ケープ・コースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケープ・コースト
Cape Coast
ケープ・コーストの位置(ガーナ内)
ケープ・コースト
ケープ・コースト
ガーナ内の位置
座標: 北緯5度06分0秒 西経1度15分0秒 / 北緯5.10000度 西経1.25000度 / 5.10000; -1.25000
Flag of Ghana.svg ガーナ
中央州
人口 (2012年)
 - 計 169,894人

ケープ・コースト (Cape Coast) は、ガーナにある都市。2012年の人口は約17万人。首都アクラから165km西に離れたガーナ南部にあり、ギニア湾に面する港湾都市。古くからヨーロッパとの交易で栄え、世界遺産であるケープ・コースト城がある。中央州の州都である。1962年に創立されたケープ・コースト大学があり、学園都市の面を持つ。

歴史[編集]

ダウンタウン

ケープ・コーストは奴隷の交易の拠点として、1653年スウェーデンによって建設された。当時の建物はケープ・コースト城として世界遺産になっている。城砦は1663年デンマークにより占領されたが、1年後の1664年にはさらにイングランドによって占領された。イギリスはこの地を黄金海岸交易の拠点として整備し、以後200年以上にわたってケープ・コーストはこの地方のイギリスの拠点であり続けた。

1821年に海岸部の英領の砦を統合して英領ゴールド・コーストが成立すると、ケープ・コーストはその首都となり、総督が置かれた。ケープ・コーストにはアシャンティ王国の使節や商人がたびたび来訪し、地方の中心として繁栄したが、1877年に首都はアクラに移され、以後成長は鈍化した。それでも植民地時代を通じてケープ・コーストは重要都市であり続け、1926年にゴールドコースト立法審議会の一部の議員がアフリカ人から選ばれるようになった際、選挙で選出される3人はアクラ・セコンディ・ケープ・コーストの3都市に割り当てられた。

施設[編集]

関連項目[編集]