サハーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サハーバアラビア語: ‏صحابة‎)とは、預言者ムハンマドと直に接したイスラム教徒を指す語である。日本語では「教友」と訳される。狭義ではムハンマドと行動を共にしてイスラームの基盤を作り上げた人物を指すが、広義では一度でもムハンマドに接した経験のある全てのイスラム教徒を指す[1]

サハーバから直接教えを受けた第二世代のイスラム教徒は、タービウーン(従う者)と呼ばれる[2]。そして、サハーバ、タービウーンを通して記録されたムハンマドの教えから、ハディースが生まれる[2]スンナ派に属する人間はムハンマドの正しい言行はサハーバが伝えたハディースの中に見出されると考え、学者たちはサハーバにゆかりのあるマッカ(メッカ)、マディーナ(メディナ)などの土地を訪れてハディースを収集した[3]

サハーバの行動は神、神の意思を直接受けたムハンマドの認めるところと解され、サハーバの伝記は後世で重要視された[4]。ハディースを伝えたサハーバはイスラーム諸学において高い価値を有し、ブハーリーの時代からサハーバの定義が試みられてきた[4]。サハーバの中ではアブー・バクルウマルウスマーンアリーら4人の正統カリフと、彼ら4人を含む「楽園を約束された十人」が最も傑出した人物だとされている[4]

シーア派にとってアリーを除く3人の正統カリフと他のサハーバはアリー一族の権利を侵した憎むべき存在であり、彼らはサハーバに対する呪詛を行った[4]カリフ、スンナ派を信奉する人間たちは呪詛を行ったシーア派の人間を処罰し、あるいは私刑を加えて対抗した[4]

楽園を約束された10人[編集]

楽園を約束された10人(天国の吉報を受けた10人)とは、ムハンマドによって楽園へ行くことを告げられた教友で、以下の10人のことである [5]

脚注[編集]

  1. ^ 後藤「サハーバ」『新イスラム事典』、241頁
  2. ^ a b 小杉泰『イスラーム文明と国家の形成』(諸文明の起源, 京都大学学術出版会, 2011年12月)、326-327頁
  3. ^ 佐藤次高編『イスラームの歴史』1(宗教の世界史, 山川出版社, 2010年6月)、123頁
  4. ^ a b c d e 清水「教友」『岩波イスラーム辞典』、311頁
  5. ^ 『イスラームの基礎知識』東京ジャーミイ

参考文献[編集]

  • 後藤明「サハーバ」『新イスラム事典』収録(平凡社, 2002年3月)
  • 清水和裕「教友」『岩波イスラーム辞典』収録(岩波書店, 2002年2月)