ケプラー11g

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケプラー11g
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Kepler-11 planets comparison.jpg
ケプラー11系の惑星(下段)と、これまでに発見されていたケプラー惑星(上段左)、および木星地球(上段右)の大きさの比較。
主星
恒星 ケプラー11
星座 はくちょう座
赤経 (α) 19h 48m 27.622s[1]
赤緯 (δ) +41° 54′ 2.87″[1]
視等級 (mV) 13.7[2][3]
距離 2000[4] ly
(613[2] pc)
スペクトル分類 G[4]
質量 (m) 0.95 ± 0.10[4] M
半径 (r) 1.1 ± 0.1[4] R
温度 (T) 5680 ± 100[4] K
金属量 [Fe/H] 0.0 ± 0.1[4]
年齢 8 ± 2[3] Gyr
軌道要素
元期 BJD 2455120.2901 ± 0.0022[5]
軌道長半径 (a) 0.462 ± 0.016[5] AU
(69.1 ± 2.4 Gm)
離心率 (e) 0[3][6]
周期 (P) 118.37774 ± 0.00112[5] d
(0.32432258(307) y)
    (2841.0658 ± 0.0269 h)
軌道傾斜角 (i) 89.8 ± 0.2[5]°
近日点通過時刻 (T0) 2455238.6688 ± 0.0019[6]
物理的性質
質量 (m) < 0.944 MJ
(< 300[5] M)
半径 (r) 0.327 ± 0.031 RJ
(3.66 ± 0.35[5] R)
(46.7 ± 4.5 Mm)
密度 (ρ) < 25700[5] kg/m3
表面重力 (g) < 220 m/s² (< 22.4 g)
表面温度 (T) 400[2] K
発見
発見日 2011年2月3日
発見者 Jack J. Lissauerなど
発見方法 トランジット法
観測場所 ケプラー宇宙望遠鏡
現況 公表
他の名称
KOI-157 g
KOI-157.06
GSC 03144-00002 g
KIC 6541920 g[1][4]
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
Exoplanet Archive data
Open Exoplanet Catalogue data

ケプラー11g (Kepler-11g) とは、地球からはくちょう座の方向に約2000光年[2]離れた位置にある、太陽と極めて似た直径、質量を持つG型主系列星であるケプラー11を公転する太陽系外惑星である[6]

軌道の性質[編集]

ケプラー11系と水星金星の軌道

ケプラー11gは、ケプラー11系の惑星の中で、ケプラー11から最も遠くを公転する惑星である[5][6]軌道長半径は6910万km(0.462AU[5])と、太陽水星の距離の約1.2倍、太陽と金星の距離の約3分の2しかない。これは、ケプラー11系の惑星の中で唯一水星軌道の外側にある惑星である。公転周期は約118日9時間4分、離心率はほぼ0である[5]

軌道傾斜角は89.8度であるが、ケプラー11eはケプラー11の見かけの中央に近いところを通る惑星である[4][5]。ケプラー11の手前を通過するのに要する時間は9.60時間であり、ケプラー11系の惑星の中で最も長い[5]。軌道傾斜角はケプラー11eと並んで最も精度よく求まっており、最も直角に近い値をとる惑星である[5]

物理的性質[編集]

ケプラー11gは、いずれも地球と比べて、直径が3.66倍、質量が300倍以下と推定されている[5]。直径はケプラー11系の惑星の中で2番目に大きい[5]。ケプラー11gがケプラー11の手前を通過すると、ケプラー11は0.112%[4]暗くなる。この値は、ケプラー11系の惑星の中で2番目に大きい。直径はトランジット法の観測により、ある程度正確に求まっているが、質量は地球の300倍以下、木星の95%以下としか求まっていない。これは、ケプラー11系の他の惑星と比べ、ケプラー11に与える重力的な影響が弱すぎるため、他の惑星の数値からケプラー11gの影響のみを抜き出す事が出来ないためである[6]。上限値は、ケプラー11系の内側の惑星に対して、重力的な影響を与えない最大の数値として設定されたものであり、実際の数値はよくわかっていない[6]。この手法はかつてケプラー9dにも同様の推測が使われた[6]

ケプラー11gは、表面温度が127℃(400K)と推定されている高温の惑星である[2]

その他[編集]

観測[編集]

ケプラー11gは、ケプラー11系の他の5個の惑星と同時にケプラー宇宙望遠鏡によって発見され、2011年2月2日に発見の成果が公表された[6]

名前[編集]

ケプラー11gの名前は、ケプラー11系の惑星が同時に6個発見されたことに因み、公転軌道が内側な惑星からb、c、d…と名付けられた[6]。したがってケプラー11gは、内側から6番目の惑星であることを示している。ケプラーの名前を冠する前の仮符号は KOI-157 g、またはKOI-157.06であった[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c GSC 03144-00002 SIMBAD
  2. ^ a b c d e Table of confirmed planets. NASA-Kepler
  3. ^ a b c Star : Kepler-11 Extrasolar Planets Encyclopaedia
  4. ^ a b c d e f g h i j Kepler-11g NASA-Kepler
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Table 1 Planet properties NASA-Kepler
  6. ^ a b c d e f g h i A Closely-Packed System of Low-Mass, Low-Density Planets Transiting Kepler-11 arXiv

座標: 星図 19h 48m 27.622s, +41° 54′ 2.87″