グラシアノ・ロッシジャーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラシアノ・ロッシジャーニ
Graciano Rocchigiani.jpg
基本情報
通称 ロッキー (Rocky)
階級 スーパーミドル級
ライトヘビー級
身長 188cm
リーチ 189cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 1963年12月29日
出身地 デュースブルク
死没日 (2018-10-01) 2018年10月1日(54歳没)
死没地 ベルパッソ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 48
勝ち 41
KO勝ち 19
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

グラシアノ・ロッシジャーニGraciano Rocchigiani1963年12月29日 - 2018年10月1日)は、ドイツ(生誕当時は西ドイツ)のプロボクサーデュースブルク出身。元IBF世界スーパーミドル級王者。元WBC世界ライトヘビー級暫定王者

WBCに対して訴訟を起こし、勝訴。WBCの存続問題にまで発展した。

WBO世界クルーザー級王者ラルフ・ロッシジャーニは実兄であり、キャリア後期にはトレーナーを務めた。

来歴[編集]

1983年9月10日、プロデビュー。

1985年11月8日、ドイツミドル級王座を獲得。

1986年10月3日、ドイツライトヘビー級王座を獲得。

1988年3月11日、IBF世界スーパーミドル級王座決定戦でビンセント・ポールウェア(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、8回TKO勝ちで世界王座を獲得した。

1989年1月27日、スラニー・マリンガ 南アフリカ共和国)と対戦し、3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。その後、王座を返上した。

1994年2月5日、WBO世界スーパーミドル級王座クリス・ユーバンクイングランドの旗 イングランド)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

1995年5月27日、IBF世界ライトヘビー級王者ヘンリー・マスケドイツの旗 ドイツ)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

1995年10月14日、ヘンリー・マスケとダイレクトリマッチで対戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

1996年8月10日、WBO世界ライトヘビー級王者ダリユシュ・ミハルチェフスキドイツの旗 ドイツ)に挑戦し、7回失格負けで王座獲得ならず。

1998年3月21日、WBC世界ライトヘビー級王座決定戦でマイケル・ナンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。その後、暫定王座に格下げされ(後述)、1度も防衛戦を行うことなく2000年に王座を剥奪された。

2000年4月15日、WBO世界ライトヘビー級王者ダリユシュ・ミハルチェフスキに3年8か月ぶりに挑戦し、9回終了時TKO負けで王座獲得ならず。

2003年5月10日の試合を最後に引退した。

2006年11月、ドイツでジムを設立した。

2006年、タクシードライバーへの暴行により、禁固5か月の判決を下された。

2018年10月1日にイタリアベルパッソにて車に轢かれて死去。54歳没[1]

訴訟問題[編集]

WBCライトヘビー級王者ロイ・ジョーンズ・ジュニア1997年に階級変更を表明したため、王座返上の手続きを待つことなくロッシジャーニとマイケル・ナンとで王座決定戦を承認し、1998年3月21日の試合に勝利したロッシジャーニが王座を獲得したものの、その2か月後にロイ・ジョーンズ・ジュニアが階級変更を撤回すると、王座復帰を認め、ロッシジャーニを暫定王者とした。これを不服とし、ロッシジャーニはアメリカで訴訟を起こした。ニューヨーク連邦地裁は2003年4月、WBCに対し3,100万ドル(約34億円)という損害賠償金の支払命令を出した。

2003年4月23日、WBCが米連邦改正破産法第11条の適用申請を行った(日本の会社更生法に相当し、破産宣告をすることによって支払い義務が免除される)。後に取り下げ。

2004年6月14日、WBCが米連邦改正破産法第7条の適用申請を行った(会社清算に相当)。後に取り下げ。

2004年8月、和解が成立。支払金額の減額と分割払いに合意したと言われる。

獲得タイトル[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Boxe, è morto Graciano Rocchigiani L’ex iridato investito da un’auto in Italia” (イタリア語). ガゼッタ・デロ・スポルト (2018年10月2日). 2018年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
朴鐘八
IBF世界スーパーミドル級王者

1988年3月11日 - 1989年(返上)

空位
次タイトル獲得者
リンデル・ホームズ
前暫定王者
ロイ・ジョーンズ・ジュニアの正規復帰に伴う認定
WBC世界ライトヘビー級暫定王者
1998年3月21日 - 2000年(剥奪)
次暫定王者
剥奪により消滅