朴鐘八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朴 鐘八
基本情報
本名 朴 鐘八
階級 スーパーミドル級
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1958-08-11) 1958年8月11日(59歳)
出身地 全羅南道務安郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 46
KO勝ち 39
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

朴 鐘八(パク・チョンパル、박종팔、1958年8月11日 - )は、大韓民国の元男子プロボクサー全羅南道務安郡出身。身長178cm。元国際ボクシング連盟 (IBF)および世界ボクシング協会 (WBA)世界スーパーミドル級王者。

来歴[編集]

1977年11月26日、韓国でプロデビュー。

1978年12月17日、7戦目で韓国ミドル級王座を獲得した[1]

1979年8月22日、12戦目で柳済斗が返上したOPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦でカシアス内藤と対戦し、2回KO勝ちで王座を獲得した[2]。同王座は15度の防衛に成功した(そのうち、日本人の挑戦は5度)。

1981年11月8日、フルヘンシオ・オベルメヒアスと対戦し、8回KO負け[3]

1983年5月9日、OPBF王座の16度目の防衛戦で羅慶民と対戦し、7回KO負けで王座から陥落した。9月4日、羅慶民と再戦し、4回KO勝ちで王座を奪回した。

1984年7月22日、世界王座初挑戦となったIBF世界スーパーミドル級王者マレイ・サザーランドに挑戦し、11回TKO勝ちで世界王座を獲得した。

1987年7月26日、防衛戦でエマヌエル・オッティと対戦し、3回KO勝ちで8度目の防衛に成功した。その後、同王座を返上した。

1987年12月6日、WBA世界スーパーミドル級初代王座決定戦でヘスス・ガヤルドと対戦し、2回KO勝ちで王座を獲得した[4]

1988年5月23日、2度目の防衛戦でフルヘンシオ・オベルメヒアスと6年半ぶりに再戦し、12回判定負けで王座から陥落した[5]

1988年12月22日、白仁鉄と対戦し、9回KO負け。この試合を最後に引退した[6]

獲得タイトル[編集]

  • 第20代OPBF東洋太平洋ミドル級王座(防衛15度)
  • 第22代OPBF東洋太平洋ミドル級王座(防衛0度)
  • IBF世界スーパーミドル級王座(防衛8度)
  • WBA世界スーパーミドル級王座(防衛1度)

エピソード[編集]

世界戦のファイトマネーは5000万ウォンを超え、試合のたびに土地を購入し時価90億ウォンの資産を得て、「돈팔이(トンパリ、金の亡者)」とあだ名された(当時のソウル市の坪単価は1万ウォン)[7]。その後、詐欺や事業の失敗などで破産し、うつ病、夫人の他界などの不幸に見舞われたが、再婚しジムの運営などで再起を果たした[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ [1]東亜日報 1978年12月18日
  2. ^ [2]東亜日報 1979年8月23日
  3. ^ [3]東亜日報 1981年11月9日
  4. ^ [4]東亜日報 1987年12月7日
  5. ^ [5]東亜日報 1988年5月24日
  6. ^ [6]東亜日報 1988年12月23日
  7. ^ 박종팔 “한때 별명이 ‘돈팔이’, 갈퀴로 긁어… 다 잃고나니 행복 찾아와”文化日報 2012年6月22日
  8. ^ 득구야, 벨트 못 따면 죽어서 오겠다는 약속은 왜 지켰냐중앙SUNDAY 2018年1月28日
  9. ^ 세계 복싱 챔피언 박종팔, 90억 탕진…설마honestnews 2013年5月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第20代OPBF東洋太平洋ミドル級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:柳済斗
1979年8月22日 - 1983年5月9日 羅慶民
第22代OPBF東洋太平洋ミドル級王者
在位期間
羅慶民 1983年9月4日 - 1984年8月(返上) 空位
(次タイトル獲得者:羅慶民
IBF世界スーパーミドル級王者
在位期間
マレイ・サザーランド 1984年7月22日 - 1987年11月(返上) 空位
(次タイトル獲得者:グラシアノ・ロッシジャーニ
WBA世界スーパーミドル級王者
在位期間
創設につき不在 1987年12月6日 - 1988年5月23日 フルヘンシオ・オベルメヒアス