シンデレラ (1950年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンデレラ
Cinderella
監督 ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・ラスク
クライド・ジェロニミ
脚本 ビル・ピート
テッド・シアーズ
ホーマー・ブライトマン
ケン・アンダーソン
アードマン・ペナー
ウィンストン・ヒブラー
ハリー・リーヴズ
ジョー・リナルディ
製作 ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
出演者 下記参照
撮影 ボブ・ブロートン
編集 ドナルド・ハリデイ
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年2月15日
日本の旗 1952年3月7日
上映時間 72分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2.9 million[1]
興行収入 $263.6 million[1]
次作 シンデレラII
テンプレートを表示

シンデレラ』(原題:Cinderella)は、1950年2月15日公開のウォルト・ディズニー・プロダクション製作によるアニメ映画である。原作は、シャルル・ペローの童話『シンデレラ』。

日本初公開は、1952年3月7日。初公開時のタイトルは『シンデレラ姫』。

21世紀に入り、続編として『シンデレラII』(2002年)、『シンデレラIII 戻された時計の針』(2007年)がOVAで製作されている。

概要[編集]

原作はシャルル・ペロー童話の『シンデレラ』。ウォルト・ディズニーはこの映画の構想に27年もかけたという。1923年に企画を立案するも第二次世界大戦の影響で中断。1944年に企画を再立案し終戦後の1945年に制作を開始。ウォルトはシンデレラのデザインを創るにあたって色々な資料を集め童話の挿画や少年少女のイメージにあわせる事にし、青い眼、ブロンドの髪、体重120ボンドに決めた。更に独自のシーンや演出を多数盛り込んでミュージカル作品に仕立てている。また馬のメジャーや犬のブルーノ、トレメイン夫人の飼い猫ルシファーなどの動物たちはディズニーオリジナルのキャラクターである。

5年の歳月を賭け、絵の数は150万枚。

あらすじ[編集]

遠い昔。ある所にシンデレラという美しく優しい娘が立派な屋敷に住んでいた。母親を早くに亡くした後、父親はシンデレラを大切に慈しみながら育てていたが、まだ幼い彼女の身を案じて二度目の結婚相手として新しい母親のトレメイン夫人とその連れ子である二人の姉・アナスタシアとドリゼラを迎える。しかし父親が亡くなると継母は本性を表し、義理の娘には辛くあたり、自分の二人の娘だけを可愛がるようになった。そして継母や義姉たちが財産を浪費したため、屋敷は荒れ果てていった。

シンデレラはわがままな上に意地っ張りで意地悪な三人にいつもいじめられては罵られ、ついには召使いとして扱われるようになり、毎日灰にまみれて朝から晩まで洗濯掃除、雑巾がけ、皿洗い、食事の支度などをみんな押しつけられ、屋敷の外れにある塔の部屋に住まわされてしまう。しかし、シンデレラはきっと幸せがやってくる、いつかはが叶うと信じ、明るさと希望を失わなかった。そんな彼女の味方はのガスとジャックの仲間や小鳥達、のメジャーとのブルーノだった。

そんなある日のこと、お城のプリンス・チャーミング王子が帰国祝いを兼ねた花嫁選びの舞踏会を開くことになり、シンデレラの家にも招待状が届いた。義理の姉達は大はしゃぎし、継母はシンデレラに、もし全ての仕事をきちんと片付け、舞踏会のドレスをちゃんと用意できたら行ってもいいという。

シンデレラは亡くなった実の母のドレスを手直しして着ていこうとしたが、三人が仕事をわざと多く押しつけるので時間がなくなってしまう。そこで小鳥や鼠達が義姉達がいらないといって捨てたサッシュやリボンを使い綺麗なドレスを作るも、舞踏会に行かせまいとする継母の悪巧みによって、シンデレラの姿に嫉妬し、その上自分達が捨てたものを盗んで使ったという身勝手な理由をつけて怒った義姉達にボロボロに破かれてしまう。シンデレラはショックのあまり父との思い出の噴水まで走って泣いていたところ、彼女を励ますように妖精老婆、フェアリー・ゴッドマザーが現れた。妖精が魔法の呪文「ビビディ・バビディ・ブー」を唱えて杖を振ると、瞬く間にカボチャ馬車に、ブルーノとメジャーは立派な従者御者に、鼠達が白馬に変わっていった。最後に杖を一振りすると、破かれたドレスは美しく輝くドレスに変わり、気が付くとシンデレラはガラスも履いていた。「12時になったら魔法は解ける」という忠告を聞いた彼女は、美しいドレスガラスで着飾り、カボチャ馬車に乗って王子のいるに向かった。

