クルペオギツネ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lycalopex
クルペオ
クルペオ Lycalopex culpaeus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
: イヌ科 Canidae
: Lycalopex
学名
Lycalopex Burmeister, 1854[1]
タイプ種
Lycalopex culpaeus (Molina, 1782)[1]
シノニム

Pseudalopex Burmeister, 1856[1]

Lycalopex Lycalopexぞく)は、食肉目イヌ科に含まれる属。

形態[編集]

頭骨の額は盛り上がらない[2]。上顎第4臼歯と下顎第1大臼歯(裂肉歯)はやや小型だが、臼歯が発達する[2]

分類[編集]

本属の構成種は、以前はフォークランドオオカミを模式種としたクルペオギツネ属Dusicyonに含まれていた[1][2]。一方でスジオイヌのみでスジオイヌLycalopex属を構成する説もあった[1][2]。1987年および1988年にDusicyon属を頭骨や歯から化石属のProtocyon属やTheriodictisと共通点のあるフォークランドオオカミのみとし、他種をPseudalopexへ分割する説が提唱された[3]。1995年にPseudalopexよりもLycalopexの方が早く記載されたため先取権があると指摘され、下記の種をまとめた属はLycalopexとなった[4]

以下の分類・英名はMSW3(Wozencraft, 2005)、和名は(増井, 1991)に従う[1][2]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f W. Christopher Wozencraft, "Lycalopex," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, pp. 579-581.
  2. ^ a b c d e 増井光子 「クルペオ群」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、136-139頁。
  3. ^ Annalisa Berta, "Quaternary evolution and biogeography of the large South American Canidae (Mammalia, Carnivora)," Geological Sciences, Volume 132, University of California Publications, 1988, pp. 1-149.
  4. ^ Gabriel E. Zunino, Olga B. Vaccaro, Marcelo Canevari, Alfred L. Gardner, "Taxonomy of the genus Lycalopex (Carnivora: Canidae) in Argentina," Proceedings of The Biological Society of Washington, Volume 108, Issue 4, 1995, pp. 729-747.
  5. ^ Christopher J. Yahnke, Warren E. Johnson, Eli Geffen, Deborah Smith, Fritz Hertel, Michael S. Roy, Cristian F. Bonacic, Todd K. Fuller, Blaire Van Valkenburgh and Robert K. Wayne, "Darwin’s Fox: A Distinct Endangered Species in a Vanishing Habitat," Conservation Biology, Volume 10, Issue 2, 1996, pp. 366–375.

関連項目[編集]