ノーマ・タルマッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマ・タルマッジ
Norma Talmadge
ノーマ・タルマッジNorma Talmadge
生年月日 1894年5月26日
没年月日 1957年12月24日(満63歳没)
出生地 ニュージャージー州ジャージーシティ
死没地 ネバダ州ラスベガス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画女優映画プロデューサー
活動期間 1910-1930
配偶者 ジョセフ・M・シェンク(1916-1934)
ジョージ・ジェッセル(1934-1939)
カーヴェル・ジェームズ(1946-1957)
著名な家族 ナタリー・タルマッジ(妹)
コンスタンス・タルマッジ(妹)
バスター・キートン(義弟)
主な作品
『久遠の微笑』
『秘密』
『椿姫』

ノーマ・タルマッジ(Norma Talmadge、1894年5月26日 - 1957年12月24日)は、サイレント映画時代に活躍したアメリカ合衆国映画女優である。

生涯[編集]

1894年5月26日、ニュージャージー州ジャージーシティで生まれた。(ナイアガラフォールズ出生説は誤りとされる)両親が離婚した後、ノーマは二人の妹・ナタリーとコンスタンスと共にブルックリンに移り、母・マーガレットの手で育てられた。

1910年にノーマはニューヨーク州フラットブッシュにあったヴァイタグラフ・スタジオで映画初出演を果たした。ヴァイタグラフには1915年まで在籍している。この間コンスタンスも映画デビューを果たした。

1915年秋、初めてハリウッドを訪れ、映画1作に主演した後トライアングル・フィルム・コーポレーションと契約する。契約が完了した16年にはニューヨークに戻った。16年10月20日、ニューヨークでプロデューサーのジョセフ・M・シェンクと結婚する。翌年、ノーマ・タルマッジ・フィルムを立ち上げ、夫妻でニューヨークを拠点に映画製作を始めた。1920年にファースト・ナショナルと提携する。

『久遠の微笑』(1922)の完成後、1922年には改めて拠点をハリウッドに移している。これ以降の数年間が彼女にとって人気の全盛期であった。27年にはユナイテッド・アーティスツに参加した。この頃から『椿姫』(1926)で共演したギルバート・ローランドと交際するようになった。

1929年、初のトーキー映画『紐育の囁き』に主演したが、人気が伸び悩んで1930年の'DuBarry, Woman of Passion'を最後に映画出演が途絶えた。1934年、7年間の別居生活の後にシェンクと離婚した。同年俳優のジョージ・ジェッセルと再婚し、夫妻でラジオ出演したのが彼女にとって最後の芸能活動となった。1939年ジェッセルとも離婚している。

1946年医師カーヴェル・ジェームズと再々婚し、1957年12月24日ラスベガスで亡くなった。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]