その頃、城の舞踏会では王子が出席者たちにお目通りを兼ねた挨拶をしていたが、元々結婚するつもりなど毛頭ないためすっかり退屈してしまっていた。そしてドリゼラとアナスタシアの番になった時、偶然現れたシンデレラの美しさに目を奪われダンスを申し込む。そのまま二人は踊りながら会場を抜け出し、城のを巡りながら楽しいひと時を過ごすが、シンデレラは相手が王子だと気が付いていなかった。そして時計塔の鐘が12時を打った途端シンデレラは妖精との約束を思い出し、王子の制止を振り切って走り出した。途中階段が片方脱げてしまうが、シンデレラは拾う暇もなく馬車に乗り城を飛び出す。その一連を見ていた大公は慌てて兵士に馬車を追わせるが、魔法が解けてしまったため元の破れた服に戻ったシンデレラに気がつかず走り去る。シンデレラは足に残っていた方のを抱きしめながら「素敵なをありがとう」と妖精にお礼を言った。

翌日、城は突然消えてしまった娘の事で大騒ぎになっていた。そして、ガラスにピッタリ合う足の持ち主を正式に王子花嫁として迎え入れると大々的に発表し、この話はシンデレラ達の屋敷にも届いていた。継母はこれがチャンスだと言って早々にドリゼラとアナスタシアをたたき起こし、シンデレラにも仕度を手伝うよう命令する。そこでようやくあの時の相手が王子だと知り驚くシンデレラ。そして浮かれながらを口ずさみ、部屋へ身なりを整えにいく。だが、継母はその歌声からあの時の娘がシンデレラだと見抜き、自分達の邪魔をさせないためこっそり後をつけ、部屋にを掛けて閉じ込めてしまった。しかし、ジャックとガスが義姉達が悪戦苦闘するどさくさにまぎれてを取り返し、途中ルシファーが立ちはだかるも、ブルーノの手助けによってシンデレラは無事脱出。諦めて帰ろうとした大公たちを引き止めさせた。 しかし、またもや継母がわざとを出して使いを転ばせて邪魔をし、ガラスは大公とシンデレラの目の前で粉々に壊れてしまった。大公はせっかくの手掛かりが消えてしまったと嘆くが、シンデレラが隠し持っていたもう片方を差し出したことで事なきを得た。もちろんガラスはシンデレラの足にピッタリと合い、シンデレラは王子と結婚して幸せに暮らした。

登場キャラクター[編集]

シンデレラ(Cinderella)
本作の主人公。母を早くに亡くし、彼女の将来を案じて再婚した父も間もなく亡くす。その後、再婚相手であるトレメイン夫人と、その連れ子である2人の姉に自身の美貌を妬まれ、使用人同然の扱いを受け虐げられる辛い日々を送っているが、夢と希望、優しい心を失わずに前向きに毎日を過ごしている。手先が器用で、仲良しのネズミや小鳥たちの服も彼女の手作り。ディズニープリンセスの一人。
プリンス・チャーミング(Prince Charming)
シンデレラ達が暮らしている小さな王国の王子。結婚に関心を示さず年老いた父王をやきもきさせていたが、父王の提案で開かれた結婚相手を決めるための舞踏会に途中から現れたシンデレラに惹かれ、名前も告げず、ガラスの靴だけを残して消えた彼女を結婚相手に定め、翌朝から探す。
ジャック(Jaq)
シンデレラと仲良しのネズミたちのリーダー格。新入りのガスにいろいろと教える。
ガス(Gus)
階段の途中にあるネズミ捕りにかかっていた太ったネズミで、食欲旺盛。ルシファーに目をつけられしょっちゅう狙われる羽目になってしまう。
パーラ&スージー(Perla & Suzy)
シンデレラの友達で裁縫が得意なネズミの女の子。小鳥たちと共に朝の身支度のお手伝いもしている。シンデレラの母親の形見のドレスを手直しするのに一役買った。
ブルーノ(Bruno)
シンデレラの家で飼われている犬。普段はおとなしいがルシファーとは犬猿の仲。
メジャー(Major)
シンデレラの家で飼われている馬。元々はシンデレラの父親の愛馬。ラストの結婚式でシンデレラと王子の乗った馬車を先頭で引いている。
トレメイン夫人(Lady Tremaine)
シンデレラの継母で、ドリゼラとアナスタシアの実母。シンデレラの美しさを妬み、冷酷なまでに彼女を虐げる。一見優しいように見えて、遠回しにシンデレラが苦難な目にあうよう手回しするなどかなりの策略家。ディズニーランドでの名前はステップマザー(stepmother=継母、養母の意)。
アナスタシア[2]・トレメイン(Anastasia Tremaine)
ドリゼラ・トレメイン(Drizella Tremaine)
ともにシンデレラの義姉。二つむすびの黒髪にリボンをつけ、黄土色のドレスを着ているのが姉のドリゼラで、茶髪を縦ロールにして、紫色のドレスを着ているのが妹のアナスタシア。アナスタシアがフルートを吹き、ドリゼラは母から歌を教わるが、シンデレラと比べると下手。またささいな事ですぐ言い争いを始めるなど、姉妹仲もあまり良くない様子[3]
ルシファー(Lucifer)
継母が飼っている猫。お風呂が大嫌い。飼い主に似て意地悪な性格で、なにかとシンデレラたちの邪魔をし、とくにガスを執拗に追いかけ回している。その一方でブルーノが大の苦手で、シンデレラを助けようとするジャックたちに立ちはだかるも、シンデレラの機転により屋敷に乱入してきたブルーノから逃げまどい、塔のてっぺんから地面に落下していった。
フェアリー・ゴッドマザー(Fairy Godmother)
ネズミたちが仕立てたドレスを破られ途方に暮れるシンデレラの前に現れた妖精のおばあさん。魔法で、シンデレラのドレスを美しい白のドレスに、庭にあったカボチャを4頭立ての馬車に、馬を御者に、そしてネズミたちを馬に変え、「12時の鐘が鳴り終わったら魔法が解ける」と教えて笑顔で舞踏会へ送り出した。
郵便屋(The Herald)
招待状を配ったり、王子の恋人探しの時には大公と一緒についてガラスの靴を運ぶ役もしている。
大臣
パーティーに出席した女性の名前を読み上げる。
国王(The King)
王子の父。かなりの高齢だが未だ矍鑠としている。孫の姿を見たいと渇望しており、結婚に関心を示さない王子を憂いて結婚相手を探すために舞踏会を提案する。
豪快な振る舞いが多く、また癇癪を起こすと周りの物を投げ飛ばしたり、剣を振り回したりと性格は破天荒で、大公の気苦労の原因にもなっている。
ラストの結婚式では、シンデレラが落としてしまった靴を履かせた事で彼女からキスを送られる。
大公(The Grand Duke)
国王を補佐する片眼鏡をかけた男性。大盤振る舞いな国王にはいつも突拍子のない提案に振り回されたり、こき使われたり、八つ当たりされたりと気苦労が多い。

