ケイティ・ホームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケイティ・ホームズ
Katie Holmes
Katie Holmes
2011年
本名 Kate Noelle Holmes
生年月日 (1978-12-18) 1978年12月18日(43歳)
出生地 オハイオ州トレド市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1997年 -
配偶者 トム・クルーズ(2006年 - 2012年)
主な作品
映画
エイプリルの七面鳥
バットマン ビギンズ
テレビドラマ
ドーソンズ・クリーク
ケネディ家の人びと
 
受賞
ゴールデンラズベリー賞
最低スクリーンカップル賞
2011年ジャックとジル
最もうんざりしたタブロイドネタ賞
2005年 トム・クルーズと共同
その他の賞
テンプレートを表示

ケイティ・ホームズ(Katie Holmes, 本名: ケイト・ノエル・“ケイティ”・ホームズ、Kate Noelle "Katie" Holmes, 1978年12月18日 - )は、アメリカ合衆国女優映画監督。元夫はトム・クルーズ[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

オハイオ州トレド市で生まれる。父親のマーティンは弁護士[2]、母親のキャスリーンは主婦。5人兄弟の末っ子。ちなみに、ポルノスターのジョン・ホームズは彼女の親戚である。

キャリア[編集]

高校生の頃から演劇を始め、モデルとしても働く。1997年にオーディションに合格してアン・リー監督作品『アイス・ストーム』で映画デビュー。翌年放送開始のテレビシリーズ『ドーソンズ・クリーク』にも出演し、アメリカ合衆国のティーンの間で人気を博す。この年の『ピープル』誌の「21歳以下の最もホットな21人」や2003年には「最も美しい50人」に選ばれる。

1999年公開の『洗脳』でMTVムービー・アワードのブレイクスルー演技賞を受賞。その後も『鬼教師ミセス・ティングル』や『go』などの若者向け映画から『バットマン ビギンズ』のヒロインまで着実にキャリアを重ねていった。

2009年

2008年にはアーサー・ミラーの『みんな我が子』でブロードウェイ・デビューを果たした[3]

しかし、トム・クルーズとの結婚後は女優としての活躍の場は減り、メディアに取り上げられるのはクルーズや娘のことなど私生活ばかりになった。2008年に公開された『バットマン ビギンズ』の続編である『ダークナイト』では、前作から登場する人物のキャストの中ではただ一人降板している。2011年は『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』に出演したが、端役にもかかわらず酷評されて大ブーイングを受けた[4]。離婚後の2013年は舞台に主演したが、不評と観客数が伸び悩み、打ち切りになった[5]

2016年、『私の居場所の見つけかた』で映画監督デビューを果たした[6]

映画業界の外での活動としては、コーチGAPミュウミュウの広告塔を務めている。2007年にはニューヨーク・マラソンに参加し、完走した[7]

私生活[編集]

トム・クルーズと (2006年3月)

過去に『ドーソンズ・クリーク』で共演したジョシュア・ジャクソンと交際。また、2000年からクリス・クラインと交際し、2003年には婚約したが2005年に婚約破棄。

2005年からトム・クルーズと交際を始め、すぐに婚約。2006年4月18日にサンタモニカで長女(シュリ・クルーズ)を出産、同年11月19日にイタリアで挙式した。交際前はニューヨークに住んでいたが、結婚後はロサンゼルスで暮らしている。また、カトリック教徒だったが[8]、結婚後はサイエントロジーに改宗した[9]

トム・クルーズとのゴシップをネタにされることが多く、2006年のゴールデンラズベリー賞第26回ゴールデンラズベリー賞)で最もうんざりしたタブロイドネタ賞を受賞している。

トム・クルーズと2009年

2012年6月、トム・クルーズとの離婚申請を発表、7月に和解に達し正式に離婚した[10]。離婚理由はトムが娘もサイエントロジーに入信させようとしたことによる対立であり、離婚後の親権は自身が獲得した。

