クロバナロウゲ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロバナロウゲ属
Comarum palustre, Japan 1.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: クロバナロウゲ属 Comarum
学名
Comarum L.[1]
タイプ種
Comarum palustre L.[1]
和名
クロバナロウゲ属(黒花狼牙属)[2][3]
  • 本文参照

クロバナロウゲ属(クロバナロウゲぞく、学名:Comarum、和名漢字表記:黒花狼牙属)は、バラ科バラ亜科の1つ[2][4]

本属は、以前はキジムシロ属 Potentilla として扱われることが多かったが、近年の分子系統学的解析により、広義のキジムシロ属は系統的にいくつかの異なるまとまりが認められ、エゾツルキンバイ属 Argentinaキンロバイ属 Dasiphora とともに、それぞれ別属として扱うことが合理的であるとされた[4]

特徴[編集]

多年草または小低木でやや長い地下茎がある。根茎は肥厚し分枝する。は奇数羽状複葉で互生し、葉柄があり、その基部に薄膜質または草質の托葉が合着してあり、花時にも宿存する。は茎先から集散花序を出して数個つける。花は両性で5数性。片は5個、副萼片も5個あり、萼片と副萼片は互生し、果時にも宿存する。花弁は5個で暗紫色または白色で、萼片と同じ長さかまたは短い。雄蕊は20-25個あり離生する。心皮は多数あって離生し、半球状になる花床につく。花柱は糸状となって直立し、子房に側生する[4]

分布[編集]

北半球に2種あり、温帯から高緯度地方に分布する。日本にはクロバナロウゲ1種が自生する[4]

[編集]

ギャラリー[編集]

Comarum palustre
クロバナロウゲ 
Comarum salesovianum 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Comarum, Tropicos
  2. ^ a b 『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』pp.244-245
  3. ^ a b 『新牧野日本植物圖鑑』p.286
  4. ^ a b c d e f 『改訂新版 日本の野生植物3』pp.24-27
  5. ^ クロバナロウゲ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]