パウル・フリードリヒ・アウグスト・アシェルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Paul Friedrich August Ascherson.

パウル・フリードリヒ・アウグスト・アシェルソン(Paul Friedrich August Ascherson、1834年7月4日 - 1913年3月6日)はドイツの植物学者、歴史学者、民族誌学者や言語学者である。

略歴[編集]

ベルリンで生まれた。父親は医療関係者(Geheimen Sanitätsrates)で兄に古典学者となるフェルディナンド・アシェルソン(Ferdinand Ascherson)がいる。ベルリン大学で医学を学び、植物学に興味を持った。1855年にブランデンブルク辺境伯領の植物地理学的研究で博士号を得た。

1860年からベルリン植物園の助教となり1863年に植物学と植物地理学の教授となった。1873年にベルリン大学の非常勤教授となった。1869年にベルリン人類学・民族学・考古学会(Berliner Gesellschaft für Anthropologie, Ethnologie und Urgeschichte)の創立メンバーとなり、1877年に科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれた。

1868年に、ダルマチア海岸を旅し、特にモンテネグロの植物を調査した。ダルマチアの最高峰のオルジェン山(Orjen、標高1894m)に登頂した。1873年から1874年にかけて、探検家のゲルハルト・ロルフス(Gerhard Rohlfs)とリビア砂漠を探検した。1876年以降も、アフリカへ再度遠征を行い、アフリカの植物相およびその他の国の植物相に関する著作を行った。1890年代にはグレブナー(Paul Graebner)と中央ヨーロッパの植物相に関するなどの著作を行った。

アフリカでは昆虫も採集し、標本はフンボルト博物館に保存されている。民俗学、言語学の分野での貢献に関してはロストック大学から名誉博士号を受けた。

バッカクキン科の菌類の属名、Aschersonia やアブラナ科の植物の属名Aschersoniodoxaはアシェルソンの名に因んでいる。

著作[編集]

  • Studiorum phytogeographicorum de Marchia Brandenburgensis specimen. Dissertation, Berlin 1855.
  • Flora der Provinz Brandenburg, der Altmark und des Herzogthums Magdeburg. 1864.
  • Über die Gattung Anticharis, 1867
  • Der Berg Orjen an der Bocche di Cattaro. In: Zeitschrift der Gesellschaft für Erdkunde zu Berlin. Band 3, Berlin 1868, S. 319–336.
  • Beitrag zur Flora Dalmatiens. In: Österreichische botanische Zeitschrift. Band 19, 1869, S. 65–70
  • Paul Graebner と共著: Synopsis der mitteleuropäischen Flora. 1896–1939 (Online bei bibdigital.rjb.csic.es unvollendet). doi:10.5962/bhl.title.10838 doi:10.5962/bhl.title.32166 doi:10.5962/bhl.title.35810
  • Paul Graebnerと共著: Das Pflanzenreich Potamogetonaceae. 1907.
  • Paul Graebnerと共著: Flora des nordostdeutschen Flachlandes (außer Ostpreußen). 1898–1899.
  • Paul Graebnerと共著: Nordostdeutsche Schulflora. Tabellen zur Bestimmung der wildwachsenden und der häufiger angebauten Blüten- und Farnpflanzen der Provinzen Brandenburg, Pommern, Posen, Ost- und Westpreussen, und Sachsen (Nordhälfte), der Grossherzogtümer Mecklenburg und des Herzogtums Anhalt nach der Flora des Nordostdeutschen Flachlandes. 1902.
  • Augustus Kanitzと共著: Catalogus Cormophytorum et Anthophytorum Serbiae, Bosniae, Hercegovinae, Montis Scodri, Albaniae Hucusque Cognitorum. 1877.
  • Georg Schweinfurthと共著: Illustration de la flore d'Egypte. 1887, Supplement 1889.
  • Autor einiger Biografien in der Allgemeinen Deutschen Biographie
  • Beitrag in Gerhard Rohlfs: Kufra. Reise von Tripolis nach der Oase Kufra, ausgeführt in Auftrage der Afrikanischen Gesellschaft in Deutschland. F. A. Brockhaus, Leipzig 1881

参考文献[編集]

  • Ignaz Urban, Paul Graebner: Festschrift zur Feier des siebzigsten Geburtstages des Herrn Prof. Dr. Paul Ascherson. Gebr. Borntraeger, Leipzig 1904.
  • Friedrich Herrig: Ascherson, Paul Friedrich August. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 1, Duncker & Humblot, Berlin 1953, ISBN 3-428-00182-6, S. 412 f.
  • Robert Zander: Handwörterbuch der Pflanzennamen. Hrsg.: Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold. 13. Auflage. Ulmer Verlag, Stuttgart 1984, ISBN 3-8001-5042-5.
Asch.は、植物の学名命名者を示す場合にパウル・フリードリヒ・アウグスト・アシェルソンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)