キャスト[編集]

役名 原語版声優
ライブアクション俳優
日本語吹き替え
初公開版 BVHE版
シンデレラ 声:アイリーン・ウッズ
演:ヘレーネ・スタンリー
富沢志満 鈴木より子
プリンス・チャーミング
(王子)
ウィリアム・ピップス 友竹正則 風雅なおと
トレメイン夫人
(まま母)
声、演:エレノア・オードリー 北林谷栄 寺島信子
ドリゼラ・トレメイン 声、演:ローダ・ウィリアムズ 前沢奈緒子 藤田淑子
アナスタシア・トレメイン 声:ルシール・ブリス
演:ヘレーネ・スタンリー
依田みどり 高乃麗
国王
(王様)
ルイス・ヴァン・ロッテン 中村哲 富田耕生
大公 坊屋三郎 吉水慶
フェアリー・ゴッドマザー
(妖精のおばあさん)
声:ヴェルナ・フェルトン
演:クレア・デュブレイ
堀越節子 京田尚子
ジャック ジム・マクドナルド 依田英助 山寺宏一
ガス 安西正弘
ブルーノ 原語版流用
ルシファー ジューン・フォーレイ
パーラ ルシル・ウィリアムス
スージー ジューン・サリヴァン 川村万梨阿
郵便屋 ドン・バークレー 茶風林
大臣 糸博
ナレーター ベティ・ロウ・ガーソン 鈴木弘子
その他声の出演
(BVHE版)
高木渉 滝沢ロコ まるたまり 伊藤友美
石田彰 谷育子 鳥畑洋人 田中英樹

スタッフ[編集]

映像制作[編集]

