ケネス・エリクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケネス・エリクソン
基本情報
国籍  スウェーデン
生年月日 (1956-05-13) 1956年5月13日(61歳)
WRCでの経歴
活動時期 1980 - 2002
所属チーム スバル三菱ヒュンダイシュコダ
チャンピオン回数 0
優勝回数 6
表彰台回数 21
ステージ勝利数 214
通算獲得ポイント 489
初戦 1980 ラリー・スウェーデン
初勝利 1987 ラリー・コートジボワール
最終勝利 1997 ラリー・ニュージーランド
最終戦 2002 ラリー・グレートブリテン
テンプレートを表示

ケネス・エリクソンKenneth Eriksson1956年5月13日 - )は、スウェーデンヴァンスブロ出身のラリードライバーである。 同姓のミカエル・エリクソンとは無関係である。

主な経歴[編集]

1980年のラリー・スウェーデン世界ラリー選手権(WRC)にサーブ・96でデビュー。 1986年にフォルクスワーゲンに加入。ゴルフGTIに乗り、グループAのチャンピオンに輝いた。 1987年には、コートジボワール(Rallye Côte d'Ivoire )でWRC初勝利を飾った。

1988年-1989年はトヨタ・チーム・ヨーロッパに加入、セリカGT-FOURで参戦。

1990年-1995年は三菱ラリーアート・ヨーロッパに加入、ギャランVR-4ランサーエボリューションI-IIIに乗り、ギャランで1991年のラリー・スウェーデン、ランサーで1995年のラリー・スウェーデンとラリー・オーストラリアで優勝した。

1996年-1997年はスバルに加入、インプレッサに乗り、1997年のラリー・ニュージーランドで優勝した。 なお三菱・スバル時代の1995年 - 1997年にはアジアパシフィックラリー選手権(APRC)で3連覇を飾っている。

1998年-2001年までヒュンダイのエースドライバーを務め、2000年シーズンは、総合ランキング11位に輝くなどの貢献を果たした。 2002年のシーズンをもってWRCを引退したが、その翌年には、シュコダのテストドライバーを務めた。

ドライビングスタイル[編集]

決して派手に目立つドライバーではないが、チームを支え、確実に仕事をこなす職人肌のベテランドライバー。

シングルハンドドライバーの一人者であり、左手はステアリングを握り、右手はシフトノブを握るという場面がオンボードカメラから確認出来る。このスタイルは彼がかつてスタントドライバーであった事から来ている。またスタントドライバー時代には片輪走行の走行距離のギネスホルダーでもあった。

三菱時代、スバル時代ともにトミ・マキネンコリン・マクレーとかつてのトップドライバーとチームを組み、彼らを確実にサポートしながらも、自分自身も勝利を狙って行ける希有な存在である。 また、スバルの不調は彼がいなかったからと言われたのも、彼のその能力を評しての事である。 因みにトヨタ、ヒュンダイでチームメイトだった、ユハ・カンクネンとも親交が深かった。

外部リンク[編集]