グラナリー墓地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グラナリー墓地
Old Granary Burial Ground
Boston's Granary burial ground.jpg
2006年
グラナリー墓地の位置(ボストン内)
グラナリー墓地
詳細
開園 1660年
所在地 マサチューセッツ州ボストン
トレモント・ストリートおよびブロムフィールド・ストリート
アメリカ合衆国
座標 北緯42度21分26.6秒 西経71度03分42.1秒 / 北緯42.357389度 西経71.061694度 / 42.357389; -71.061694
種別 歴史的
運営者 ボストン市
建墓数 2,345
ウェブサイト Granary Burying Ground

グラナリー墓地 (英語: Old Granary Burial Ground [-ˈgrænəri, ˈgeɪnəri-]) は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンで3番目に古い墓地。1660年にトレモント・ストリートに設立された。ポール・リビアなどアメリカ独立戦争時代の多くの著名なペイトリオットボストン虐殺事件の犠牲者5名、アメリカ独立宣言に署名したサミュエル・アダムズジョン・ハンコックロバート・トリート・ペインが埋葬されている。墓石は2,345基であるが、歴史家によると5,000人が埋葬されているとされる[1]パークストリート教会に隣接し、サフォーク大学法科大学院の向かいにある。

ロードアイランド州ニューポートにあるトウロ墓地の門を設計した建築家のアイザイア・ロジャースがエジプシャン・リバイバル様式の門およびフェンスを設計した[2]

歴史[編集]

1660年に創立した、ボストンで3番目に古い墓地である[3]。ボストンの人口増加により、1ブロック北東のボストンで一番古い墓地であるキングス・チャペル墓地が手狭になったために設立された。1737年までこの墓地は南墓地として知られていたが、隣接する現在のパークストリート教会の場所に穀倉(グラナリー)があったためグラナリー墓地と呼ばれるようになった。1830年5月、ベンジャミン・フランクリンに敬意を表し、この地域に木々を植えて「フランクリン墓地」と呼ぶようにしたが定着しなかった。

1881年頃、グラナリー墓地の門およびヨーロッパ・エルムの木々

当時、このブロックを包括していたボストンコモンの一部であった。墓地創立の2年後、このブロックの南西部に穀倉および刑務所などの公的施設[4]、北部に住宅が建てられた。

当初、は土地の後方に設置されていた。1717年5月15日、現在のトレモント・ストリートとなる西南の道路を幹線道路とするため、墓地の拡大の投票が通過した。1720年、墓地の拡大が行なわれ、ボストン在住の多くの家族のために15基が設置された。

トレモント・ストリート沿いにヨーロッパ・ニレの大木11本が植えられた[5]。1762年、アディノ・パドックとジョン・バラードが植栽し、1856年までに太さは10フィート(3m)にまで成長した。ニレの下の歩道は「パドックス・モール」と呼ばれ、他の地面には木々は植えられていなかった。1830年、初の大規模な改修として、多くの木々が植えられた。1840年、再度改修が行なわれ、トレモント・ストリート沿いに鉄柵が建設された。ボストンの建築家のアイザイア・ロジャースがこの鉄柵を設計し、費用の5,000ドルは半分がボストン市、残りは公募でまかなわれた[6]。ロジャースはロードアイランド州ニューポートにあるトウロ墓地のエジプシャン・リバイバルの同様の門も設計した[2]

2009年1月、観光客の女性が自身で散策中に地面から落ち、これまで知られていなかった地下聖堂が発見された。地下に通じる階段は粘板岩のかけらで覆われ、経年劣化により崩壊した。この観光客には怪我はなく、遺体と対峙することもなかった。8フィート(2.4m)×12フィート(3.7m)の広さで、構造は完全なまま残っていたと報じられた。1732年から1733年、ボストンの都市行政委員であったジョナサン・アーミテイジが埋葬されていたとされる[7]。2011年5月、ボストン市は30万ドルをかけて歩道の拡張、観測点の設置などを含む修復および改修を行なうことを発表した。フリーダム・トレイル・ファンデーションが12万5千ドル、残りをボストン市が負担することとなった[8]

記念碑[編集]