2013年からジェイミー・フォックスと極秘交際を開始。2人は2017年9月4日、マリブビーチで手をつないで歩いているところを目撃され、初めて交際を公にした[11]。しかし2019年に破局が報道したとされる[12]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
1997 アイス・ストーム
The Ice Storm
リベッツ・ケイシー
1998 洗脳
Disturbing Behavior
レイチェル・ワグナー
1999 go
go
クレア・モンゴメリー
鬼教師ミセス・ティングル
Teaching Mrs. Tingle
リー・アン・ワトソン
2000 ワンダー・ボーイズ
Wonder Boys
ハンナ・グリーン
ギフト
The Gift
ジェシカ・キング
2002 ケイティ
Abandon
ケイティ・バーク
2003 フォーン・ブース
Phone Booth
パメラ・マクファッデン
歌う大捜査線
The Singing Detective
ミルズ
エイプリルの七面鳥
Pieces of April
エイプリル・バーンズ
2004 ホワイト・プリンセス
First Daughter
サマンサ・マッケンジー
2005 バットマン ビギンズ
Batman Begins
レイチェル・ドーズ
サンキュー・スモーキング
Thank You for Smoking
ヘザー・ホロウェイ
2008 デンジャラスな妻たち
Mad Money
ジャッキー・トゥルーマン
2010 選ばれる女にナル3つの方法
The Romantics
ローラ・ローセン 兼製作総指揮
2011 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル
The Son of No One
ケリー・ホワイト
ダーク・フェアリー
Don't Be Afraid of the Dark
キム
ジャックとジル
Jack and Jill
エリン・サデルステイン
2013 ブロークン・ポイント
Days and Nights
アレックス
2014 ミス・メドウズ 〜悪魔なのか? 天使なのか?〜
Miss Meadows
ミス・メドウズ
ギヴァー 記憶を注ぐ者
The Giver
ジョナスの母
2015 黄金のアデーレ 名画の帰還
Woman in Gold
パム・シェーンベルク
Touched with Fire Carla 兼共同製作
Underdogs Older Laura 声の出演(英語吹き替え)
2016 私の居場所の見つけかた
All We Had
リタ・カーマイケル 兼監督・製作
2017 ローガン・ラッキー
Logan Lucky
ボビー・ジョー・チャップマン
2018 オーシャンズ8
Ocean's 8
本人役 カメオ出演
2019 Coda Helen Morrison
2020 ザ・ボーイ 〜残虐人形遊戯〜
Brahms: The Boy II
ライザ
ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム
The Secret: Dare to Dream
ミランダ・ウェルズ 別題『ザ・シークレット: 希望を信じて』

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1998-2003 ドーソンズ・クリーク
Dawson's Creek
ジョーイ・ポッター 主演
計128話出演
2001 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
本人 / ゲスト司会 Katie Holmes/Dave Matthews Band
2008 弁護士イーライのふしぎな日常
Eli Stone
グレース 第2シーズン第2話「独りじゃない」
2011 ケネディ家の人びと
The Kennedys
ジャッキー・ケネディ ミニシリーズ
計8話出演
2011, 2013 ママと恋に落ちるまで
How I Met Your Mother
ナオミ 計2話出演
2015 レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー
Ray Donovan
ペイジ・フィニー 計11話出演
2017 The Kennedys: After Camelot ジャクリーン・オナシス 主演
計4話出演

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ケイティ・ホームズ、4年ぶりにブロードウェイの舞台へ”. シネマトゥデイ. BANG Media International. (2012年7月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0044271 2021年8月26日閲覧。 
  2. ^ Janice Dunn. "Katie Holmes: A girl on the verge." Rolling Stone. Issue 795. 1998年9月17日. 44.
  3. ^ “Katie Holmes headed to Broadway” (英語). ハリウッド・リポーター. AP通信. (2008年5月19日). https://www.hollywoodreporter.com/business/business-news/katie-holmes-headed-broadway-112144/ 2021年8月26日閲覧。 
  4. ^ JUNKO (2011年1月28日). “ケイティ・ホームズ、女優生命の危機!チョイ役でも大ブーイング”. MOVIE WALKER. https://moviewalker.jp/news/article/20073/ 2021年8月26日閲覧。 
  5. ^ JUNKO (2013年1月2日). “ケイティ・ホームズのブロードウェイ舞台、不評で打ち切りへ”. MOVIE WALKER. https://moviewalker.jp/news/article/35789/ 2021年8月26日閲覧。 
  6. ^ Fleming, Mike Jr (2014年9月11日). “Katie Holmes To Direct ‘All We Had’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2014/09/katie-homes-to-direct-all-we-had-832981/ 2021年8月26日閲覧。 
  7. ^ “Katie Holmes's Prize: A Marathon Kiss from Tom” (英語). ピープル. (2007年11月4日). https://people.com/celebrity/er-star-gloria-reuben-shares-how-her-hiv-character-influenced-one-fan-to-start-treatment/ 2021年8月26日閲覧。 
  8. ^ “Katie Holmes's New Friend Raises Eyebrows” (英語). ピープル. (2005年6月15日). https://people.com/celebrity/katie-holmess-new-friend-raises-eyebrows/ 2021年8月26日閲覧。 
  9. ^ Silverman, Stephen M. (2005年6月14日). “Katie Holmes Says She's Studying Scientology” (英語). ピープル. https://people.com/celebrity/katie-holmes-says-shes-studying-scientology/ 2021年8月26日閲覧。 
  10. ^ Thurston, Michael (2012年7月10日). “トム・クルーズとケイティ・ホームズ、離婚協議で和解”. MODE PRESS. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/modepress/2888727 2021年8月26日閲覧。 
  11. ^ Nagasaka, Yoko (2017年9月11日). “ケイティ・ホームズ、900万ドルのためにジェイミー・フォックスとの交際をひた隠し?”. ELLE. https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a249330/cce-katie-holmes17-0912/ 2021年8月26日閲覧。 
  12. ^ c.emma (2020年9月14日). “【イタすぎるセレブ達】ケイティ・ホームズの新恋人、婚約者にメールで別れを告げケイティに乗り換え?”. TechinsightJapan. https://japan.techinsight.jp/2020/09/emma09131717.html 2021年8月26日閲覧。 

外部リンク[編集]