コテングクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コテングクワガタ
Veronica serpyllifolia, Japan 1.JPG
秋田県 2018年5月中旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: クワガタソウ属 Veronica
: コテングクワガタ
V. serpyllifolia
学名
Veronica serpyllifolia L. subsp. serpyllifolia[1]
和名
コテングクワガタ

コテングクワガタVeronica serpyllifolia subsp. serpyllifolia)は、オオバコ科クワガタソウ属多年草。ヨーロッパ原産で日本に帰化している。亜種テングクワガタがある[2]

従来の分類体系である新エングラー体系クロンキスト体系では、クワガタソウ属はゴマノハグサ科に含められていた[1]

特徴[編集]

は下部で枝分かれし、細長く這って長さ8-15cmになり、節から発根してマット状に広がる。茎は細く、全体に短毛が散生する。は対生し、無柄または長さ1-3mmの葉柄がある。葉身は楕円形から広楕円形で、長さ4-15mm、幅3-12mm、先端は鈍く、縁の鋸歯は低く、基部は鈍形となる[3][4]

花期は4-8月。茎の上部に細長い総状花序をつけ、多数のを下方から順につける。花柄は長さ2-3mmになり、花軸とともに短毛が生える。テングクワガタのような長い腺毛は生えない。花柄の下に葉があり、小さい葉状で互生する。は緑色で深く4裂し、萼裂片は長楕円形で長さ2-3mmになり、先は鈍い。花冠は径約3mmで、皿形に開いて深く4裂し、白色に淡青紫色の条線があり、花冠下裂片は他の3裂片と比べ小さい。雄蕊は2個、雌蕊は1個ある。果実蒴果となり、扁平な倒心形で、幅3-4mmで、わずかに毛があり、胞背裂開する。種子は数個ある[2][3][4][5]

原産地と帰化状況[編集]

ヨーロッパの低山地の原産で[2]、南北アメリカ、中国大陸、ニュージーランド、日本などに帰化している。日本では、北海道、本州で帰化が確認され、やや湿った道ばたや芝生で見られる[4]

第二次世界大戦前に北海道に入って、水田畦畔のカバープラントに使われたことがある[4]

名前[編集]

生物学者の奥山春季が、1947年に群馬県の神津牧場で標本を採集し、「ヒメテングクワガタ」の和名を標本上に示したが、大井次三郎は、1953年に「コテングクワガタ」の和名で『日本植物誌』(第1巻)に発表した[3]

種小名(種形容語)serpyllifolia は、「イブキジャコウソウのような葉をもつ」の意味[5]

ギャラリー[編集]

下位分類[編集]

亜種としてテングクワガタ(天狗鍬形、学名:Veronica serpyllifolia L. subsp. humifusa (Dicks.) Syme ex Sowerby[6])がある。基本種と比べると、全体に大型で[2]、花軸や花柄に長い腺毛が混じり、花冠は径5-7mmと大きく、果実も幅4mmと長いので区別できる[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b コテングクワガタ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『改訂新版 日本の野生植物 5』p.84
  3. ^ a b c d 『日本の帰化植物』p.191
  4. ^ a b c d 『日本帰化植物写真図鑑』p.304
  5. ^ a b 『新牧野日本植物圖鑑』p.680, p.1347
  6. ^ テングクワガタ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 清水建美編『日本の帰化植物』、2003年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著『日本帰化植物写真図鑑』、2011年一部改訂、全国農村教育協会
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 5』、2017年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)