グレ=ヌヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Grez-Neuville
Grez Neuville 2007 03.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason département fr Maine-et-Loire.svg
(arrondissement) スグレ郡
小郡 (canton) ティエルセ小郡
INSEEコード 49155
郵便番号 49220
市長任期 パスカル・クリュブロー[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. de la région du Lion-d'Angers
人口動態
人口 1 474人
2012年
人口密度 31人/km2
住民の呼称 Grez-Neuvillois[2], Grez-Neuvilloise
地理
座標 北緯47度36分07秒 西経0度40分59秒 / 北緯47.601837度 西経0.6830406度 / 47.601837; -0.6830406座標: 北緯47度36分07秒 西経0度40分59秒 / 北緯47.601837度 西経0.6830406度 / 47.601837; -0.6830406
標高 平均:m
最低:16m
最高:97m
面積 48km2
Grez-Neuvilleの位置(フランス内)
Grez-Neuville
Grez-Neuville
公式サイト Site de la mairie de Grez-Neuville
テンプレートを表示

グレ=ヌヴィルGrez-Neuville)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県コミューン

地理[編集]

町はオータンジュー地方の辺境にある。アンジェの23km北西、スグレの19km南東に位置している。県都アンジェに直接通じる県道775号線が通じている。

マイエンヌ川がコミューンを流れている。

由来[編集]

Grezの地名の古いつづりは、Gradus(1530年)、Greto(1082年)、Greio(1094年)、Grez(1183年)である[3] · [4]

Neuvilleの古いつづりは、Nova Villa in Andecavo(837年)、Nova Villula(1080年)、Nova Villa(1111年)、Novilla(1134年-1150年)、Parochia de Novile(1265年)、Nefville outre Maine(1378年)、Nova Villa(1454年)、La paroisse de Neufville-sur-Maine(1539年)、St-Martin-de-Neuville et Gré(17世紀から18世紀)[5] · [4]。1793年にGrez Neuvilleとなり、1801年よりGrez-Neuvilleとなった[6]

歴史[編集]

グレ=ヌヴィルは、2つの要素からなる地名にもかかわらず、アンシャン・レジーム時代より単一の教区を形成してきた。しかし教区は、マイエンヌ川の両岸で向かい合うグレとヌヴィルの町で構成されていた。地元の人々が1777年に自分たちの教区について記したのが以下のものである。

『マイエンヌ川はグレとヌヴィルの村落を2つに分けている。西側の村落で教会のあるヌヴィルが教区の2/3の面積を占める。残りの1/3である、グレの村落の側から朝日が昇る。』

古い年代記の上では違いがある。地名については、834年に『聖アルデリックがかの地に農場を築いた』と記されたヌヴィルの方が古いことが示唆されている。古名のNova Villa in Andecavoは、ル・リオン=ダンジェの人口集中地と比較して後のものだということがわかる。グレについては、1122年の記述が最も古い。ニコラ・ド・ヌヴィルが家臣のラウール・ド・グレに聖ジャックに捧げる礼拝堂の建設を許可したというものである。この礼拝堂はラウールの自宅の近く、マイエンヌ川の左岸にあった。教区教会は司祭館のように、ヌヴィルにあった。グレとヌヴィルは橋でつながっていたと、1462年に示されている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
935 853 765 860 1040 1307 1436 1474

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[7]、2004年以降INSEE[8][9]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ouest-France, Pascal Crubleau étrenne son écharpe de maire, article du 2 avril 2014
  2. ^ Ouest-France, Boule de fort : Grez-Neuville en tête du Segréen, article du 18 juin 2013
  3. ^ Célestin Port, Dictionnaire historique géographique et biographique de Maine-et-Loire, 1874-1878, Édition révisée de 1978 par J. Levron, P. d'Herbécourt, R. Favreau et C. Souchon, t. 2, p. 256 et 257 (Grez)
  4. ^ a b Pierre-Louis Augereau, Les secrets des noms de communes et lieux-dits du Maine-et-Loire, Editions Cheminements, 2004, p. 88
  5. ^ Célestin Port, Dictionnaire historique géographique et biographique de Maine-et-Loire, 1874-1878, Édition révisée de 1989 par André Sarazin et Pascal Tellier, t. 3, p. 10 à 12 (Neuville)
  6. ^ EHESS, Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui, Notice communale de Grez-Neuville, consultée le 31 décembre 2014 - Nom de la municipalité en 1793 (an II), selon le recensement réalisé sur l’ensemble du territoire français de l’époque, et en 1801, selon les « Arrêtés de réduction des justices de paix » (actes publiés au Bulletin des lois) constituant la première nomenclature officielle des circonscriptions administratives de la France contemporaine.
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=16192
  8. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  9. ^ http://www.insee.fr