製作 ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニー
原作 シャルル・ペロー
脚本 ビル・ピートテッド・シアーズホーマー・ブライトマンケン・アンダーソンアードマン・ペナーウィンストン・ヒブラーハリー・リーヴズジョー・リナルディ
音楽 オリバー・ウォレスポール・J・スミス
オーケストレーション ジョゼフ・ドゥービンエドワード・H・プラム
作画監督 シンデレラ マーク・デイヴィスエリック・ラーソンレス・クラーク
プリンス・チャーミング
フェアリー・ゴッドマザー
大公
王様
ミルト・カール
トレメイン夫人 フランク・トーマス
ネズミ
ルシファー
ジョン・ラウンズベリーウォード・キンボール
小鳥 エリック・ラーソン
ドリゼラ
アナスタシア
オリー・ジョンストン
プルーノ ノーム・ファーガソン
アクション担当 ウォルフガング・ライザーマン
レイアウトチェック ドン・ダグラディ
レイアウト マクラーレン・スチュワートトム・コドリックランス・ノリードン・グリフィスA・ケンドール・オコーナーヒュー・ヘネシーチャールズ・フィリッピソー・パットナム
原画 ドン・ラスクヒュー・フレイザーフレッド・ムーアジャッジ・ウィッテカーマーヴィン・ウッドワードジョージ・ニコラスフィル・ダンカンハル・キング
ハーヴィー・トゥームズクリフ・ノードバーグハル・アンブロケン・オブライエンエドウィン・アーダルジェリー・ハスコックダン・マクマナスジョン・マクマナス
エフェクト原画 ジョージ・ローリージョシュア・メダージャック・ボイドブレイン・ギブソン
美術監督 ジョン・ヘンチクロード・コーツ
背景 ブライス・マックラルフ・ヒューレットディック・アンソニーアート・ライリーレイ・ハッファインマール・コックステルマ・ウィトマー
色彩設計 メアリー・ブレア
特殊効果 アブ・アイワークス
撮影 ボブ・ブロートン
音響監督 C・O・スライフィールド
録音 ハロルド・J・ステックロバート・O・クック
音楽編集 アル・ティーター
編集 ドナルド・ハリデイ
助監督 マイク・ホロボッフラリー・ランズバーグテッド セバーン
アニメーション制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
監督 ハミルトン・ラスククライド・ジェロニミウィルフレッド・ジャクソン
総監督 ベン・シャープスティーン
配給 RKO

スペシャル・エディション版制作[編集]

製作担当者 デイヴィッド・カーディフ
製作デスク コーリー・ハンセン
デジタル修復 レイチェル・クレメント
デジタルプロデューサー エイプリル・マックモーリス
デジタルペイントタイミングスーパーパイザー ブルース・タウシャー
デジタルカラーリスト ティモシー・ピーラー

日本語版制作[編集]

役職 日本語吹き替え
(初公開版)
日本語吹き替え
(BVHE版)
プロデューサー 不明 津司大三
演出 田村幸彦 佐藤敏夫加藤敏
脚本翻訳 不明 森みさ
音楽演出 不明 片桐和子市之瀬洋一
録音・調整 不明 吉田佳代子
録音スタジオ 不明 東亜スタジオアオイスタジオスタジオ・ユニ
録音制作 不明 東北新社
日本語版制作 不明 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

主題歌[編集]

使用箇所 曲名 作詞 作曲 訳詞
オープニングテーマ シンデレラ
Cinderella
マーク・デイヴィッド英語版
ジェリー・リヴィングストン英語版
アル・ホフマン
片桐和子 マーニ・ニクソン
ザ・ジャド・コンロン・コーラス
エンディングテーマ 夢はひそかに
A Dream Is A Wish Your Heart Makes
アイリーン・ウッズ
ザ・ジャド・コンロン・コーラス
挿入歌 歌えナイチンゲール
Oh, Sing Sweet Nightingale
アイリーン・ウッズ
ローダ・ウィリアムズ
仕事の歌
The Work Song
ジム・マクドナルド
ルシル・ウィリアムス
ジューン・サリヴァン
ビビディ・バビディ・ブー
Bibbidi-Bobbidi-Boo
ヴェルナ・フェルトン
これが恋かしら
So This Is Love
アイリーン・ウッズ
マイク・ダグラス

その他[編集]

  • ウォルトが「一番好きな作品」と語った作品である。
  • この後、ディズニーは『ふしぎの国のアリス』『ピーター・パン』『わんわん物語』 など、傑作と呼ばれる作品を立て続けに放ち、「ディズニー・ルネッサンス」と呼ばれるきっかけとなった。
  • 日本では、公開当時1952年3月7日から約2ヵ月経った同年5月17日に『ピノキオ』が公開されている。

ゲーム[編集]

なお後者の作品で登場した敵「アンヴァース」に関して、悪役であるトレメイン夫人は負の感情により、2体もの大型アンヴァースを生み出している(どちらもシンデレラへの嫉妬や逆恨みに因るもの)。また、今作独自の展開としてトレメイン夫人はドリゼラ、アナスタシア(今作では本編と違い改心しない)共々、最期は自分が生み出したアンヴァースが放った爆弾の直撃を食らうという壮絶な最期を遂げる。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Box Office Information for Cinderella.”. The Numbers. 2012年4月14日閲覧。
  2. ^ 翻訳や雑誌によっては『アナスターシャ』と書かれている事もある。
  3. ^ 本作でこの二人が互いの名前を呼んでいる場面は一度もなく、呼んだとしても「あんた」「あなた」ぐらいである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]