サウンズ・オブ・ブラックネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サウンズ・オブ・ブラックネス
別名 Sounds/SOB
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州 セントポール
ジャンル アーバン・コンテンポラリー・ゴスペル/ゴスペル, R&B
活動期間 1969年 - 現在
共同作業者 アン・ネズビー
ジェイムズ・“ビッグ・ジム”・ライト
パリス・ベネット

サウンズ・オブ・ブラックネス(Sounds of Blackness)は1969年に結成された、ゴスペルを基調とするアメリカのアーバン・コンテンポラリー・アンサンブル・グループ。日本ではSOBと略される向きがあるが、英語ではあまり好ましくない言葉の略[1]と同じとなるため、本人たちは「Sounds」と略す。

1991年に人気の音楽プロデューサー・ユニット、ジャム&ルイスによりアルバム・デビュー。代表曲は、Optimistic、Hold On Change Is Coming など。

日本ではゴスペル愛好家の間で知られるクインシー・ジョーンズ版の「Hallelujah!」のレコーディングアーティストでもある。

発表する多くのアルバムで、その内容は半数以上が宗教歌以外(非ゴスペル)の楽曲で、自らはゴスペルグループとは名乗っていない[2]ジャズブルースロックンロール黒人霊歌レゲエゴスペルなど、黒人音楽をすべて扱うグループであり、Sounds Of Blackness(黒人のサウンド)という名前こそが自分たちのカテゴリーであるとする。

来歴[編集]

1969年にラッセル・ナイトンによりミネソタ州セントポールマカレスター大学にて結成。当初はマカレスター・カレッジ・ブラック・ヴォイセスと名乗っていた。1971年にディレクターのゲイリー・ハインズがアンサンブルの統制をとり、サウンズ・オブ・ブラックネスと公式的に名を改めた。シンガーに加え、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、2〜3名のキーボード、2〜3名のブラスセクションのフルバンドを含み、当初は40人を超す大所帯グループで、リード・ヴォーカルは長らくアン・ネズビーであった。人気を得るにつれ、いくつかのレーベルから契約の話が持ち上がったが、様々な理由により長らくレコード・デビューすることはなかった。「大所帯のグループであったり、ショウの形態や内容からレコード化が無理であったのだろう」と、後にデビューする際にハインズが語っている。[3] また、初期にはSounds Of Blackness という名称が幾つかのレコード会社から嫌われ、「Sounds Of Music」に改名しないかと提案されたことさえあったとも、ハインズはバイオグラフィーの中に記している。[4][5]

ジャネットジャクソンなどを手がける大物プロデューサー・ユニット;ジャム&ルイスと1980年代半ばに関わりを持った。彼等は1991年にA&Mの配給の元、パースペクティヴ・レコードを創設。このレーベルより結成から20年を経てようやくデビュー・アルバムThe Evolution of Gospelを発表することができた。同アルバムは、グラミー賞「最優秀ゴスペルクワイアーアルバム部門」を受賞の快挙となる。

1992年、クインシー・ジョーンズが黒人のトップアーティストを集めて制作した一大アルバムプロジェクト、Handel's Messiah: A Soulful Celebration に参加。アルバム中の一曲は、制作のすべてがゲイリー・ハインズとSounds Of Blackness に委ねられた。このアルバムものちにグラミー賞を受賞する、

この頃から、スティーヴィー・ワンダー(カンヴァーゼイションピース)プリンス (バットマン) などのトップアーティストの作品でもゴスペルスタイルのバックコーラスを務めてゆくことになる。

その後も順調にアルバムを発表していくが、リード・ヴォーカルのアンが1996年春にソロ・アルバム・デビューをし、同年の夏のツアー後にこのグループから抜けた。[3] ミネソタから離れて住むことになったアンと、その後は折に触れてのフィーチャリングボーカリストとしての共演、という関係を続けている。[6]

パートナーだったジャム&ルイスは1999年にパースペクティヴをA&Mに売却し、レーベル閉鎖してしまう。彼等は新たにレーベルを立ち上げる事となる。

以後はマイナー・レーベルや自主レーベルよりアルバムを発表している。

2011年に発表したセルフタイトルしたアルバム「The Sounds Of Blackness」で、アメリカ黒人音楽界の最高栄誉の一つ、NAACPイメージ・アワードのワールドミュージック部門を受賞。[7]なお、様々な国からのアーティストをフィーチャーした同アルバムのレコーディングには、日本のグループ、Dreamers Union Choir が参加している。

2016年にドナルド・トランプが大統領選に当選した際には、ヒット曲「Optimistic(どんな時でも楽観的に行こう)」をテーマにした、Optimistic Callenge のキャンペーンを展開。多くのシンガーやダンサーが呼応して動画を投稿した。

2018年にはビルボードライブにて、7年ぶりの来日公演。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

Release date Album Label
1991.05.07 The Evolution of Gospel Perspective Records
1992.10.20 The Night Before Christmas: A Musical Fantasy Perspective Records
1994.04.19 Africa to America: The Journey of the Drum Perspective Records
1995.08.10 Journey of the Drum: Remix Collection Universal/Polygram Records
1997.05.06 Time for Healing Perspective Records
1999.09.28 Reconciliation Zinc Records
2001.10.23 Very Best of Sounds of Blackness A&M Records
2002.11.26 Soul Symphony Sounds of Blackness Records
2004.10.26 The Night Before Christmas, Vol. 2 Atomic K Records
2005.07.26 Unity Lightyear Records
2007.09.11 Kings and Queens: Message Music from the Movement Atomic K Records
2009.8.26 3rd Gift: Story Song & Spirit CC Entertainment
2011.10.18 The Sounds Of Blackness Malaco Records

リファランス[編集]

  1. ^ SOB-Slang”. Oxford Dictionary. 20180331閲覧。
  2. ^ Who We Are”. Sounds Of Blackness. 2018年3月31日閲覧。
  3. ^ a b liner notes form Time for Healing (POCM-1207)
  4. ^ First Avenue内バイオグラフィー”. First Avenue. 20180331閲覧。
  5. ^ The Full Wiki 内 バイオグラフィー”. The Full Wiki. 20180331閲覧。
  6. ^ Sounds Of Blackness feat. Ann Nesby”. Ann Nesby Official. 20180331閲覧。
  7. ^ Sounds Of Blackness Official”. Sounds Of Blackness. 20180331閲覧。