ポール・パウエル (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・パウエル
Paul Powell
Paul Powell
1922年
本名 ポール・マーロン・パウエル Paul Mahlon Powell
別名義 ポール・M・パウエル Paul M. Powell
生年月日 (1881-09-06) 1881年9月6日
没年月日 (1944-07-02) 1944年7月2日(62歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州ピオリア
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス郡パサデナ
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー俳優
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1914年 - 1937年
配偶者 ヴァレリー・マクドナルド(死別)
著名な家族 ジャニス・パウエル(長女)

ポール・パウエルPaul Powell, 1881年9月6日 - 1944年7月2日)は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサー俳優である[1]。本名ポール・マーロン・パウエルPaul Mahlon Powell)、ポール・M・パウエルPaul M. Powell)とも名乗った[1]。日本語ではポール・ポウエルとも表記された[2]

人物・来歴[編集]

1881年9月6日イリノイ州ピオリアに生まれる[1]。父は『ピオリア・イヴニング・スター』(Peoria Evening Star)紙の創立者である[1]

最初のキャリアは『シカゴ・トリビューン』紙の記者である[1]。時期は不明であるが、5歳年長のヴァレリー・マクドナルド(旧姓、1876年 - 1949年[3])と結婚、長女ジャニスをもうける[1]。記者時代に地元のマフィアについての記事を書き、そのために生活を脅かされ、夫婦でカリフォルニア州ロサンゼルス郡パサデナに転居する[1]。『ロサンゼルス・エクスプレス』紙の記者になるが、在職中にシカゴでの経験をもとにした脚本を発表したため、馘首される[1]

1914年、満33歳を迎えるころ、ヘンリー・キング主演の短篇映画 "His Excellency" を監督したのが、もっとも古い映画界での記録である[1]。以降、ルービン・スタジオで短篇映画を量産する[1]

1918年、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)に移籍、カーメル・マイヤーズを主演作を連打[1]、なかでも同社傘下のブルーバード映画では、『社交界の花形[4][5]、『終夜』、『孤島の娘』を監督[1]、これらはいずれも日本でも公開された[5]。1920年、『青春の夢』を監督したときの俸給は週給5,000ドルに上った[1]。同年、フェイマス・プレイヤー=ラスキーに移籍する[1]。トーキー初期にも監督作を手がけたが、1930年の "Honest Crooks" を最後に監督業を退く[1]

1944年7月2日、自宅のあるロサンゼルス郡パサデナで死去した[1]。満62歳没。同郡グレンデールにあるフォレスト・ローン・メモリアル・パークに、5年後の1949年に亡くなった妻ヴァレリーとともに眠る[1][3]

フィルモグラフィ[編集]

特筆を除きすべて監督作である[1]

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Paul Powell, Internet Movie Database (英語), 2010年6月14日閲覧。
  2. ^ ポール・ポウエル、allcinema ONLINE、2010年6月14日閲覧。
  3. ^ a b Paul Powell, Find A Grave (英語), 2010年6月14日閲覧。
  4. ^ a b A Society Sensation, silentera.com, 2010年6月15日閲覧。
  5. ^ a b c 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]