクレによって、コミューンの名はル・ペルー=マラー(Le Peyrou-Marat)と変更させられていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1033 1011 854 787 807 790 875 920

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]