1827年、ボストン生まれのベンジャミン・フランクリンの一族に敬意を表し、オベリスクが建てられた。フランクリンの父ジョザイア・フランクリンはイングランドノーサンプトンシャーで生まれ、ジョザイアの2番目の妻でベンジャミンの母であるアビアはナンタケットで生まれた。バンカーヒル記念塔の採石場からの花崗岩で製造され、劣化していたフランクリン家の墓石のあった場所に建てられた。1827年6月15日、この新たな記念碑の除幕式が行われた。

1667年6月18日、52歳で亡くなったジョン・ウェイクフィールドの記念碑が最古の記念碑とされている。1660年の墓地設立との7年間については知られていない[9]

1770年3月5日に起こったボストン虐殺事件のアメリカ人犠牲者の墓石がトレモント・ストリート側の入り口近くにある。1800年代、この墓石はよりモダンな造園および19世紀の情勢に合わせた整備のために移動された[10]

著名な埋葬者[編集]

2008年、グラナリー墓地向かいのサフォーク大学法科大学院
グラナリー墓地
グラナリー墓地の墓石

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Abel, David (2011年5月16日). “Colonial Resting Place Slated for Upgrade”. Boston Globe. http://articles.boston.com/2011-05-16/news/29549185_1_granary-tombs-grave-markers 2011年6月2日閲覧。 
  2. ^ a b James Stevens Curl, The Egyptian Revival, Routledge, 2005, p, 300
  3. ^ D. Brenton Simons (New England Historic Genealogical Society) Boston Beheld: Antique Town and Country Views University Press of New England, 2008
  4. ^ Shurtleff p 211
  5. ^ Bridgeman, Thomas (1856). The Pilgrims of Boston and their Descendants. New York: D. Appleton and Company. p. xii. https://books.google.com/books?id=oPQWAAAAYAAJ 2009年4月29日閲覧。. 
  6. ^ Shurtleff p 216
  7. ^ Ryan, Andrew; John R. Ellement (2009年2月12日). “Burying ground yields a secret”. Boston Globe. http://www.boston.com/news/local/massachusetts/articles/2009/02/12/burying_ground_yields_a_secret/ 2009年5月1日閲覧。 
  8. ^ Abel, David (2011年5月16日). “Colonial Resting Place slated for Upgrade”. Boston Globe. http://articles.boston.com/2011-05-16/news/29549185_1_granary-tombs-grave-markers 2011年6月6日閲覧。 
  9. ^ Shurtleff p 219
  10. ^ Granary – City of Boston”. Boston, Massachusetts: City of Boston. 2011年8月4日閲覧。 “The gravestones' original haphazard configuration was rearranged into straighter rows over to [sic] the years to accommodate both nineteenth-century aesthetics and the modern lawnmower.”
  11. ^ J.L. Bell (2006年). “Christopher Seider: shooting victim”. 2015年6月6日閲覧。
  12. ^ "Mother Goose; Longevity of the Boston Myth – The Facts of History in this Matter, The New York Times, 4 February 1899 (on-line text).
  13. ^ Collected editions were published in 1650, 1660 and 1665; the 1650 reference to "ma mère l"Oye" was noted by William Bracy in Encyclopedia Americana, s.v. "Mother Goose" 1965:512),
  14. ^ Charles Francis Potter, "Mother Goose", Standard Dictionary of Folklore, Mythology, and Legends II (1950), p. 751f. "Isaiah Thomas reprinted Robert Samber's Histories or Tales of Past Times, Told by Mother Goose (London, 1729), under the same title, in 1786".
  15. ^ "Wendell Phillips Buried: A Great Demonstration of Respect to the Dead Orator". The New York Times. February 7, 1884. p. 1.
  16. ^ Shurtleff p 222

参考文献[編集]

Shurtleff, Nathaniel Bradstreetl (1871). A Topographical and Historical Description of Boston. Boston: Boston City Council. pp. 210–226. https://books.google.com/books?id=UWkUAAAAYAAJ&pg=PA210&dq=granary+burying+ground&as_brr=1#PPA226,M1. 

座標: 北緯42度21分26.6秒 西経71度03分42.1秒 / 北緯42.357389度 西経71.061694度 / 42.357389; -71.061694

外部リンク[編集]

先代:
パークストリート教会
ボストンのフリーダムトレイル沿いの名所
グラナリー墓地
次代:
キングス・チャペル