サカタザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サカタザメ
Rhinobatos schlegelii.jpg
サカタザメ
Rhinobatos schlegelii
保全状況評価
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
: ガンギエイ目 Rajiformes
: サカタザメ科 Rhinobatidae
: サカタザメ属 Rhinobatos
: サカタザメR. schlegelii
学名
Rhinobatos schlegelii
Müller & Henle1841
英名
Brown guitarfish

サカタザメ(坂田鮫、Rhinobatos schlegelii )はガンギエイ目サカタザメ科英語版(Rhinobatidae)に属するエイの一種。また、サカタザメ科のエイの総称。全長1m。エイ類の外見上の特徴である胸びれの広がりが他種よりも小さく、サメとエイの中間のような外見とサメという和名を有するが、鰓孔が腹面にあることからエイの一種として扱われる[1]。食用。

形態[編集]

同属種のコモンサカタザメ(小紋坂田鮫、Rhinobatos hynnicephalus)。サカタザメに似るが、背面に黒色~黒褐色の輪状紋があり、体色もやや淡いことで識別できる[1]

三角形に突出したを有する。前方に延びた胸びれと吻が融合し体板を形成する。胸びれの後縁と腹びれの前縁は密接する[2]。第一背びれの基部が腹びれよりもかなり後方にあることで、他属と識別できる[1]。他のエイ同様に体は扁平であり、長い尾部を有する[2]。上面から見ると、菱形の体に尾がついたような姿をしており、サカタザメ科の仲間はこの外見上の特徴からギターフィッシュ(guitarfish)の英名を持つ。

分布[編集]

南日本からオーストラリアアフリカ[3]

生態[編集]

近海の砂底に生息し、冬場はやや深い場所に移動する[3]卵胎生で、6月頃6-10尾ほどの胎児を産む[1][3]

別名[編集]

サカタエイ(和歌山県)、サカタ(関西長崎県)、スキ(関西・鳥羽市)、スキサキ(高知県宇和島市小野田市島根県)、コオト(松山市)、カイメ(福岡県)、トオバ(東京都)など[2][3]

利用[編集]

底引網で漁獲される。魚肉練り製品の原料のほか、ふかひれとしても利用される[2]。鮮魚は関西では刺身にもされる[1]湯引き洗いにして酢味噌でも食される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 阿部、15頁。
  2. ^ a b c d 蒲原、7頁。
  3. ^ a b c d 蒲原・岡村、8頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]