グリルスイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリルスイス銀座店

グリルスイスとは、日本洋食屋1947年(昭和22年)、東京都中央区銀座六丁目に創業。現在は銀座三丁目に移転。築地にキッチンスイス築地店がある[1]カツカレー発祥の店として知られる。

メニューは、「千葉さんのカツレツカレー」・「元祖カツカレー」など。

カツカレーの発祥[編集]

1948年、店の常連客であった東京読売巨人軍所属のプロ野球選手千葉茂が、試合後にカレーライス豚カツを同時に注文。さらに豚カツをカレーの上に載せて出すように注文していた。これをヒントとして、店主の岡田義人が正式にメニューに取り入れており、これがカツカレーの発祥とされている[2][3]

同店では、2012年現在でも「千葉さんのカツカレー」(通称「チバカツ」)「カレーライスバッファロー」という名のメニューを販売している(日本プロ野球OBクラブ)。外見は、アーモンド型にライスが盛られたカツカレーだが、カレーライスに豚カツを載せた名残りで、千切りのキャベツも盛られている。

広がり[編集]

豚カツに変えて、牛カツチキンカツを使用する「カツカレー」が派生し、この料理は日本各地にも広がった。詳細はカツカレーを参照。

脚注[編集]

  1. ^ かつては新富町京橋などに支店を出していた。
  2. ^ 日経BP社
  3. ^ 愛媛新聞 2003年1月31日(パブリックサービス面)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]