白仁鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白 仁鉄
基本情報
階級 スーパーミドル級
身長 178cm
リーチ 183cm
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1961-12-20) 1961年12月20日(56歳)
出身地 忠清南道天安市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 47
KO勝ち 43
敗け 3
テンプレートを表示

白 仁鉄(ペク・インチョル、朝鮮語: 백인철英語: In Chul Baek1961年12月20日 - )は、大韓民国(韓国)の元男子プロボクサー。現役時代は世界ボクシング協会 (WBA)世界スーパーミドル級王座を2度防衛しており、メジャー4団体にてアジア出身のボクサーとしては史上最も重い階級での世界王者となった。

デビュー以来、初敗戦を喫するまで全KO勝ち(26戦26勝26KO)を収めた。これは、男子プロボクシングのアジアおよびオセアニア記録となっている。

来歴[編集]

1980年5月9日、プロデビュー。

1981年12月27日、東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF)東洋スーパーウェルター級王座決定戦で李尚虎(大韓民国の旗 韓国)と対戦し、12回KO勝ちで王座を獲得した。

1982年3月21日、宮田賢二日本の旗 日本ヨネクラジム)とノンタイトルマッチで対戦し、9回KO勝ち。

1982年6月13日、堀畑道弘日本の旗 日本、協栄山神ジム)と対戦し、2回KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

1982年10月23日、新井容日日本の旗 日本、大星ジム)と対戦し、10回KO勝ちで3度目の防衛に成功した。

1983年3月27日、金宗縞大韓民国の旗 韓国)と対戦し、7回KO勝ちで5度目の防衛に成功。デビュー以来、26連続KO勝ちを記録した。

1983年5月20日、ショーン・マニオンアイルランドの旗 アイルランド)とノンタイトルマッチで対戦し、判定負け。キャリア初黒星となった。

1983年7月10日、新井容日と再戦し、5回KO勝ちで6度目の防衛に成功した。

1984年3月24日、マイク・デ・グスマン(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、3回KO勝ちで7度目の防衛に成功した。

1984年7月、王座を剥奪され、7月23日に改めてOPBF東洋スーパーウェルター級王座決定戦に出場。アルバート・パパイモ( インドネシア)と対戦し、4回KO勝ちで王座に返り咲いた。同王座は6度の防衛に成功した。

1987年11月21日、WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦でジュリアン・ジャクソンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、3回TKO負けで世界王座獲得ならず。

1988年4月17日、階級を上げOPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦でウディアナ( インドネシア)と対戦し、2回KO勝ちで王座を獲得した。同王座は1度の防衛に成功した。

1988年12月22日、元WBA・国際ボクシング連盟 (IBF)世界スーパーミドル級王者朴鍾八大韓民国の旗 韓国)とノンタイトルマッチで対戦し、8回KO勝ち。

1989年5月28日、WBA世界スーパーミドル級王者フルヘンシオ・オベルメヒアスベネズエラの旗 ベネズエラ)に挑戦し、11回KO勝ちで世界王座を獲得した。

1990年1月13日、田島吉秋日本の旗 日本、ベル協栄ジム)と対戦し、7回終了時に棄権TKO勝ちで2度目の防衛に成功した[1]。この試合で右拳を負傷した。

1990年3月30日、3度目の防衛戦でクリストフ・ティオゾフランスの旗 フランス)と対戦し、6回TKO負けで王座から陥落した。この試合を最後に引退した。

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

WBA世界スーパーミドル級王者
在位期間
フルヘンシオ・オベルメヒアス1989年5月28日 - 1990年3月30日クリストフ・ティオゾ