サラッ・ティンギ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サラッ・ティンギ駅
Stesen ERL Salak Tinggi
Salak Tinggi ERL station
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
セランゴール州セパンサラッ・ティンギ英語版
所属事業者 エクスプレス・レール・リンク (ERL)
所属路線 KLIAトランジット
キロ程 -km(KLセントラル起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
開業年月日 2002年4月14日
テンプレートを表示

サラッ・ティンギ駅(サラッティンギえき、: Salak Tinggi ERL stationマレー語: Stesen ERL Salak Tinggi)は、マレーシアセランゴール州セパンサラッ・ティンギ英語版にあるエクスプレス・レール・リンク (ERL) KLIAトランジットである。

なお、KLIAエクスプレスの列車は通過駅となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線の地上駅。一体化されたホーム上の上屋および跨線橋の曲線形状が特徴となっている。

駅周辺[編集]

当駅は、森に囲まれた場所にあり、北側の直ぐ近くにERLメンテナンス・サポート (ERL Maintenance Support Sdn. Bhd.) 車両基地がある。南側には少し離れているがクアラ・ルンプール国際空港がある。

シャトルバス[編集]

当駅からクアラ・ルンプール国際空港の格安航空会社ターミナル (LCCT) へ直通するシャトルバスが、2009年9月15日より発着している[1]

隣の駅[編集]

エクスプレス・レール・リンク
KLIAトランジット
プトラジャヤ・サイバージャヤ駅 - サラッ・ティンギ駅 - クアラ・ルンプール国際空港駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Salak Tinggi station - Malaysia's LCCT (Low Cost Carrier Terminal)

外部リンク[編集]