クレア・デュ・ブレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Claire Du Brey
クレア・デュ・ブレイ
クレア・デュ・ブレイ
1920年
本名 クララ・ヴァイオレット・デュブレイヴィッチ Clara Violet Dubreyvich
別名義 クレア・デュブレイ
Claire DuBray, Claire DuBrey, Claire Dubrey, Claire du Brey
生年月日 (1892-08-31) 1892年8月31日
没年月日 (1993-08-01) 1993年8月1日(満100歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイダホ州ボナーズ・フェリー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
職業 女優
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1916年 - 1959年

クレア・デュ・ブレイClaire Du Brey, 1892年8月31日 - 1993年8月1日)は、アメリカ合衆国女優である[1]。本名クララ・ヴァイオレット・デュブレイヴィッチClara Violet Dubreyvich)、芸名はClaire Du Bray, Claire DuBreyとも表記され、日本ではクレア・デュブレイと紹介された[2][3]

人物・来歴[編集]

1892年(明治25年)8月31日アイダホ州ボナーズ・フェリーに生まれる[1]

満24歳を迎える1916年(大正5年)、トライアングル・フィルム・コーポレーションに入社、チャールズ・ギブリンおよびトーマス・H・インス監督による長篇コメディ Peggy や、インス監督の『シヴイリゼーション』に出演して、映画界にデビューする[1]。1917年(大正6年)、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)に移籍、前年に同社傘下に設立されたブルーバード映画で、ジョセフ・ド・グラス監督、ドロシー・フィリップス主演の『愛児の導き』に出演、つづいてレックス・イングラム監督の『不実の酬』に主演する[1]。同年、ハリー・ケリー主演の『ハリー誉れ』等の短篇西部劇に相手役として数本共演し、再びブルーバード映画で、アイダ・メイ・パーク監督の『心の錆』、ジョセフ・ド・グラス監督の Triumph, 『恐ろしき里』、『故郷の空』、ルパート・ジュリアン監督の『左の手』に助演[1]、これらは日本でも公開された[4]

1918年(大正7年)にはユニヴァーサルを離れ、スタープロダクションや小プロダクションの助演俳優になる[1]。1929年(昭和4年)には、スコット・ペンブローク監督の Two Sisters に助演し、初めてのトーキー出演を果たす[1]。その後も脇役俳優、ノンクレジットの端役俳優として出演を続ける[1]

第二次世界大戦後、1950年(昭和25年)のアニメーション映画シンデレラ姫』でフェアリー・ゴッドマザーのライヴ・アクション・モデル(声の出演はヴェルナ・フェルトン)を務め[5]、老境においてテレビ映画にも出演し、1958年(昭和33年)、ヴィクター・マチュア監督の Escort West が最後にクレジットされた出演作、1959年(昭和34年)に端役で顔を出したアーヴィング・ラパー監督の『奇蹟』が最後の出演作となった[1]

引退後34年が過ぎた1993年(平成5年)8月1日カリフォルニア州ロサンゼルス市で死去した[1]。満100歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

広告 (1919)

特筆以外はすべて出演作である[1]。約160作にのぼる1930年 - 1959年のトーキー、戦後のテレビ映画の出演作はノンクレジットの端役も多く[1]、おもなものに留めた。

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Claire Du Brey, Internet Movie Database (英語), 2010年6月23日閲覧。
  2. ^ クレア・デュブレイ、キネマ旬報映画データベース、2010年6月23日閲覧。
  3. ^ クレア・デュブレイ、allcinema ONLINE、2010年6月23日閲覧。
  4. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.
  5. ^ Cinderella - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]