ビリー・バーク (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・バーク
Billie Burke
Billie Burke
彼女はゴースト』(1941年)より
本名 Mary William Ethelbert Appleton Burke
生年月日 1884年8月7日
没年月日 1970年5月14日(満85歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
身長 160 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画
活動期間 1903年 - 1960年
配偶者 フローレンツ・ジーグフェルド(1914年 - 1932年)
主な作品
オズの魔法使』(1939年

ビリー・バークBillie Burke, 1884年8月7日 - 1970年5月14日)は、ワシントンD.C.出身のアメリカ合衆国女優ジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画オズの魔法使』(1939年)のグリンダ(北の良い魔女)役で知られる。また、ブロードウェイの興行王フローレンツ・ジーグフェルドの妻としても知られる。なお、ジーグフェルドの半生を描いた映画『巨星ジーグフェルド』(1936年)ではマーナ・ロイがバークを演じている。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに映画分野で星を持っている。

生涯[編集]

1884年サーカス道化師だった父親の下に生まれ、サーカス団の巡業に伴い、米国内やヨーロッパを旅してまわる生活を送る。その後、家族でロンドンに落ち着き、18歳の時に舞台デビュー。

22歳の時にニューヨークに渡り、ブロードウェイデビュー。

1916年の映画『Peggy』の主演でハリウッドデビューし、映画女優としても成功するが、1921年の映画『The Education of Elizabeth』で女優を引退する。夫フローレンツ・ジーグフェルドが株への投資で莫大な利益を上げ、働く必要がなくなったからと言われている[1]

しかし、1929年ウォール街大暴落およびそれに伴う世界恐慌で夫が破産。バークは女優復帰を余儀なくされ、1932年の映画『愛の嗚咽』でハリウッドに復帰する。同作は彼女にとって初のトーキーであり、その撮影中に夫を亡くしている。

女優復帰後は映画のみならず、ラジオのパーソナリティを務めるなど精力的に活動する。

1938年の映画『Merrily We Live』で第11回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。

1950年代以降はテレビにもゲストで出演するようになるが、仕事は徐々に少なくなっていき、1960年に引退する。

1970年老衰で死去。

主な出演作品[編集]

Gloria's Romance (1916)
公開年 邦題
原題
役名 備考
1916 グロリア物語
Gloria's Romance
グロリア・スタフォード
1918 三人ロミオ
In Pursuit of Polly
ポリー・マースデン
1919 おやおやアナベル
Good Gracious, Annabelle
アナベル・リー
結婚の渦巻き
Sadie Love
サディー・ラブ
亭主入用
Wanted: A Husband
アマンダ・ダーシー・コール
1920 花嫁の怪賊
Away Goes Prudence
プルーデンス・ソーン
1932 愛の嗚咽
A Bill of Divorcement
メグ(ヒラリーの妻)
1933 人生の高度計
Christopher Strong
レディ・ストロング
晩餐八時
Dinner at Eight
ミリセント(オリヴァーの妻)
昨日
Only Yesterday
ジュリア・ウォレン
1934 結婚十分前
Forsaking All Others
パウラ
1935 或る夜の特ダネ
After Office Hours
ノーウッド夫人
虚栄の市
Becky Sharp
レディ・ベアクレス
モダン騎士道
She Couldn't Take It
ダニエル・ヴァン・ダイク夫人
生活への道
Splendor
クラリッサ
1936 楽天伯爵
My American Wife
ロバート・カンティロン夫人
クレイグの妻
Craig's Wife
フレイザー夫人
1937 恋の挽歌
Parnell
クララ
天国漫歩
Topper
トッパー夫人
花嫁は紅衣装
The Bride Wore Red
メイナ伯爵夫人
海の若人
Navy Blue and Gold
アリス・ゲイツ
1938 Merrily We Live キルボーン夫人
心の青春
The Young in Heart
マーミー
1939 オズの魔法使
The Wizard of Oz
グリンダ(北の良い魔女)
永遠に貴方を
Eternally Yours
アビー
1940 ダルシー
Dulcy
エレノア・フォーブス
1941 彼女はゴースト
Topper Returns
トッパー夫人
1942 晩餐に来た男
The Man Who Came to Dinner
アーネスト・スタンリー夫人
追憶の女
In This Our Life
ラヴィニア・ティンバーレイク
1949 ブロードウェイのバークレー夫妻
The Barkleys of Broadway
リヴィングストン・ベルネイ夫人
1950 花嫁の父
Father of the Bride
ドリス
1951 可愛い配当
Father's Little Dividend
ドリス
1959 都会のジャングル
The Young Philadelphians
J・アーサー・アレン夫人
1960 バファロー大隊
Sergeant Rutledge
コーデリア・フォスゲート
ペペ
Pepe
本人

脚注[編集]

  1. ^ a b Billie Burke - Biography” (英語). IMDb. 2011年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]