サイード・ジャリーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サイード・ジャリーリー
سعید جلیلی
Saeed jalili pic.jpg
生年月日 (1965-09-06) 1965年9月6日(56歳)
出生地 イランの旗 イラン マシュハド
出身校 エマーム・サーデグ大学ペルシア語版英語版
前職 大学講師、官僚
所属政党 エンジニア・イスラム学会ペルシア語版英語版

在任期間 2007年10月20日 - 2013年9月10日
最高指導者 アリー・ハーメネイー
テンプレートを表示

サイード・ジャリーリーペルシア語: سعید جلیلی‎、 ラテン文字Saeed Jalili1965年9月6日 -)は、イランの政治家。前国家安全保障最高評議会書記。日本語メディアではジャリリジャリリーと表記されることがある。

経歴[編集]

イラン北東部のマシュハド出身。革命防衛隊に属しイラン・イラク戦争に従軍[1]エマーム・サーデグ大学ペルシア語版英語版政治学Ph.D.(博士号)を取得(博士論文は「預言者ムハンマドの外交政策」[1])。大学講師を経て1989年に外務省官僚[1]2005年に欧米担当外務次官就任。そしてアフマディーネジャード大統領からの指名を受け2007年に国家安全保障最高会議のトップである書記に就任した。

2013年イラン大統領選挙に立候補したが、4,168,946票の3位に終わり落選した[2]

2021年イラン大統領選挙ペルシア語版英語版に立候補して、護憲評議会による審査で出馬を承認された7名の大統領候補のうちの一人となった[3]。しかし投票日を2日後に控えた6月16日の午後、大統領選からの辞退を表明した上で自身を支持する有権者たちにエブラーヒーム・ライースィー候補を支持するよう呼び掛けた[4]。選挙の結果、ライースィー候補が過半数となる約61.95%を得票して決選投票なしで次期大統領に選出された[5][6]

脚注[編集]

公職
先代:
アリー・ラーリージャーニー
イランの旗 国家安全保障最高評議会書記
2007年10月20日 - 2013年9月10日
次代:
アリー・シャムハーニー英語版