サウィン祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サウィン Samhain
挙行者 歴史的: ゲール人
現在: アイルランド人スコットランド人マン島人英語版ケルティック・ネオペイガンウイッカンUU
種類 文化的
ペイガニズム(Celtic polytheism, Celtic neopaganism, ウイッカ)
趣旨 夏の終わり、冬の始まり
日付 10月31日日没 – 11月1日日没
行事 焚き火宴会
関連祝日 ハロウィン
テンプレートを表示
かがり火はサウィンの祝祭の一環(ただし写真はベルティーンのかがり火)

サウィン[1][2](: Samhainスコットランド・ゲール語: Samhuinn, Samhainnサウィン祭、サウェン[3]、サマイン[4]、サムハイン[5]とも) はケルト暦英語版で1年の始まり、すなわち夏の終わりと冬の始まりにあたる10月31日の前夜祭と[2]と11月1日の祝祭[3][2][6]ケルト人は1年を夏=光と冬=闇に二分する[2][7]

ハロウィンの原型の一つと考えられており[8]、ハロウィンはサウィンの前夜に当たる[4]

サウィンは夏の収穫を祝う行事であり[8]、余剰分の作物や屠殺された家畜共食に供される[6][7]。死者の魂が現世に帰ってくる日だともされた[9]異界英語版と通じる時期であることを利用して占いが行われる[6]かがり火が伝統的に祝祭の一環として焚かれる[6]

インボルク (Imbolc) 、ベルテイン (Bealtaine) そして ルーナサ (Lughnasadh) とともに、ゲール人の季節の祭りのうちの1つであり、ユール、インボルク、オスターラ英語版、ベルテイン、ミッドサマー、ルーナサ、メイボンと共にケルトの1年を区切る8つの祝祭の一つである[3]

万霊節とも[10]

語源[編集]

サウィン (Samhain) の名称は ゲール語 sam-fuin (「夏の終わり」の意味)に由来するとの説が有力[8][7]

古代アイルランド語ではサヴァン(Samain)と呼ばれた[1]

誤解[編集]

サウィンは悪魔サタンに相当する「死者の王」のための祝祭だと誤解されたことがあったが[9][8]、これは土着宗教を悪魔になぞらえようとしたカトリック教会によって広められた誤りである[9][8]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 後藤 信 古代ケルト人の宗教性 : Druidismを中心にして
  2. ^ a b c d 木村正俊『ケルトの歴史と文化』179-180ページ
  3. ^ a b c 井村君江『妖精の国の扉』95-111ページ
  4. ^ a b ヴォルフ=ディーター シュトルル『ケルトの植物』「ケルトの一年と木の暦」105-108ページ
  5. ^ 世界大百科事典 第2版 - サムハイン祭の用語解説
  6. ^ a b c d Halloween Customs in the Celtic World Bettina Arnold UWM Hefter Center, October 31, 2001
  7. ^ a b c 季節と祭り : 自然及び社会環境の視点からの考察
  8. ^ a b c d e Halloween misinformation abounds, confuses Pam Johnston October 15, 2007
  9. ^ a b c Five myths about Halloween - The Washington Post By Jack Santino October 24, 2014
  10. ^ 鶴岡真弓『ケルト 再生の思想』2017, p7

関連項目[編集]